• もっと見る
性教育団体「いのちの授業」 ここいく
こころが生きる 
こころが育つ 
ここからいく
« 2024年05月 | Main | 2024年07月 »
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
明誠義塾高等学院 サーバント[2024年06月14日(Fri)]
今年で7年目
明誠義塾高等学院 サーバントでの授業。

例年通り、1年生対象に2回に分けての授業です。
6月のテーマは「自分と相手の心と体を知る」

義務教育課程を、ほとんど家で過ごすなど、学校に行かない選択をしてきた生徒が多数います。
まずは体のことを知ってもらう 男女互いの体の仕組みを丁寧に伝えます。

射精の話

1718349030457.jpg

月経の話

1718349044790.jpg

心のあり方の話
自分らしくでいいこと、対等な人間関係が大切であること。
少しでも伝わるといいなぁ〜と思いながら伝えました。

Screenshot_20240614-161522_LINE.jpg

Screenshot_20240614-161743_LINE.jpg

絵本 グーチョキパーの歌を使って 参加型の人権ワークしてみたけど
いきなりこのテンションはキツかったようで
今日は ここいくのみで 頑張りました。(笑)

1718349062254.jpg

いのちの成り立ち
精子と卵子の出逢い 高校生バージョン

1718349052440.jpg

胎児の成長

1718348955994.jpg

出産のお話

20240614_111453.jpg

メッセージ 大切なあなたへ

最後まで 一生懸命聞いてくれた生徒の皆さん。
また、秋に出逢えることが楽しみです。

不登校の増加、高校退学の増加により、フリースクールの利用者がどんどん増えているそうです。
不登校だった生徒も、フリースクールには、真面目に毎日通っている。
公教育の現場は崩壊していることを認め
個別最適な学び場に変わっていく時。
そして、保護者の経済的負担は大変です。
国も自治体も公的補助をするべきだ。
ずっと生きづらさを抱える親子に寄り添ってきた校長先生の生の声は、
公教育の現場にいる人たちに届けたい内容でした。
美濃加茂市長が見学にきて、現状の問題点を聞いていかれたそうなので
なにか改善されるといいですね。

熱い思いのある学校と
こうして長く関わらせていただいていることに
改めて感謝、そして誇らしく感じました。
高富保育園にて「いのちの授業」[2024年06月11日(Tue)]
今年度最初の授業は高富保育園、年長児対象の「いのちの授業」でした。

家庭教育学級としての取り組みで、役員の皆さんとは事前にZOOMで打合せ。
性教育ってどんな感じ?
性交も伝えるの?
大丈夫?幼児に早くない?
そんな素直な質問に対し、授業の内容、私たちの思い、これまでの体験などを丁寧にお伝えしました。
その結果、通常の授業内容のままでOKとなりました。
事前の打ち合わせは大切ですね。
役員さんの呼びかけのお陰でしょうか?
保育参観ということもあり、保護者の参加で会場はいっぱいでした。
年長児親子以外の参加もあったそうです。

会場いっぱいの皆さんの前で 久しぶりの「いのちの授業」
私たちここいくも 生ライブのように楽しませていただきました。

1718113839497.jpg

最初は おへそあるかな 音楽に合わせて 子ども達はノリノリでクイズに答えてくれました。

1718113733820.jpg

男の子と女の子のからだの仕組み

1718113798343.jpg

セックスの絵本

20240611_113040.jpg

精子と卵子の出逢い

1718113757529.jpg

胎児の成長



スペシャルゲスト 赤ちゃんの心音

20240611_113951.jpg

出産劇

1718113710943.jpg

メッセージ お母さんだいすきだよ

1718113726526.jpg

多くのお母さんたちが泣いていました。
いろいろな思いが溢れてくる・・・そんな気持ちが伝わりました。

授業後は グループに分かれて交流会。
次は 小学生で出逢いたいとの声があり、ぜひつながることを願います。
検索
検索語句
リンク集
プロフィール

お母さんたちの「いのちの授業」ここいくさんの画像