CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年04月 | Main | 2013年06月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
ため息と感嘆の声がしきり〜四国で初めてのアール・ブリュット・ジャポネ展 [2013年05月15日(Wed)]

20130515-1re.jpg 20130515-2re.jpg

アール・ブリュット・ジャポネ展に見入る人たち

「作品解説が私の仕事ですが、この展覧会は見て感じてもらうだけで十分、説明の必要がないのです」。高知県立美術館(高知市高須、藤田直義館長)の長山美緒学芸員は、アール・ブリュット・ジャポネ展の巡回展に出展された作品群を前にこう話した。幾何学模様のような文字、トゲトゲのあるユーモラスな陶の造形品…。パリ開催で12万人の称賛を浴びた“生(き)の芸術”が、不思議な魅力を持って観客に迫る。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:18 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ