CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ママさんたちが初の定期演奏会 神戸のマミーズブラス | Main | 社会復帰へ「貸し画廊」経営 いわき「チャオ」の挑戦»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
水面のスターめざし 選手、審判員ら「やまと競艇学校」で卒業式 [2008年03月21日(Fri)]


卒業式で、卒業生を握手で送る蔭山会長

競艇選手を養成する全国唯一の機関である「やまと競艇学校」(福岡県柳川市大和町)で19日、第102期選手、第71期審判員・第72期検査員の卒業式が行われた。卒業したのは選手が男子24人、女子6人の30人で、審判員・検査員は7人(うち女子1人)。卒業により各養成員は待望の資格登録を受け、5月にはプロデビューを果たす。

卒業生のうち選手は18歳から21歳。全国からプロを目指して同校の養成員となり、この1年間、全寮生活を送って操縦や整備、法令など、それぞれのコースで競艇に関する基礎から応用、実践までを学んできた。卒業式は後輩の103期生らが歯切れよく式の進行に務め、全国から駆けつけた父母や来賓とともに卒業生の門出を祝った。(写真:1年間の寮生活を経て、たくましく巣立つ卒業生たち)

同校はモーターボート競走法に基づき、社団法人・全国モーターボート競走会連合会が運営に当たっており、卒業式では蔭山幸夫連合会会長が一人一人に卒業証書を手渡し、「君たちは明日からプロの厳しい世界を実感するだろう。しかしここで学んだ基本を忘れず、自己を磨いていって欲しい」と訓示した。(写真:参列した父母も感無量)

卒業式に先立ち行われた卒業記念競走は、同校の第1競走水面で行われ、雨天の中で熱戦が展開された。優勝は埼玉県出身の島田賢人養成員が飾り、表彰式で「この1年間は生涯、忘れることがないと思います。同期の仲間にありがとうと言いたい」と感激を語った。(写真:雨天の中で熱戦を展開した卒業記念競走)

102期生は例年以上にまとまりのよさが目立ったといい、卒業式に列席した最年少卒業生・上條嘉嗣養成員の母親は「ここでの1年間は、息子にとって本当に良い経験になったと感謝しています」と語っていた。(写真:記念競走の表彰式で、喜びを爆発させる卒業選手たち)

競艇の選手養成は1951年に大村競艇場で始まり、多くの逸材を輩出してきた。「やまと競艇学校」は、有明海に臨む約40万平米の敷地に2001年に開校した。学校施設、養成員の生活施設のほか、総水量36万立方メートルの「競走水面」2面と水処理施設を備えており、競艇に関するあらゆる教育・訓練が行えるよう、整備されている。

現役の競艇選手は約1500人で、全国24カ所の競艇場を舞台に活躍している。平均年収は約2000万円で、高額の年間賞金を獲得する選手もいる。「やまと競艇学校」の選手養成員は、中学卒業以上21歳までの男女が対象で、年2回募集される。4月4日には第104期の入学式が行われ、36人が新たに寮生活を開始する予定だ。現在「第105期選手養成員」の募集が行われている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:21 | 海と船 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント