CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【謹賀新年】日本財団広報グループ職員の“2013年の漢字” | Main | 海が好きで石垣にUターン サンゴ水槽学習担当の赤嶺さん»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
力強さと優しさで 2013年のご挨拶 [2013年01月07日(Mon)]

新年おめでとうございます。

「夢はあきらめるものではなく、追い続けるものだと思うようになりました」。東日本大震災被災者の一人の言葉です。あの大震災から1年9カ月が過ぎ、2013年を迎えました。

日本財団の活動を記事と写真で報告する「日本財団ニュース」ともいえる日本ブログマガジンは2006年5月から試験的にスタートしました。2007年1月からは月―金までフルにニュースをアップ、土曜日の「写ブログ」も随時アップを目指しております。皆様のご支援を得てブログマガジンは7年目に入りました。今後も内容の充実に努めて参ります。引き続き、ご愛読をお願いいたします。

私たちは、ブログマガジンを始めて多くの人と出会いました。社会の一隅を照らす活動を続けている方達の話には力強さと優しさが込められています。冒頭の言葉は、そんな縁の下の力持ちの支援で仕事を再開できた被災者の思いです。これらの公益活動を続ける団体・組織を支え続けて日本財団は2012年10月、50周年の節目を迎えました。

「巳年」の新年はどんな年になるのでしょうか。「巳」は草木の成長が極限に達した状態を指し、新しい生命の誕生と解釈することができるそうです。戦後68年、平成も25年、昭和は遠い時代になりつつあります。若い世代の社会・職場での台頭を期待したいと思います。日本財団も50年という「知命」の時が過ぎ、新しいスタートを切る心構えで事業に取り組んでまいります。今年もよろしくお願いいたします。

20130107-1re.jpg

20130107-2re.jpg
海を照らす朝日と夕日


日本財団広報チーム一同
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 08:19 | 総合 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント