• もっと見る
ボランティア活動センターこくぶんじ
国分寺駅南口から徒歩10分の住宅街にポツンとある
「ボランティア活動センターこくぶんじ(略称:ボラセン)」から
『新鮮な地域の情報』や『ボランティア募集』、『活動の紹介』
などをお届けします♪
問い合わせは、電話(042-300-6363)または、
メール(center@ko-shakyo.or.jp)でお願いします。
« 「カブト虫めっけ」に参加しました! | Main | 「令和3年度みんなで考える地域の交通安全」を開催しました »
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
プロフィール

ボランティア活動センターこくぶんじさんの画像
ボランティア活動センターこくぶんじ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
リンク集
https://blog.canpan.info/kokubunjivc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kokubunjivc/index2_0.xml
「本多公民館 異世代交流地域協働事業」に参加しました[2021年07月20日(Tue)]
「本多公民館 異世代交流地域協働事業」に参加しました! 

昨年3月に予定していたところ、コロナの影響で延期となり、7月18日(日)にやっと開催をすることができた事業です。
「コロナ禍での地域の課題を知る 〜今こそ人とのつながりを考える〜」と題して、中学校校長、昨年度の小学校PTA会長、国分寺障害者団体連絡協議会、民生委員・児童委員、駅前商店街の方々が、コロナ禍での困りごとや思い、それぞれの取り組みを発表されましたひらめき


DSC_1690 (003).jpg

初めて体験している新型コロナウイルスの状況に戸惑いながら、何とかして人とのつながりを保とうとしていることが、とても伝わってきましたわーい(嬉しい顔)

コロナ禍で、学校では地域とのつながりが減り、ICTがかなり進んだという話や、マスクを付けた生活が当たり前になってきたことで、小学校低学年の児童はマスクを外した友達の顔を見たことがないという話もありました。
また、施設閉所時の障害者家庭の孤立化が挙げられ、普段からつながりを作っておくこと、コロナ禍だからこそ人と繋がることの大切さを感じる発表でしたexclamation×2

組織でできること、団体でできること、個人でできることなど、それぞれ工夫を考えてやってみることが大切だと感じましたぴかぴか(新しい)



 地域福祉コーディネーター 
 電話 042-300-6363 
 メール chiiki@ko-shakyo.or.jp 

この記事のURL
https://blog.canpan.info/kokubunjivc/archive/1034
コメントする
コメント