CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「この学びは私だけのものではない」 被災者・ボランティアの佐々木さん | Main | 琵琶湖から東北へ広がる輪 特産魚養殖の力を被災地に»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
【写ブログ】タイ/ミャンマー国境の街に設立された、ミャンマー(ビルマ)移民・難民のための診療所を訪問 [2013年01月12日(Sat)]

20130112写ブログ@re.jpg

産まれたばかりのわが子を抱く女性

メータオ・クリニック(Mae Tao Clinic)は、1989年、タイ・ミャンマー国境に位置するタイ側の町・メソットに設立され、無料診療を続けている医療施設です。昨年の9月に現地を訪れる機会がありました。
 
設立者のシンシアさんは、カレン族の女性医師であいにく我々が訪問した時には訪米中でお会いできませんでしたが、設立以来ミャンマーの軍事政権による弾圧を逃れてきた人々や、戦闘で家屋を焼かれ畑を失った避難民の多くも国境を越えてこのタイ側の町、メソットに逃れてきた人々の医療を一手に担い、今日ではその活動が国際的にも高く評価されています。しかしながら、財政的には非常に困難な状況に直面しているとのことでした。詳しくは日本財団のホームページをお読みください。
http://www.nippon-foundation.or.jp/what/spotlight/myanmar/story3/

20130112写ブログAre.jpg
野戦病院のような入院施設


20130112写ブログBre.jpg
診察を待つ人々


20130112写ブログCre.jpg
義肢装具を作る施設もある


20130112写ブログDre.jpg
手術室もある


20130112写ブログEre.jpg
ほっとする場所も
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:00 | 写ブログ | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント