CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年07月 | Main | 2009年09月»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2009年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
異文化をどう理解するか NISVAフィリピン代表の声 [2009年08月06日(Thu)]


フィリピン子どもの髪を洗う守野久美子さん

「生まれた時から日本で育ち、日本の文化の中で育ったシニアには海外でボランティアとして生活するのは大変なことだ」。アジアの途上国に、様々な職種のシニアボランティアを派遣している技能ボランティア海外派遣協会(NISVA)のフィリピン代表として、多くのシニアの世話をしている二子石章さん(72)の実感だ。フィリピンから7月に一時帰国した二子石さんは、東京のNISVA事務所で、ことし5月に1年間のボランティア生活を終え帰国した静岡県三島市の守野久美子さん(55)と再会、現地の話に花を咲かせた。
続きを読む・・・
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブックマークに追加する Posted by 日本財団 広報チーム at 09:08 | 国際 | この記事のURL | コメント(1)
| 次へ