CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年02月 | Main | 2011年04月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
大災害犠牲者に弔慰金と見舞金 日本財団が緊急支援 [2011年03月29日(Tue)]


記者会見する笹川会長(右)と尾形武寿理事長

日本財団は29日、東日本大震災関係で死者・行方不明者の家族に対し1人当たり5万円の弔慰金、見舞金を贈ることなどを盛り込んだ緊急支援を実施することを明らかにした。緊急の記者会見でこの支援策を発表した笹川陽平会長は「2500にも及ぶ避難所で暮らしている人たちに可能な限り具体的な声を届けたいと考えた。過酷な暮らしを続ける人たちへの支援を一日も早く始めるのが民間の責務で、これが緊急支援の第一弾だ」と述べ、日本財団として震災の被災者に対し、今後も可能な限り組織を挙げて支援をする姿勢を表明した。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 20:00 | 総合 | この記事のURL | コメント(0)
「高齢者でもできることが…」〜“足湯”講習会に82歳の女性ボランティア [2011年03月29日(Tue)]


足湯ボランティア参加に意欲を見せる中城茂登子さん

避難所などで不自由な生活を強いられている東日本大震災の被災者を慰めようと、日本財団が「足湯」のボランティア派遣を企画、そのノウハウを手ほどきする最終の講習会が29日、東京・赤坂の財団本部で開かれた。温かい足湯サービスに加えて、被災者と1対1で向き合い、どう心を解きほぐしていくか…真剣に学ぶ受講生の中に82歳の女性ボランティアの姿があった。「高齢者でもできるはず、元気な私をぜひ一行に加えてほしい」。彼女は被災者を思いやり、静かな決意を話した。
  
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 20:00 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(1)
| 次へ