CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«4531歯科医院が参加、総額4億円を超える 歯の妖精プロジェクト | Main | ご愛読ありがとうございました! 来年もよろしくお願い申し上げます»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
賞金15万円!日本財団Facebook上のコンクールで作品受付中 [2012年12月27日(Thu)]

20121227-1re.jpg

コンクールチラシ(表)

日本財団公式Facebookページで、日々の活動から“誰かに教えたくなるような話”を取り上げ紹介しているが、年代・性別に関わらず多くの人にも気軽に参加してもらおうと、「日本財団Facebook・共(シェア)コンクール【共コン】」の開催を決め、現在作品を募集している。テーマは「情熱」。来年1月31日まで応募を受け付け、2月中旬に最優秀作「日本財団賞」1点と「熱い情熱、伝わってきました賞」1点を決定。また翌3月には共コン第2弾を、東日本大震災に関連したテーマで予定している。
20121227-2re.jpg
第一弾のイメージキャラクター・エール団長

募集している作品は『全力、夢中、必死になっている姿・光景を撮影した59秒以内の動画』。スポーツに汗を流す姿、趣味に没頭する表情、仕事に打ち込む背中など、「情熱」というキーワードを連想させる作品であれば内容・被写体などは自由。財団事務局で審査して決める「日本財団賞」は賞金15万円。「熱い情熱、伝わってきました賞」(賞金11万円)は作品それぞれに設置された「いいねボタン」が押された回数で決定される。結果は日本財団の公式Facebookページ等で発表。

コンクールへの応募・投稿に情報伝播力が高いソーシャルメディアFacebookが用いられたことで、作品の優劣が競われるだけでなく、応募された素晴らしい作品を多くの人に広められるのが特徴…と担当者。「アイデア次第で内容は無限大。応募作品は通常のフェイスブック記事等でも紹介するので、世間に周知したい活動を撮影して応募するなど、ぜひこの機会を活用してほしい。携帯電話やスマートフォンでの撮影も問題ない」と積極的な参加を呼びかけている。

作品の応募規定・方法や賞金などコンクールの詳細は日本財団・公式Facebookページまたはホームページで。主催者側で制作したイメージ動画はこのホームページと、公式Facebookページから移動できる【共コン】の作品応募・閲覧専用ページでも見ることができる。問い合わせは日本財団Facebook・共(シェア)コンクール【共コン】係(電話03-6229-5131)まで。

なお、イメージキャラクターのエール団長は、震災後に日本オリンピック委員会(JOC)と日本財団が実施した寄付プロジェクト「エール FOR 日本」でも応援をつとめている。(宇田川貴康)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:04 | 総合 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント