CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「ハンセン病制圧活動に協賛金」〜競艇ファンの協力で冠レース〜 | Main | 「国境を越える歴史認識」−日中同時出版»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
北朝鮮がミサイル発射 [2006年07月06日(Thu)]

 7月5日未明から五月雨式に北朝鮮が6回ミサイルを発射した。先月来、北朝鮮が長距離弾道ミサイル「テポドン」の発射準備しているとの報道がされ、国際的に自重を求める声が上がっていた。

 日本財団では、2002年、日本を取り巻く海の現状を国民に知ってもらおうと、北朝鮮工作船をお台場に展示した。日本の近隣には、私たちの理解を超える国があるのが現実だ。

 アジアの海上警備機関の連携が進み、毎年、アジア海上警備機関長官級会議が開催されている。

 また、笹川日中友好基金の主催する中国の人民解放軍と自衛隊佐官級の交流事業も6年目を向かえ、相互理解促進のための役割を果たしている。
 
 アジアの海を国際協力により守る体制は整いつつある。しかし、日本は、韓国との竹島領有権問題、中国との東シナ海ガス油田開発問題など、隣国との解決すべき課題を残している。

 東アジアの海洋秩序を維持するためには、日中韓の幅広い分野における冷静な対話と融和が不可欠である。


北朝鮮工作船の一般公開(お台場)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 10:16 | 国際 | この記事のURL | コメント(3)
コメントする
コメント
日本財団の助成事業*夏休み特別企画を開催します。

 岡崎の里山保全体験・里山のごほうび付き

 「山中城跡散策と竹千代温泉(日帰り)」

 開催日 2006年8月11日(金曜日)

 詳しくはホームページを見てね♪
   http://satoyamano.blog15.fc2.com/
Posted by: 里山の森を楽しむ会  at 2006年07月11日(Tue) 04:10

角保様

ブログ・マガジンを読んでいただき、またコメントをありがとうございます。
国際交流を取り入れて、森林ボランティアの活動を展開していらっしゃる角保さんの活動は、面白い取り組みだと思います。
歴史の深い、複雑な課題ですが、それぞれの立場から取り組んでいければ良いですね。

これからもよろしくお願いします。

Posted by: 日本財団 粟津  at 2006年07月06日(Thu) 13:32

東アジアの諸国民がお互いの文化を尊重しあいながら、切磋する草の根の交流が一層大切と、中国人留学生と草津やすらぎの森の森林整備とお茶のお手前体験をしました。お互いに感動しあいました。
Posted by: 角保恵喜  at 2006年07月06日(Thu) 12:37