CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
鈴木 常久
TOKYOアイヌ 試写会 (11/01)
橋元 國雄
川口9条の会総会 (10/02)
コウダン
川口のたたら祭りを変えたい (08/25)
マートル(おっくう)
聴覚トレーニング (05/24)
マートル(おっくう)
大下痢 (05/09)
マタンゴ
大下痢 (05/08)
jojo(ゆきこ)
NPO法人学生キャリア支援ネット (05/06)
みや
川口たたら祭り (04/28)
齋藤康行
降りてゆく生き方 (04/20)
最新トラックバック
エコカフェ[2012年01月29日(Sun)]
エコカフェ店長 はが愚道でございます。

毎日寒い日が続きますが、皆様大丈夫ですか?歳とともに寒さが身に沁みております。

<音楽療法>
皆様は音楽はお好きですか?たぶん得手・不得手はあるにしても、音楽が嫌いという方は
少ないと思います。音楽と言わなくても歌(唄・詩)はどなたでも思い出の詩や好きな歌は
どなたでも1曲や2曲はあるのではないでしょうか?

私の場合は中学校でクラシックに出会いましたが、その後中途半端な自分に嫌気がさして
音楽から離れました。ずっと音楽を続けてきた方がうらやましかったのでしょう、60歳を
前にしてまた音楽をやりたくなり、遅ればせながら現在、下手くそでいいからとやり始めました。

先日、市民共同太陽光発電を設置させていただく「ほっとすてーしょん」さんの音楽療法の様子を見学
させていただきました。障害者といわれる皆さんですが、音楽を通して集団で歌ったり演奏したりする
楽しさとマナーなどを実践していました。曲は「雪やこんこ」です。一人ずつ歌詞を読み、全員で歌い
今度は一人ずつ。みんなは一人が歌い終わると拍手をします。うまい下手は二の次。

また今日は蕨市の有料老人ホームにお邪魔して「キャットピープルズ」として猫のお面をつけた三味線弾きの
三鬼丸さんと鍵盤ハーモニカの子夏ちゃんとアルトサックスの私です。
かなり認知症が進んでいたり脳梗塞を患ったりしている方がいますが、演奏が始まると精一杯の表現をしてください
ます。
「炭坑節」「1月1日」「冬の星座」「雪やこんこ」「山男の歌」「母さんのうた」「船頭小唄」「荒城の月」
「星影のワルツ」「北国の春」「水戸黄門のテーマ」「男はつらいよ」そして最後は「見上げてごらん夜の星を」

「上を向いて歩こう」「ふるさと」などを演奏させていただきながら、皆さんとお話をさせていただきました。

音楽療法などと大げさではなく、歌に親しんでいただけたらいいなと思いました。

私たちは楽譜を使いません。楽譜通り演奏するのが目的ではなく、歌や音楽を通して何かを表現できればいいなと思うから
だと思います。いつも失敗してやりなおしたりします。それも表現の一つです。聴いている人は同情したり失笑したりします。


歌や音楽を聴いて、いいなと感じる。自分でも歌ってみたり演奏してみたり。それを廻りの人と共有したりできたら最高の
カフェになるのではないでしょうか?

npoくれぱす 10周年[2012年01月22日(Sun)]
障害者の自立生活センターです。2年前の「1/4の奇跡」の上映会でくれぱすの皆さんと知り合い、以来毎月の「ま
あーぶるかふぇ」に参加したり、一緒に講演会のスタッフしたりしてきました。

このたび、10周年の記念パーティが大宮新都心のホテルブリランテ武蔵野で開催されるということでご招待をいただきました。

参加費 無料?

補助金があるといっても大変だとおもいました。

何人くらい来るんだろう? まあぶるかふぇの延長くらいに考えていました。



とんでもない。会場は大広間を貸切、80名以上のお客様です。
背広を着てきてよかった。

会が始まりました。いきなりビッグなお客様ということで来られたのが枝野経済産業相でした。

ほかにも衆議院議員、さいたま市議が数人、そしてさいたま清水市長 後から来られたのが 参議の川田龍平さん、みんなの党でした。堂々と「今の政府は対応が遅すぎる」と言われていました。また「いつか厚生大臣になります」ともいわれました。36歳まで生きられたことに感謝していました。

くれぱすは今年の8月11日に300人の講演会を主催されるそうです。

本当にできるかもしれない。いや応援させてもらおう。

さいたま市の「ノーマライゼーション条例」の制定にも関わったそうです。


私はNPO法人クレパスさんを改めて見直してしまいました。

本当に10周年おめでとうございます。


るいるいサンタがフィンランドへ[2011年12月18日(Sun)]
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1804972862&owner_id=8217081

14日朝7時、皆様が書いてくれたメッセージ100枚と切手代25000円を持って新宿駅南口に行きました。

るいるいがいつものサンタの格好で名古屋から来たAさんと立っていました。

るいるいの想いは必ず通じると思っていましたが、時間が経つに連れてどんどん人が集まり、20枚とか50枚とか、前日の時点で900枚にはなっていたそうですが、それから1317枚までどうなるのだろう?

古市さんの仲間から230枚が届きました。ここで目標は達成し、さらに何人かが来てくれて7時45分に成田に向けて出発するころには1400枚くらいになったそうです。

私と同じようにスイッチが入ってしまった人がこんなにいたんだな・・・。

たった一人の想いがこんなに広がるなんてすごいな。「川口の笑顔届け隊」も
同じようにテカさんの熱い想いが広がっています。まだまだ地球は大丈夫かもしれない。
やっとウォークマン[2011年11月25日(Fri)]
意を決してウォークマンを購入、さっそくCDショップで会員登録70年代のヒットソングを2枚借り、家に帰りパソコンに接続、内臓のアプリをインストールし、CDを転送、視聴するまで約2時間でした。

キャットピープルズで猫の三鬼丸さんも夏ちゃんも新しい曲から古い曲まで本当によく知っています。わたしのレパートリーといえば本当に貧弱なもので、曲が分かれば何とかオカリナかサックスで吹くこともできるので、とにかくもっと曲を聴きたくなったのでした。

こんな小さな機械で容量は950曲だそうです。もちろんもっと何倍も入る器械もあるようですが、私にはこれくらいが丁度よさそうです。

せっせとCDショップに通って曲を入れて行こう。そして本日、孫の家に遊びに行ってウォークマンを自慢したのですが、なんと小学校の2年生の孫が「それあたしのとおんなじだよ」と言われびっくり。娘に聞いたらCDデッキがないのでちゃんと音楽の曲を覚えられるようにと買い与えたそうです。

パパからいれてもらった小田和正さんの曲を私の方にも転送してもらいました。
そしてイヤホンの世界は別世界なのにはびっくりしました。歩きながらイヤホンで聴いていると周りのことには無頓着になります。これはいいことばかりではなさそうです。

でもしばらくは楽しむことにいたします。
さよなら原発デモ参加[2011年11月25日(Fri)]
日曜日、さよなら原発のデモがあるという情報があちこちから入ってきました。これは参加しなければと思い、時間を調節して川口駅前デッキにいってみました。
さいたまで川越、所沢などでやってきているそうで、スピーカーで市民に参加の呼びかけをしています。生協の仲間で来たとか、共産党の方とか、市民オンブズマンの方などが来ていました。

オープンマイクで話をしたい衝動もありましたが、怖気づいたようでやめました。4列で行進が始まりました。スピーカーの真後ろで耳が痛くなりました。
シュプレヒコールは久しぶりで、やはり市民には抵抗があるようです。それよりも主婦として普通に市民に呼びかけた方が親しみがあるかもしれません。

それでも終わるころには一緒につながったひとたちが結構いて、最後は250名くらいになったようです。

自分への確認のデモ参加でした。
石巻「ほっこり祭り[2011年11月14日(Mon)]
川口の笑顔届け隊主催で現地の仮設住宅の皆さんが主役、我々はそれをサポートするという形で行われました。

NGO魅来(MIRAI)代表の藤吉さんを中心にわずか2週間で立ち上げてしまいました。いろいろ不備はありましたが、本当にすごい団結です。

私も何かできないかと一日前に乗り込んでテント張りをお手伝いしました。当日はステージを盛り上げるためにサックスとオカリナで会場を練り歩きしました。川口の「慈しみの会」からは代表のとんか痴さんと新舞踊の2人参加されステージで踊りを披露しました。地元のお囃子・獅子舞や踊りが復活しました。地元のバンドも被災に負けずに演奏活動をされています。

今回の祭りをきっかけとして、復活するきっかけとなることを願っていきたいです。

今回は猫の三鬼丸さんが来られなかったので、私一人で練り歩きをしました。ステージの合間にサックスで炭坑節や会津磐梯山、水戸黄門などを演奏すると手拍子をしてくれました。月の砂漠、荒城の月などはお年寄りが拍手してくれました。子供たちはサックスがめずらしく集まってきました。オカリナで童謡もやりました。
 音楽や芸能はどんな時も人々の心を慰めたり勇気付けたりできるものだと思います。そんな活動ができたらいいなと思います。
アートフルゆめまつり2011[2011年10月31日(Mon)]
3月の予定が東日本大震災で延期され、ようやくこの日をむかえました。今まではただの参加者でしたが、今回は事前打ち合わせから参加させていただき、事務局さんの熱意や仲間ができることで、みんなでつくるという意識がひろがりました。

私たちの運営する「野村証券前」は音楽よりもパフォーマンス系だったので参加者が少なく、あちこち呼びかけたところ、本格的なお箏をやる方とフラダンスをする方が参加してくれることになり、「なだそうそう」をコラボしよういうことになりました。

事前練習は1度だけでしたが、お箏を中心に三鬼丸さんの三味線、夏ちゃんの歌が加わり、お二人が別々のふりをつけて踊りました。

キャットピープルズの演奏は夏ちゃんの司会で気楽にやらせてもらいました。
炭坑節、会津磐梯山、水戸黄門の歌、YouAreMySansyaine 荒城の月、上を向いて歩こう、まではよかったのですが、時間があまったので「見上げてごらん夜の星を」のさびで音がわからなくなってしまいました。 打ち合わせ不足!

野村証券前はバス停の前なのでバス待ちのお客さんしか観てくれる人はいません。それでもお箏の演奏やフラダンス、紙芝居、手品や南京玉すだれ、そして若い人たちの漫才で楽しんでもらえたと思います。
助っ人 クラス会[2011年10月29日(Sat)]
交通事故で脊髄を損傷し、障害が残るMさんをサポートして、新幹線で新潟に行き小学校のクラス会に出席してもらいました。昭和22年生まれで団塊の世代の真っただ中、17名の参加で女性は7名でした。Mさんが会場につくと皆さんが歓待してくださいました。Mさんの配慮で私も同席させていただき、写真係りなどやらせていただきました。年齢も近いのでつい話に入らせていただき、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

Mさんも覚えている昔話を披露すると、皆さんの記憶にはなくびっくりしていました。Mさんは知的にはちょっと遅れていて、みんなに馬鹿にされたそうです。でも恨んだりせず、頑張る励みにしたようです。そして今ではみんなが自分の話を聴いてくれることを素直に喜んでいました。

帰りの新幹線の中でMさんは言いました。新潟にはあまり未練はないそうです。家も貧しかったのでつらい思い出ばかりだそうです。でも自慢は小さな体で相撲と短距離走は負けなかったそうです。

ちょっと疲れたけど、やりがいのある助っ人でした。
いわき街中コンサート[2011年10月15日(Sat)]
雨の中、猫の三味線弾き三鬼丸さんと行ってきました。場所はいわき芸術交流館アリオスという劇場で、プロの音響さんと照明さんが1曲づつ調節してくれます。こんなところで演奏するのは初めて!

緊張と興奮の中、ライトがパッとついたら客席がまったく見えません。それでも炭坑節と会津磐梯山を演奏して自己紹介をやるころには何とか少し落ち着きをとり戻しました。

聖者の行進(中にユーアーマイサンシャインが入る)、水戸黄門の歌、アメージンググレースとやるうちに、だんだん恍惚状態になり気持ちがよくなってきました。

酒よ、花、そしてオカリナに変えて「原爆許すまじ」の時、吹いている自分を冷静に観ている自分がいることに気づきました。お客様の様子まで感じとれます。

最後の「上を向いて歩こう」では三鬼丸さんと自分とお客様とがはっきり見えました。なんだろう?この感覚?

拍手で我に返り、深々と礼をしていました。

写真と音がなくて残念!
バイクで墓参り[2011年09月18日(Sun)]
お盆にも帰らず、彼岸の前くらいにと午後からバイクを飛ばして墓参り、両親にバイクを観てもらいました。帰ろうと思って水桶を前に乗せて走ろうと思ったら水桶が動いて、ブレーキをかけた途端に転倒、おやじとおふくろに気をつけろよ!と念を押されました。

60歳過ぎてバイクかよ?家族にバカにされてもあこがれのビッグスクーターを活用したいのです。

線量計を見たら0.3μ㏜でした。やはり千葉県は高いのかな?

近いうちに福島にバイクで行きたい。
| 次へ
プロフィール

愚道さんの画像
リンク集
https://blog.canpan.info/koketuan/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koketuan/index2_0.xml