CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«笹川賞レースに合わせメモリアルギャラリー 浜名湖ボートレース場 | Main | アタチュルク像、串本に到着 安住の地、6月3日に除幕式»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
“美容の力は心の栄養素” 好評 施設巡回訪問 [2010年05月28日(Fri)]

 

車内でヘアカット

高齢者、障害者の心のケアには美容こそ必要―。山梨県甲府市のNPO法人「せれー奈」がこんな考えで福祉施設の巡回や在宅訪問活動を続けている。介護保険サービスに理美容は含まれていないが、“美しくありたい”と願うのは誰も同じ。橋爪千代代表は「美容の力は心の栄養素。県内全域でサービスができるよう頑張りたい」と意欲を語っている。
橋爪さんが移動福祉美容を始めたのは2005年。きっかけは11年前に難病で亡くなった父の思い出。「当時、美容の仕事をしていたのに、何故か散髪をしてあげたことは一度もなかった」。そんな思いで介護施設の訪問を始め、今年1月にはNPO法人に。美容師やヘルパーの資格を持つスタッフも7人に増え、2月には同市上阿原町に高齢者や障害者も通える美容室もオープンした。

抱負を語る橋爪代表

5月21日、美容室を訪問すると、車いすの男女が“来客”中。無料送迎サービスを受けヘアカットに訪れていた大柴洋子さん(65)は「“美しくなった”という実感が何よりもうれしい」と笑顔を見せた。次いで橋爪さんの案内で同市和田町にある特別養護老人ホーム尚古園へ。正面玄関前に、車いす昇降用のパワーゲート、シャンプー台などを備えた大型トラックが横付けされ、車内で施設を利用する女性4人が洗髪やヘアカット、パーマなどのサービスを受けていた。

この日の“客”は25人。車内に貼られた料金表には「カット2000円、シャンプー1000円」などとある。高齢者や障害者向けの“特別料金”だが、介護保険サービスは医療・衛生を念頭に置いており、理美容は対象外。多くの施設では髪を短く刈り上げる「施設カット」を採用している。白髪をきれいにパーマでまとめた女性は、せれー奈の若いスタッフが「きれいになったね」と声を掛けると満足そうに何度も頷いた。

巡回用“美容トラック”

現在、せれー奈が訪問する老人ホームや障害者施設は約30か所。3月地元紙が紹介して以来、施設からの問い合わせも多く、橋爪さんは「もう1台車を備え県内にある約300施設をくまなく回るのが夢」と語る。

理美容を中心にした巡回訪問サービスは各地で始まったばかり。2007年に一足早くNPO法人となった「全国福祉理美容師養成協会」(愛知県日進市)の岩岡ひとみ事務局長は「加齢や障害で美容室に行けない人は多い。看護・医療の領域に理美容の観点からどうアプローチするかが今後の課題」と話している。(宮崎正)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:15 | 福祉・医療 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント