CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«石川の廃寺が福祉・温泉施設に 地域の触れ合いの場に再生 | Main | 世界24カ国のハンセン病回復者がインドに»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
ネパール・ギャネンドラ国王の想い [2008年02月07日(Thu)]


笹川陽平(左)とギャネンドラ国王


日本財団笹川陽平会長は2月1日から5日までハンセン病状況を視察するためにネパールを訪れた。地方の現場を視察したあと、2006年11月以来、約1年2カ月ぶりにギャネンドラ国王に謁見した。

国王はハンセン病制圧活動についての理解が深く、「ハンセン病制圧活動は素晴らしい考えのものとに進められている。あなたのご努力に感謝する。スティグマや差別をなくすためには、病気についての正確な知識を患者の親族をはじめとして広く社会に知らしめることが重要だ」と笹川会長の活動を評価した。

現在、ネパールは4月に迫った制憲議会選挙を前に国内の治安が悪化している。選挙活動を妨害する過激派による爆破事件があちこちで相次ぐ。このような状況に国王は、「前回会った時よりも多くの変化がこの国では起こっていることにお気づきかと思う」と率直な意見を述べ始めた。制憲議会選挙についても「選挙は自由、公正、平和かつ安全に行われなければならない。そうすれば多くの国民は正しい選択をするだろう」と王制存続の是非については国民が選択するべきだと述べた。

ギャネンドラ国王は2006年4月の政変以来、公の場に姿を見せず沈黙を保ってきた。しかし、我々に同行した日本人記者に対し、国王自らが率先して質問に応じた。2006年以来、外国のメディアに政治問題について考えを表明したのは初めてのことだ。

ギャネンドラ国王発言要旨(2月4日)

暫定政権(与党6党とネパール共産党毛沢東主義派で構成される)は2007年末に、王制を廃止することで合意し、暫定憲法に「共和制」の移行を明記した。だが、これは大多数の国民の声を反映していない。政党の指導者だけで体制を決めてしまうのは民主的でない。私は国民が主権を持つことを奨励してきた。自由で公正で平和で安全な選挙が行われるなら、大多数の国民が王制を選ぶだろう。そういう国民の意思が反映される選挙でなければならない。民主主義は村落の単位や草の根レベルから強化されるべきだ。全ての力が民主化されることを望む。
国民の大多数が声をあげる機会を持たず、選択をする自由を持たないという。カトマンズだけがネパールではない。丘陵地帯や山岳地帯に住む人やタライ地方の人々の声が反映されていない。残念ながら今の(暫定政権下での)ネパールは全てがうまく行っているわけではないと聞く。特に法が守られず、秩序が乱れているとも聞いている。昔のネパールは平和で緊張のない社会だった。現在の状況は憂慮するものだ。
暫定政府の指導者の中にはネパールの文化的、社会的、伝統的な価値に反する行動をとっているものがいる。多くの国民はやがてこれらの事実が正しいことなのかどうか認識するだろう。
国際社会はこのような状況に沈黙している。特にメディアは町にでて、国民が何を思っているかを直接聞いて欲しい。もっと一般のネパール人と話をするべきだ。そういうことを国際社会が見聞して欲しい。

*動画はコチラ↓




(英文記事はコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:59 | 国際 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント