CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«南太平洋の超深海で魚群の撮影に成功 日英NZ3国の研究者 | Main | 台風の猛威に驚く フィリピンのシニアボランティア夫妻»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
漂着ゴミがエネルギーに! 沖縄鳩間島で宝の島プロジェクト [2009年12月09日(Wed)]


動画:鳩間島の漂着ゴミがエネルギーに!(2:51秒)

海岸の景観を損ね、生態系を破壊し、住民や自治体の負担にもなる漂着ゴミをエネルギーに変えようー。こんな夢のようなプロジェクトが、日本財団の支援を受けた日本海難防止協会によって始まる。名付けて「宝の島プロジェクト」。人口約40人の沖縄県竹富町鳩間島に全国で初めて専用油化プラントも設置され、11月7日には海岸で拾ったゴミで実際に発電する公開実験も行われた。
鳩間島の海岸で漂着ゴミを拾う住民ら

同協会によると、日本の海岸に漂着するゴミは少なく見積もっても年間100万立方bに上り、漂着地域の自治体や住民ボランティアが処理している。しかし、漂着しやすい地域は離島や過疎化地域が多く負担も大きい。鳩間島も島内で処理ができず船で石垣島に運ぶため、2dトラック1台分につき約18万円、年間で300万円を超す費用が掛っている。

油化プラント

今回のプロジェクトでは、漂着ゴミの40%を占めるとされる発砲スチロール類を油化プラントにより可燃性のスチレン油に変換。ゴミ1`cに対してスチレン油1gが精製され、4割弱は油化プラントの燃料として使用されるが、残る6割強は外部活用が可能。鳩間島では、スチレン油を漁船のエンジンや島の観光にも役立てたいとしている。

漂着した発泡スチロールと精製されたばかりの油を手にする川満町長


島民でもあるNPO「南の島々(ふるさと)・守り隊」の浦ア金雄理事長は「漁船で海に出て白いものが浮かんでいると、あっと思って取りに行ってしまう。これまでのゴミに対するネガティブなイメージが変わった」と語る。公開実験に参加した川満栄長・竹富町長も「世界初の試みとして全国、世界に発信していきたい」と意欲的だ。

同プロジェクトは鳩間島をモデルに、他の地域での展開も検討されており、日本海難防止協会の大貫伸上席研究員は「漂着ゴミ問題の解決だけでなく、町おこし、島おこしにもつなげてもらいたい」と期待を寄せている。(本山勝寛)

精製されたスチレン油で発電機を動かし点灯
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:12 | 海と船 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
ご関心お寄せいただき、ありがとうございます!

担当の者から連絡させていただきます。
Posted by: 日本財団広報→M口様  at 2010年01月05日(Tue) 15:06

漂着ゴミがエネルギーに! 沖縄鳩間島で宝の島プロジェクト [2009年12月09日
https://blog.canpan.info/koho/archive/937を読みました、動画を見ました。

私の住む村の海は内海なので漂流物が少なくて比較的マシですが、近隣3村の
海岸線は外海のため漂流物がハンパではありません。そして、人がこの村を放棄して海守も居ません。

具体的には
私の村・・・半泊(はんどまり)5世帯9人
間伏(まぶし)0世帯
きびなご網代 1世帯2人
福見(ふくみ)1世帯2人

私たちは島の限界集落問題の対策チームとして五島列島ファンクラブを創設、現在、ここで社会事業家育成を仕掛けていますが、この漂着ゴミの有効利用については非常に有望な事業だと考えております。

詳しい情報を頂提供してくださる担当者の方をご紹介くだされば、連絡をとって研究していきたいと思います。

私は、日本財団の助成事業で「五島雑学事典」http://gotojiten.jp/を開設した者です(H20年度新現役の会&農援隊“記憶の里・五島プロジェクト”。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

企業組合
五島列島ファンクラブ
代表理事 M口 孝

五島市戸岐町1180番地
0959−73−0480
Posted by: M口 孝  at 2010年01月05日(Tue) 12:41