CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«バイリンガルろう教育のシンポジウム 東京の明晴学園 | Main | 障害者と小学生が音楽劇の発表会 横浜の訪問の家»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
ソマリア海賊問題で緊急報告会 海のPKO提案も [2009年03月31日(Tue)]


ソマリア沖で日本関係船を襲撃した海賊

ソマリア沖の海賊問題に関する緊急報告会が3月24日、東京・赤坂の日本財団ビルで開かれ、自民、民主両党議員の国会報告や海賊被害に遭遇したフィリピン人船員の証言ビデオの放映などが行われた。冒頭、挨拶に立った日本財団の笹川陽平会長は2、3年後を見据えた対応として海のPKO(国連平和維持活動)、とりわけソマリアの海岸線を中心にしたPKO活動の必要性を指摘した。
日本財団海洋政策研究財団日本船主協会の主催で、同種の会議は昨年11月、自衛艦の派遣を緊急提言した「ソマリア沖海賊対策緊急会議」以来。3月14日に呉基地を出港した海上自衛隊の護衛艦2隻がソマリア沖に到着、新たに国会に提出された「海賊対処法案」の行方が注目される中、海賊問題に対する関心を盛り上げるのが報告会の狙い。会場には定員を大幅に上回る270人が詰め掛けた。(写真:挨拶する笹川会長)

与党海賊対策プロジェクトチームの座長を務める自民党の中谷元議員は「野党には海上保安庁の業務といった意見もあるが、最大の狙いは海賊行為の抑止。海賊は灰色の船(軍艦)を見ると逃走するが、白色の船(海保巡視船)ではそうはいかない」と自衛艦による対応の必要性を強調。その上で「最終的に約40カ国の共同作業になる。各国との連絡、調整上も新法を早く成立させる必要がある」と強調した。また民主党の長島昭久議員は「新法に対する党の対応はまだ決まっていない」としつつも「海洋航路は海洋国家・日本の生存と繁栄に不可欠であり、日本にはそれを護る責務がある」と述べた。(写真:報告する関水部長)

さらに日本郵船の関根博常務は既に2600隻の船が「日本関係船」として警護を求めてきている事実を報告、国際海事機関(IMO)の関水康司・海上安全部長は「体制の異なった国が共通の目標のため共同作業を行うのは歴史的にも初のケース」とその意義を強調した上で、IMOとしてソマリアなど当該国のコーストガード整備など長期対策に取り組む考えを明らかにした。(写真:満席の報告会会場)

報告会には深刻な海賊被害に直面するフィリピン船員業界を代表して「フィリピン日本船員配乗代理店協会(PJMCC)」のマネセ会長も出席。ピークの昨年9月には計6隻91人のフィリピン人船員が人質となり、現在も3隻54人が拘束されていると報告、写真やビデオを使い、海賊を恐れながらも生活のため船を離れられないフィリピン船員の窮状を訴えた。(写真:窮状を訴えるマネセ会長)(宮崎正)


*動画はこちら(2:09秒)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:17 | 海と船 | この記事のURL | コメント(4)
コメントする
コメント
■ソマリア海賊:海自派遣 護衛対象外、外国船から救援要請 大音響で追い払う―適応範囲の拡大が重要
こんにちは。ここ2〜3日日本では、北朝鮮のミサイルで持ちきりでしたが、何とソマリアではこんなことがあったのですね。しかし、今回はこれですんだものの、場合によっては外国船の救援にも威嚇射撃や、撃沈をしなければならない場合もあり得ます。とにかく、適応範囲の拡大に関しては、与野党ともに嫌がらずにすぐにでも実施していただきたいものです。詳細は是非私のブログをご覧になってください。
Posted by: yutakarlson  at 2009年04月05日(Sun) 09:11

海洋国、日本が自国の船舶の安全を守るのは当たり前で、関係国と連携して全ての船舶が安全に航行出来る様に貢献しなければならない。
今回の自衛艦派遣をソマリアだけでなく国際的なルールを日本が提唱すべきだ。
Posted by: 下里力也  at 2009年04月02日(Thu) 12:43

 日本政府は、日本の国が輸入無くして生きていけない国であることや、食料輸入の何%を輸入に頼っているのか分かっているのか?と思います。

 憲法九条を引き合いに出してくる政党や議員は、国民への受けねらいのような気もします。

 各国も各国なりにやるのではなく、参加国が、協調し、協力しあいながら対策を講じて欲しい。

 海賊と分かった時点で・・・このように言ったら、おそらく政治家は、「見極めるマニュアルを・・・」と言うのでしょうが(笑)・・・先制攻撃もあってもいいとおもいます。

 海賊対策だけでなく、シー・シェパードへも同対応にすれば良いと個人的には思います。

 日本政府の対応は、いつも後手後手に廻ってしまっています。
Posted by: にっしゃん  at 2009年04月02日(Thu) 01:36

海上自衛他の活動が本格化しますが、法案整備はどうなっているのですか?
フランス海軍は実績を上げているし、ドイツ海軍には支援してもらっているでしょう。
集団的自衛権の行使ができない現状で
現場が混乱しない法整備を至急構築してください。

備えよ常に
つけめんだいおう
Posted by: つけめんだいおう  at 2009年04月01日(Wed) 20:42