CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年07月 | Main | 2009年09月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2009年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
しまごと検定で倭人伝のクニを活性化 壱岐が目指す交流研究の島 [2009年08月27日(Thu)]


壱岐学検定の核となる原の辻遺跡(前方の丘陵上は建設中の一支国博物館)

長崎県壱岐市のホームページを開くと、最初に「壱岐市ってどこ?」の説明が始まる。長崎県ではあるけれど、朝鮮半島—対馬—壱岐—九州北部と、飛び石伝いに連なる立地がいまひとつ広く認識されていない、という市民の思いが反映されているのだろう。しかし壱岐市がある壱岐島は、全国数ある島の中でも特別の島なのだ。なにしろ中国の歴史書『魏志倭人伝』が列記している「倭人のクニ」の中で、唯一「一支(いき)国」であると特定された地なのだから。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:15 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ