CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年07月 | Main | 2012年09月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
洋酒は船乗りたちから伝わった 平戸のオランダ商館で特別展 [2012年08月24日(Fri)]

20120824-1re.jpg

コースターもこれだけあると壮観だ

長崎県平戸市は、1609年(慶長14年)に日本最初の海外との貿易拠点としてオランダ商館が設けられ、1639年には石造りの巨大な倉庫も建設され南蛮貿易の街として知られる。その後商館は徳川幕府の命令で出島に移転、倉庫も破壊されたが、この2階建て倉庫が平戸市によって2011年9月に復元され、現在、財団法人松浦史料博物館(木田昌弘館長)が日本財団の支援で「船乗りが伝えた海外の酒」という特別企画展を開催している。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:02 | 海と船 | この記事のURL | コメント(2)
| 次へ