CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«インドでハンセン病財団設立記念式 企業、国民に協力呼び掛け | Main | NISVAがフィリピンに元自衛官派遣»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
焼き立てピザを召し上がれ 多賀城に人気のハウス [2007年10月15日(Mon)]

石窯で熱々のピザが売り物の「ぱぴハウス3号店」


宮城県多賀城市のJR多賀城駅近くに、本格的な石窯を備えたピザとパスタの店「ぱぴハウス3号店」が開店して4ヵ月。障害者の就労移行支援施設というより「おいしいピザの店」として評判が高まり、地元女性客の人気店になりつつある。日本財団の支援で整備した、オレンジ色のシンボルカラーで統一した明るい店内では、地域に溶け込んで働くスタッフの笑顔が弾んでいる。(写真:オレンジ色がシンボルの「ぱぴハウス」)

「ぱぴハウス」は宮城県角田市で「虹の園」「第二虹の園」を運営する社会福祉法人「臥牛(がぎゅう)三敬会」が展開している事業の一つだ。多賀城市の障害を持つ子供らの親の会から、「私たちの街にも就労施設を」との要望を受けた法人が、新たに多機能型施設「レインボー多賀城」を開設し、今年5月に「ぱぴハウス3号店」と団子・揚げまんの店「つつみ屋塩釜店」を立ち上げた。

障害を抱えた11人が、5人の職員とともに2店を切り盛りし、多賀城でも角田と同じように地域に評価される店にしようと頑張っている。主力の「ぱぴハウス3号店」は粉にもこだわった本格ピザが評判で、ランチタイムには地域の主婦たちが昼食を取ったりテイクアウトを利用したりと、知名度は確実に高まっている。団子製造販売チェーンのフランチャイズ店である「つつみ屋塩釜店」も「お彼岸は売り切れになりました」と順調だ。(写真:粉にもこだわった手作りピザ)

施設管理者の加藤高康さん(38)はプロ野球ロッテ球団にドラフト1位で入団した元サウスポー。怪我のため野球人生は短期間で終わったが、福祉の世界に転進し、「自分の存在価値を新たに見出してもらったようなやりがいを感じています」と張り切っている。そして「店舗が地域とのつながりを深めるための大きな力になり、お客さんに喜んでもらっている実感がみんなの生きがいになっています」と話している。(写真:団子のお店で加藤さん(右)とスタッフ)

ピザ生地を単独で作るまで技術を習得した、目の不自由な職人さんが生まれるなど、就労支援の実績も上がっており、「レインボー多賀城」には「働きたい」という希望が定員を超える勢いで寄せられている。そうした希望に応えるためにも、今後は「おいしい」という評価をさらに高め、売り上げを増やし、しっかりと地域に定着していくことが課題だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 15:31 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント