CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年08月26日

第2回グループワーク

今回は宮津の歴史の館で開催しました。

コトおこしなゲストは、飯尾醸造社長でもあり、NPO法人里山ネットワーク里山ネットワーク世屋 理事長の飯尾毅さん。100年以上つづく酢の醸造にまつわる思いやさまざまな人たちとの恊働についてお話をお聞きできました。


京都府より「京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金」
「共に育む『命の里』事業」の紹介のあと、グループワークがスタート。

前回のグループワークでは、多種多様な課題やテーマがだされたため、
事務局からテーマを絞らせていただき、最終的に6つのテーマに分かれていただきました。
このグループで活動を進めていきますが、あらたな活動の合流や分割もあるかもしれません。すでに次回の活動日を決めたグループも。

1) 地域の仕事おこし
2) 大江山の観光客誘致のための新ビジネス
3) 修学旅行の受入れと地域経済
4) 直売所の運営・加工品づくりと販路拡大
5) 空家・定住対策
6) 都市農村交流

グループでの話し合いの様子。


発表の様子。

2011年07月20日

第1回グループワーク

第1回のグループワークは、 三土市(綾部)の会場のどまんなかで開催しました。
猛暑の中でしたが、35名の受講者のみなさんが参加し、顔合わせとおのおののテーマや課題についてアツイ話し合いが行なわれました。グループワークの最後には、三土市の実行委員会代表の井上さんからお話をいただき、コトおこしにつながる発想や思考についてユニークなご意見を伺うことができました。いよいよ来月は活動グループが結成されます。

2011年06月25日

6/25 記念講演会、終了しました

記念講演会が終了しました。
おかげさまでたくさんの方々にお越しいただきました。
おふたりの、コトおこしの発端や経緯、エピソードなどもりだくさんがつまった講演会となりました。講演会でのお話は後日ホームページに掲載する予定です、お楽しみに。



上から
1:京都府の安本洋一氏によるあいさつ風景。
2:実践者講座全体の説明をさせていただきました。
3:山崎洋子さん(右)。講演後の質問タイムにて。
4:東谷望史さん講演風景。馬路村ゆずジュースのプレゼントはご来場のみなさんに好評でした。