CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年07月 | Main | 2009年09月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2009年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
江戸の夜を支えた大坂の水油 なにわの海の時空館で企画展 [2009年08月12日(Wed)]


水油をはじめ大坂ら生活物資を運んだ菱垣廻船・浪華丸

江戸時代、水のような透明感のある灯明の油を「水油」(菜種油)と呼んだ。大坂(現在の大阪)から菱垣(ひがき)廻船という船で運ばれた「下り油」が江戸の夜の照明を支えたという。大坂の海運の象徴といわれる菱垣廻船・浪華丸を展示している大阪市立海洋博物館「なにわの海の時空館」は、7月18日から9月6日までの日程で、日本財団の支援で日本の製油の歴史と江戸時代の油の流通を紹介する「大坂の水油」展を開催中だ。大阪市の「大阪が元気キャンペーン」のため、夏休み期間中は無料で入館できることもあって、多くの親子連れでにぎわっている。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:12 | 海と船 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ