• もっと見る
性教育団体「いのちの授業」 ここいく
こころが生きる 
こころが育つ 
ここからいく
« ここいく日記 | Main | あいのね »
<< 2024年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
防災イベントにて人権ワークショップ[2024年05月27日(Mon)]
もーやっこサークル主催の防災イベントに参加しました。

ここいくが防災で伝えるテーマは「日常が大切」
日頃から心と体と性、大切にされてますか?
日常できてないこと災害時にできますか?

445725806_7527743324012933_3155661710772463417_n.jpg

444960063_7527743497346249_3702101812782497500_n.jpg

からだ・こころ・性を大切にするってどういうことか考えるワークショップに初挑戦!

1716732510626.jpg

ここからカルタを使って、いろんな気持ちを皆で共有します。

1716732507002.jpg

最近嬉しかったこと
無視されたらどうする?
頑張れっていわれたら どう思う?
身体を大事にする方法は?

そこに答えはありません。
初めましての人たちが、子どもも大人も混ざって
それぞれの感じ方 考え方を聞き 一喜一憂してもりあがる。

1716732582722.jpg

1716732561822.jpg

1716732718909.jpg

とても深くて楽しい時間でした。

ワーク参加者は認定書がもらえます。

442471570_7527743687346230_1066679395696716702_n.jpg

人権といえば「ここいく」
そと思っていただけるよう、しっかりアピール!

1716644634704.jpg

とても良い機会に感謝です。

様々な団体との交流も楽しかったです。

20240525_105140.jpg
つながりフェス ワンオーガニックマルシェ[2023年11月08日(Wed)]
各務原市まちづくり活動助成事業 いのちのつながりフェス
第二弾は、11月4日 市民公園にて「いのちの授業」&ワンオーガニックマルシェ

各務原初のワンオーガニックマルシェ開催しました!

0092_xlarge.jpg

オーガニックを、
ひとつはじめよう
ひとつかさねよう
ひとつひろげよう
ワン(One)オーガニック!
私たちはこのこのコンセプトに共感!
早速取り入れました光るハート
そして集まった15のお店は超素敵で出逢いとつながりに感謝でした。

0100_xlarge.jpg

0082_xlarge.jpg

てんち農園 無農薬野菜

0024_xlarge.jpg

ひとつひとつ エシカル雑貨

0023_xlarge.jpg

各務原子ども劇場  手作りあそび アクセサリー

0028_xlarge.jpg

IROHA  雑貨

0037_xlarge.jpg

あいのね広場  エシカル雑貨

0014_xlarge.jpg

まごころ農園 無農薬野菜

0011_xlarge.jpg

ブルーカフェ お弁当

0083_xlarge.jpg

ひまわりベーカリー お菓子

0058_xlarge.jpg

焼き菓子F お菓子

0029_xlarge.jpg

こびとのすみか お菓子

0032_xlarge.jpg

おひさまのおうち お弁当 お菓子

0034_xlarge.jpg

コこ孤 珈琲

0070_xlarge.jpg

ライオンの隠れ家 焼き芋 お米

0021_xlarge.jpg

ありがとうベーコンカフェ ベーコン お弁当

0019_xlarge.jpg

皆さんがそれぞれに輝いていました。
そして、それぞれにつながり、素敵な一体感

0067_xlarge.jpg

0048_xlarge.jpg

0005_xlarge.jpg

0041_xlarge.jpg

0076_xlarge.jpg

すべてのいのちに感謝。
人にも地球にも優しい環境を創るためには
ひとりひとりの行動次第です。
この輪を広げたい。
またやりたいと思いました。
皆さんありがとうございました。
ワンオーガニックのステッカー販売してます!(一枚200円)
https://lit.link/oneorganicmarche
いのちのつながりフェス いのちの授業スタンプラリー[2023年11月07日(Tue)]
各務原市まちづくり活動助成事業 いのちのつながりフェス
第二弾は、11月4日 市民公園にて「いのちの授業」&ワンオーガニックマルシェ

各務原市の真ん中で性教育を叫びたい!
これは「ここいく」の挑戦です。
明るく、堂々とカッコよく、ここいくの「いのちの授業」を届けたかった。

397616266_6714496165337657_739541025597758813_n.jpg

いのち、性、人権を考える「いのちの授業」を5つのブースに分けて、スタンプラリーで回ります。分けることで通常の授業より更に詳しく、丁寧に新たな内容に挑戦をしました。

@いのちの始まりのお話
398220391_6718464714940802_1268660566256449330_n.jpg

1699104173119.jpg

精子は空気に触れると生きられない。
どの生き物も水がないと生きられない。
種の保存のためにそれぞれの生き物が様々な方法で命をつないでいる。
いのちの神秘、精子と卵子の出逢いを伝えます。

399993786_3000281666769266_4337974067734646605_n.jpg

0049_xlarge.jpg

A出産のお話

396718787_6718464981607442_33802124473394506_n.jpg

1699104163298.jpg

初の帝王切開寸劇に挑戦。
経膣分娩と合わせて14回の出産をやりとげました。
二通りのお産を対等に伝えることは初試み。

0039_xlarge.jpg

0088_xlarge.jpg

0116_xlarge.jpg

B成長する体の仕組みのお話

396924970_6718464378274169_1856943768924888981_n.jpg

1699104171010.jpg

月経、射精のお話。
いのちを繋ぐ体に成長すること、人間の体の素晴らしさ、その仕組みを
素敵なこととして、前向きに伝えます。

0059_xlarge.jpg

0112_xlarge.jpg

C性の多様性と心のお話

398412064_6718464551607485_2183557841263311593_n.jpg

1699104159898.jpg

言葉の大切さ 水の結晶のお話。
性の多様性、ひとりひとり自分らしく生きていいこと。
性の権利、基本的人権をつたえました。

0030_xlarge.jpg

0058_xlarge.jpg

家族のあり方も自由!
歌いながらパネルシアターで表現。この時は、通りすがりの観客が増えました。

0119_xlarge.jpg

D食育のお話
397994776_6718464874940786_584406290036564547_n.jpg

1699104219327.jpg

ジュースのお砂糖のクイズは盛り上がります。

0102_xlarge.jpg

季節と時間、宇宙の法則で
人間の体に与える影響を伝えます。
どの時間に何を食べ、どの時間で光をあびるのか
大人の方が興味津々でした。

1699100780153.jpg

0042_xlarge.jpg

タブー視されがちな性教育を明るく楽しく公園で伝える。
ここいくの新たな挑戦の始まりです。
次のステージに向かっていく自信となりました。

0062_xlarge.jpg
いのちのつながりフェス 樹形図づくり[2023年11月07日(Tue)]
各務原市まちづくり活動助成事業 いのちのつながりフェス
第一弾は、10月28日 
桜体育館にてbabyboomライブ&いのちの樹形図づくり

ここいくの「いのちの授業」で読む絵本「いのちのまつり」に出てくる樹形図。

0013_xlarge.jpg

誰一人かけても私はいない。
いのちのバトンを受け取って、今自分の番を生きている。

それを皆で感じたくって、樹形図づくりがしたい!と企画!
壮大な樹形図がみんなの力で完成して感動しました。

まずは設計図に感謝。本当に準備が大変だったんです。

395052500_6680417742078833_3837831537592847835_n.jpg

7代前のご先祖様は江戸時代。ご先祖様を想像して、名前をつけて命を吹き込みます。

0021_xlarge.jpg

0019_xlarge.jpg

0028_xlarge.jpg

0050_xlarge.jpg

そしてドンドンつなげていきます。

0033_xlarge.jpg

0044_xlarge.jpg

0042_xlarge.jpg

大人も子どもも力を合わせて作ります。

0051_xlarge.jpg

もう少しで完成です。

0053_xlarge.jpg

完成!みんなで上からみました。

0054_xlarge.jpg

7代前のひぃひぃひぃひぃひぃじぃちゃん・ばぁちゃんの代は128人、合計254人のいのちがつながりました。

生まれてきただけで奇跡、いま生きているだけで奇跡。
何ができるとかできないとかは関係ない。
自分の番を、自分らしく生きればいい!

いのちをありがとう

そんな思いをみんなで共有できました。

0056_xlarge.jpg

0058_xlarge.jpg
いのちのつながりフェス babyboomライブ[2023年11月06日(Mon)]
各務原市まちづくり活動助成事業 いのちのつながりフェス

事業の目的は、
フェスティバルを通して
一人一人違って大丈夫、自分らしく生きていいこと
いのちのつながりを感じ、楽しく性や人権を考えるきっかけをつくる

その目的を果たすための事業として
第一弾は、10月28日 
桜体育館にてbabyboomライブ&いのちの樹形図づくり

babyboomは、太鼓と芝居のたまっ子座の子どもバンドです。
コロナ禍によって、生活が一変した子どもたち。
3年間もマスクをし、地域の祭りも、学校行事も中止や縮小。
人と触れ合うこと、関りあること、歌うことさえも自由にできなかった。
その中でも懸命に 今を生きる子どもたち。
そんな3年間を取り戻すことはできないけれど、
大人たちに、もっと子どもの気持ちを受け止めて欲しい。

babyboomの歌は 子ども目線で学校や家族のこと、コロナの時の気持ち、
ここいくの「いのちの授業」を受けて感じたことなどを歌にしてくれています。
多くの方に是非聞いていただきたいと思い、助成金事業で無料公演が実現しました。
約100名の方が観に来て下さいました。

オープニングはたまっ子座の太鼓の演奏でスタートです!

0036_xlarge.jpg

ボーカルしのちゃんの歌から babyboomのライブスタート!

0049_xlarge.jpg

BabyBOOMのライブは感動的でした。
等身大の子どもたちの気持ちに多くの大人たちが泣いていました。
今を生きている子どもたちが
納得がいかないまま、様々な制限を強いられたときの素直な気持ちを歌ってくれました。

おねぇちゃんだって何でもできる訳じゃない。
ONE ECHAN「おねえちゃん」の歌は共感する人いっぱい。
私は人前て話すことは苦手、でも生徒会やってる従姉妹を応援してますと歌ってくれた「見てるよ」は泣けました。

0074_xlarge.jpg

0076_xlarge.jpg

卒業式に向けて歌の練習を重ねてきた
しかしコロナ感染拡大により、納得できる説明もないまま突然中止が決定。
なんとか歌えるよう、署名活動をしたが歌えなかった卒業式。
その気持ちを表現した「歌いたい」という曲は教育委員会に聞いて欲しいくらいでした。

0085_xlarge.jpg

そして突然の休校の時の気持ちを歌った「Boom」
止まったまんまの三月二日
未来のわたし動いてますか?
少しずつわからなくなっているよ
繋がるってどういうこと?
今日も私はちゃんと生きている
歌詞がドストレートに胸に刺さりました。

0048_xlarge.jpg

そして、テツ君の歌「グリップ」は野球の歌なんだけど、歌詞がめっちゃ深い。
ぼくには僕の譲れない今日がある!
今を大切に生きることがダイレクトに伝わりました。

0091_xlarge.jpg

0093_xlarge.jpg

変声期で歌えなかった、わたる君
でも楽器の演奏とバック転だけでファンがいっぱいです!

0069_xlarge.jpg

0062_xlarge.jpg

最後はみんなで太鼓の演奏!超かっこよかった。

0105_xlarge.jpg

そしてアンコールはラッキーガール
9歳最後の日に私たちの「いのちの授業」を受けて感じた気持ちを歌ってくれました。

0106_xlarge.jpg

「ここいく」の大切にしていること
自分を大切に、今を大切に、自分らしく生きる
この「ここいく」の思いとBabyBOOMの思いが重なったライブでした。

0059_xlarge.jpg

0060_xlarge.jpg
子どもたちを地域で見守る大人のまなざし 〜安心の種をまく〜[2019年11月30日(Sat)]
岐阜県ボランティア活動振興基金助成事業
子どもたちを地域で見守る大人のまなざし 〜安心の種をまく〜
佐賀県武雄市から「よりみちステーション」代表の小林由枝さんをお招きしての講演会!

地域の児童民生委員さんをはじめ、地域の幅広い年代層の参加者があり、とても嬉しかったです。

20191130_151615.jpg

最初に「ここいく」の活動紹介。

line_1232399984714652.jpg

9年間「いのちの授業」を通して私たちは、たくさんの子どもたちと出会ってきました。
その中で「あなたはあなたのままでいい。」「一人一人違うこと」を伝えても、それを実感として感じられる場所がない子どもたちとも出会ってきました。

授業で出会える子どもは一期一会の出逢いです。
ある意味と通りすがりの私たち。
そんな私たちに何が出来るのかを考え、地域の居場所をつくりました。

「あいのね」は「あなたはあなたのままで、あーいーのね!」
「みんなちがって、あーいーのね!」が保障される場所で、愛の根っこを育む場所。

こんな地域の居場所がもっと増えることを願い、企画した今日の講演会。
ぜひ、「考える」きっかけ「行動する」きっかけにして欲しいなぁ〜と願います。

小林さんは、大切なことを日々のエピソードをにおりまぜ、丁寧に優しく語って下さいました。

line_1234993996345121.jpg

「よりみちステーション」に込められた思い。
下校時間が決まり、大体の帰宅時間は予測され、遅れると心配をかけることになる。
管理される仕組みの中で、寄り道は許されなくなってきた。
6年生まで学童室に通う児童は、ドアツードア。
そんな時代だからこそ「よりみちステーション」
「よりみちステーション」を拠点に、次の場所へ。
そんな願いが込められていた。

子ども時代の話を、お隣さん語るワーク。
危険だけど、自然の中で、自由に遊んだ、それぞれの武勇伝を語り合う。
ワクワク時間を忘れて遊んだ記憶のある私たち。
今の子どもたちが大人になった時、どんな武勇伝で盛り上がるのでしょうか?
ドラクエ?スマブラ?・・・

窮屈な放課後、子どもたちの中から「さんまが消えている」

20191130_212612.jpg

禁止事項はいっぱいで
生きづらさを抱えた子どもたち。
いじめ、不登校、自殺がどんどん増えている。

20191130_212713.jpg

子どもの生活圏内に「居場所」を作りたい。
自分の足で、自分の意思でふらっと立ち寄れる場所。

@ぼちぼちや 地域の公民館を活用しての居場所の日

20191130_212508.jpg

Aてくてく 地元の中学の休み時間での赤ちゃんふれあい体験。
初めて抱っこする赤ちゃんが我が子。そんな若いお母さんが増えている中での素敵な取組み。
普段、注意されてばかりの、やんちゃな生徒も「ありがとう」「うちの旦那さんより、気が付く〜」とか、ママたちに誉めてもらう。そんな温かい関係性のエピソード。

20191130_212524.jpg

Bくむくむ 借家を借りての常設の居場所。

20191130_212543.jpg

子どもたちは小さな頃から、比較と評価の中で生きている。
学校では評価も必要かもしれない、でも成績が悪いから塾へみたいに、学校での評価を家庭にまで持ち込みたくない。
出来たこと、成果としての評価ではなく、結果はどうであれ、その課程、苦労をねぎらう評価がいい。

ただただ・・・子どもの話に耳を傾ける。

20191130_151632.jpg

評価をせず ありのままを受け止める。
「大人が望む子ども」ではなく「子どもが望む大人」でありたい。(佐々木正美先生)
学校以外の場が充実していると、見えないけれど、心の中に頑張れる力がたまる。
子どもが安心すると 大人も安心。
全ての子どもたちを支えるために、専門家でなくていい。
目の前の子どもにとっての「居場所」となる人に!
「居場所」を作ることが出来なくても、一人ひとりが「居場所」になれる。
あなた自身が、誰かの「居場所」になればいい。
誰にでもある優しい善意で、ゆるやかにつながる。

20191130_212843.jpg

だいじょうぶの種をまく。(西野さんの言葉)

20191130_154439.jpg

親支援が多いです。勿論大切ですが、子どもの元気を最大限に応援したい。
思いやりの心で満たしてあげる。
大切にされていない子は、大切にすることが分からない。
乱暴な言葉しかもらってない子は、乱暴にしか話せない。
優しくされていないと、優しくする方法が分からない。

「居場所」なんて必要なくなる社会を作りたくて活動しいますが、どんどん「居場所」が必要になっていますね。
そう笑って、誰もが居場所になれることを伝えてくれた小林さん。

「ここいく」が日々語っている思いとほぼ同じで嬉しかった。
「ありのままのあなたでいい」を伝える性教育。
いやらしいものとして捉えられ、一部のクレームへの対応を危惧し伝えられないことがある。
そんな思いも溢れ、涙がこみ上げる・・・

line_1234976014234816.jpg

素敵な講演会を多くの皆さんと共有できたことに心から感謝です。
ありがとうございました。

78186194_1386293321539899_6352701280158220288_n.jpg
全国夏期セミナー近畿大会分科会にて発表!  [2019年07月30日(Tue)]
一般社団法人 ”人間と性“教育研究協議会主催
全国夏期セミナー近畿大会in京都 
2日間の研修に「ここいく」として参加しました。

全国から集まった性教協の会員、学校の先生、学生、養護教諭、助産師、医者その他様々な立場の方が共に学ぶ研修の中、「ここいく」は岐阜性教協の代表として、分科会の1つを担当させていただきました。

67367384_691826791242452_1627665130554654720_n.jpg

この大会のテーマは
いつでも どこでも だれでも 大切にされる性の学び
―あらゆる暴力をのりこえる 包括的性教育の希望―

研修初日の前川喜平さんの講演「個人の尊厳に立脚する教育」
シンポジウム「あらゆる暴力をのりこえる 包括的性教育の希望」
そして田代美江子先生の「国際セクシュアリティ教育ガイダンスを実践につなげる」

この三つのお話を聞く中で、たくさんの気づきをいっぱい頂きました。
特に田代先生が話された「包括的性教育」は、私たちが目指す「包括的性教育」をしっかりと検証する必要性を感じる内容でした。
お母さんたちが無我夢中で勉強し取り組んできた9年。
気づいたら包括的性教育になっていたと自負しています。
科学的なことだけではなく、母としての思いをのせる。
私たちの「いのちの授業」はある意味独特です。
そんな私たちが、私たちらしさを追求する中で、自己満足にならず、子どもたち親たち、受けての立場を考えながら、何を大切にするのか改めて問い直す時間となった旅先の夜。
激熱トーク?の末、考えが整理されたのは明け方近くでした。

ほとんど寝てないけど意外に元気に二日目突入!(アドレナリン出まくり?)
前日の学びからの気づき、そのきっかけをくれた田代先生が、私たちの分科会のコーディネーターであったことは、まさに必然的な出逢いで神様に感謝しかなかった。
その田代先生が最後の総評で「この部屋のコーディネーターになれてよかった」と仰って下さったことも、めっちゃ嬉しかったです。

そんな私たちの分科会発表のテーマは
「文化芸術の表現方を使って伝える心で感じる 性教育実践」

専門家ではない「お母さん」たちが、学校で「性教育」を教える。
果たして、そんなことが本当にできるのか? 
そんな不安を抱く私たちに
「お母さんたちが、一生懸命伝える姿、その背中を見せることが子どもに一番伝わるのよ。」
恩師である「つるよ先生」のその一言で私たちは吹っ切れた。
でも、最初の頃の授業は、知識を正しく伝えることに必死になり「あれ?子どもたちに伝わってる?」その実感が感じられず何度も撃沈していました。

そこで私たちが思いついたことは、文化芸術の力を借りること。
子ども劇場で生の舞台を観続けてきた私たちは、伝えたいことを歌や音楽、人形劇や寸劇、パネルシアターや群読など様々な表現方法を使って伝えた。
そのひとつひとつは私たちの作品であり魂そのもの。
少しだけ、劇団、創造団体の気持ちになり「授業」は子どもたちと作り上げる「ステージ」生のライブのように楽しんできました。

しかし楽しいだけではなく、授業を重ねる中で、現場からは深刻な問題や課題が見え、気づきをいっぱいもらい、常に話し合いを重ね、進化をし続けてきた私たち。
知ることで今の表現でいいのか、現在でも迷いのあるプログラムについて、今回は「提案事項」とさせていただきました。

line_60417239120793 (1).jpg

最初に「ここいく」の思いを、二人で発表させていただきました。
思いが溢れて泣きそうなのをこらえて話すリーダー。
彼女の思いの強さ妥協しない姿勢に引きずられ(笑)、彼女の苦手を支え、いつも二人三脚で発表は取り組んでます。
いろいろあるけど、大好きで信頼できて安心できる存在、彼女が泣きそうな時は、私は泣かずに頑張ろうのスイッチが入ります。

そんな私たちの発表のあとは、ここいくメンバーがいつものように、私たちらしく表現する実践発表。

line_60378492199298 (1).jpg

line_60364047743053.jpg

line_60385913079087.jpg

line_60313130489323.jpg

line_60304768768961.jpg

line_60288173129488.jpg

line_60398907924967.jpg

本当に、最高の仲間たち。
とにかく楽しそうに生き生きと取り組む、みんなが大好きやなぁ〜と改めて思う。

ありがとう ありがとう 出逢ってくれてありがとう♪
健太郎さんに作ってもらった曲「うまれてきてくれてありがとう」
最後に、この曲に合わせて作った私たちの9年の軌跡の動画を見て頂きました。

67389381_692286341196497_1045136478520213504_n.jpg

メッセージいっぱいの歌詞と 素敵なメロディー、初のCD販売でしたが、分科会に参加者された方たちが購入して下さり感激でした黄ハート

実践発表の後は、交流会。
ここでは、感想や「提案事項」に対し意見を頂きました。

同じ方向を向いてそれぞれの活動を行っている大先輩たちからの意見は、ダメ出しもあり、新たな視点や気づき今後の糧となるものをたくさん頂ました。

line_60603895760983.jpg

田代先生の総評の中で、よく勉強していますね。そしてよく話あっている。
親を知らない子が、お母さんたちの想いに触れ、親っていいなぁ〜って思ったという感想、そういうこともあるのね。
ジェンダーを考える視点では新しい教材つくるべき。もっと男でも女でもない混乱する話を作ったらいい。こんなにいろいろ作れるのだから、是非作ってみて。
現場の声を聞きながら考え変わっていく姿、気づいたら包括的性教育になっていた。
これが「包括的性教育」。ここの分科会の担当になってよかったわ。

先生の言葉はとても有難かったです。
貴重な機会を与えて頂き、ある意味この9年間の集大成となるような発表が出来たことに心から感謝します。ありがとうございました。
協働フェスティバルに参加[2018年06月18日(Mon)]
NPO法人及び市民活動団体による「協働フェスティバル」に参加しました。

ここいくはカフェを出店。
お茶を飲みながら、活動のPR。
始めたばかりの地域の居場所「あいのね」の紹介もバッチリ手(チョキ)

35629294_1656342441153080_5457219922000084992_n.jpg

「あいのね」で活動してる「みんなのいえ つなぐ」ここいくリーダーあきちゃんの活動もPR!
乳幼児のママたちを中心にベビーマッサージや育児相談やってます。

35476050_1657741271013197_6202425760360169472_n.jpg

お昼寝アート、可愛かったですね。

35244483_1655669787887012_7422113128583790592_n.jpg

「あいのね」で活動している「つくろ!の会」 あきちゃんの活動もPR!

35553420_1656339764486681_1408643556762976256_n.jpg

土作りのお話もバッチリでした。

IMG_7130_R.JPG

そして「ここいく」のステージ。
パネルシアター 「おへそあるかな」は盛りあがりました!

35553360_1657741237679867_1525912570718846976_n.jpg

IMG_7116_R.JPG

「おっぱいクイズ」も楽しかった。

35525780_1657741291013195_4159106661404901376_n.jpg

大きな舞台だと、活き活きしちゃうノリノリのステージでした。
私たちの「いのちの授業」の、ほんの一部分ですが、楽しさ伝わったかな?

生教育(=性教育)各務原市でもいっぱい授業したいなぁ〜

35514104_1657741454346512_8327896240679288832_n.jpg

新しい出逢いに感謝の1日でした。
みなさん、ありがとうございました。
Posted by 中村 at 23:13 | 特別企画 | この記事のURL | コメント(0)
大垣おやこ劇場の仲間たち![2018年02月26日(Mon)]
大垣おやこ劇場のお母さん達が行う、初めてのいのちの授業。
「ここいく」として交流会参加の依頼です。

私たちが7年前に初めて授業をしたときのドキドキを思い出しました。

でも!
大垣おやこのお母さん達はカンペを見るでもなく、つまることもなく、しっかり子ども達を引きつけて堂々と伝えていました。

対象:2歳〜5歳
〜内容〜
1.ふれあいタイム
あたま、かた、ひざ、ぽんメロディのお歌を歌いながら親子のふれあいの時間です。
初めはお母さんに抱っこされていた子も、だんだん慣れてきて、お母さんのほっぺをぎゅーってしてる姿にきゅんハート

2.自分の体。男の子、女の子の体

Inked1519570865647_20180226000311_LI.jpg

子ども達、一人一人にB紙の上に寝転び、お母さんにえんぴつで人型を描いてもらいます。
体に付いているものを親子で書き足して楽しそう!
指の数、五本じゃない人もいるよ、みんなそれぞれちがって良いんだよ、と伝えます。

3.男の子、女の子の体の違いは、ここいくで伝えている内容とほぼ同じ。
洗い方は言葉だけでなく、絵をみせて伝えていたところはわかりやすかった!

4.プライベートゾーンの話

1519570869937_20180226000240.jpg

水着を着て隠れるところは、自分だけの大切な場所をしっかり伝えていました。
悪い人に触られそうになったり、逆に性器を見せられそうになったら…イヤ!やめて!
それでもしつこかったら、逃げて!
また、悪い人だけじゃなく知ってる人、お友達でも同じ事。
そこ、本当に大事なポイント!

お茶休憩もはさみつつ…

5.命のはじまり
私達がいつも使っている、いのちの始まりの大きさ(受精卵)のカードは、卵子の大きさと伝えていました。
精子の事も伝え、どうやって卵子と精子が出会うのか?
絵本「ぼくのはなし」で性交の事。
そして受精卵になる時の卵子と精子の絵が本当にわかりやすかった!
たくさんあった精子は卵子にたどり着くまでに大半が力尽きてしまう。
これを数字ではなく絵で見せて表現していた。
これは作りたいね!と仲間で盛り上がる右矢印2

6.お腹の赤ちゃんはどう育つか

1519570893324_20180226000206.jpg

お腹の中の絵を4、7、11、24週と貼っていきます。
そして妊婦さんの心音を聞き、なんとお腹を触らせてくれました。

Inked1519570882634_20180226000217_LI.jpg

子ども達は恐る恐る触ります。
本当にそっと、大事に…その姿が本当に素直で可愛い光るハート
38週の赤ちゃん絵が出てきたときは、「わぁ〜・・・ハート️」と思わず子どもから声が出るくらい、優しい赤ちゃんの絵が出てきました。

7.生まれる
出産は写真で、泣き声も産声だよと説明します。

1519570875183_20180226000228.jpg

8.出生時の身長をリボンで表現
みんなの生まれた時の大きさをリボンで作り、プレゼンします。

後半はお母さん達とここいくメンバーとの交流会。
自己紹介を兼ねて、それぞれの思いも語らせて頂きました。
事前に書いてもらった質問事項に答えるメンバー。
我らがリーダー、暁子さんはお母さん達が安心できるよう、自分の体験も交えながら笑いもとりつつ答えてくれました。

☆トイレやお風呂で一緒に入る時、必ず聞かれる月経の血。痛いの?何で血が出てるの?
☆銭湯に行く時、男の子はいつもはお父さんと入るけど、お父さんがいない時、女風呂に入る事に少し躊躇する時がある。そんな時はどうしたら良いのか?

などなど…

最後におやこ劇場の方から、お母さんへメッセージ。
お母さんの体も大切にしてください。不調を見逃さず、検診に行ってください。
ご自分の病気の体験をお話ししてくれました。

アドバイスで行ったはずの私達。逆に学ばせてもらいました。
私達も今に満足せず、もっともっと学んで、内容も進化させていきたい。
たくさんの親子にいのちの授業を伝えて行きたい!と改めて感じました。
大垣おやこ劇場のみなさん、ありがとうございました!

Sちゃん 報告
Posted by 中村 at 00:13 | 特別企画 | この記事のURL | コメント(0)
岐阜総合医療センターの助産師さんとのコラボ企画[2017年11月19日(Sun)]
岐阜県総合医療センター「健康祭2017」
「ここいく」と助産師さんとのコラボ企画。

いのちをつなぐおっぱいの物語。

IMG_20171119_000411_20171119000530.jpg

初めての試みです。

IMG_20171118_122736_20171118224622.jpg

この日に向けて助産師の皆さんと、一緒に制作をしたり何度も打ち合わせを重ね準備してきました。

1506931488628_20171119000917.jpg

最初は「おへそあるかな?」のパネルシアター

1510993917528_20171118224352.jpg

動物おっぱいクイズ

IMG_20171118_134519_20171118224603.jpg

助産師さんからのおっぱいやホルモンのお話。
会場を巻き込み、楽しく分かりやすく伝える手法!
私たちも勉強になる内容のお話でした。

IMG_20171118_134904_20171118224516.jpg

IMG_20171118_135118_20171118224505.jpg

IMG_20171118_135202_20171118224453.jpg

最後は「おっぱい」の絵本の朗読と、おっぱいの歌。

1510993930376_20171118224344.jpg

「ここいく」と助産師さんとのコラボ企画は貴重な体験となりました。
素敵な出会いに心から感謝です。ありがとうございました。

IMG_20171118_142038_20171118224401.jpg
Posted by 中村 at 00:37 | 特別企画 | この記事のURL | コメント(0)
検索
検索語句
リンク集
プロフィール

お母さんたちの「いのちの授業」ここいくさんの画像