CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«笹川会長にボーローグメダル タイ国王に次いで2人目 | Main | 【写ブログ】ハイチ震災地へ災害看護支援団を派遣»
New_facebook_blogmagazine.jpg 8f0j6k00000eugbl.jpg   ボランティア奮闘記.jpg   BLOGOSブロガー見た.jpg
Google
ブログマガジン WWW
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
プロフィール

日本財団広報担当さんの画像
<< 2013年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/koho/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/koho/index2_0.xml
学生ボランティアセンタースタート 「20年後の人材」育成目指す [2010年04月16日(Fri)]

やる気満々のセンタースタッフ

「学生が学生のボランティア活動を支援する」。こんなコンセプトで設立された日本財団学生ボランティアセンターが4月1日から活動を開始した。スタッフは西尾雄志センター長とインターンの学生7人。最終的にインターン生を15人まで増やし、ボランティア団体相互の交流を促進するほか、センターの活動を通じて新たな時代を切り拓く人材の育成を目指す。
センター内部

わが国のボランティア活動は延べ100万人が参加した1995年の阪神淡路大震災を境に大きな広がりを見せ、98年にはNPO活動の活性化に向け特定非営利活動促進法も整備された。しかし早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターの助教でもある西尾センター長によれば、ボランティア活動に対する社会の理解が成熟しておらず、この結果、NPOが育ちにくく、団体相互の連携、協働が機能しにくい状況にある。

一方で国の財政が悪化する中、国や自治体に代わり「民」が社会づくりに参加する時代を迎え、社会貢献の形も多様化し拡大するー。センターではこんな認識に立ち、単にボランティア活動だけでなく、現在の若者が社会の中核になる20年後に企業や社会の先頭に立って活躍する人材の育成を目指す。そうした人材が企業の中枢に増えればCSR(企業の社会的責任)活動も自ずと活発になる、との遠大な構想だ。

時には議論しながら・・

こんな考えを踏まえ当面はボランティア活動に取り組む団体のリーダーを対象にした各種セミナーを5月にも開始するほか、新しいボランティア活動を目指す若者たちの支援と事業化、さらに各団体が“広報力”を競うPRコンテストの開催(12月)などに取り組む。同時に活動を通じて各種団体の交流を促進するほか、センターのインターン生を含めた関係者の能力アップを目指す。

事務所は東京・虎ノ門にある日本財団第2ビル6階。7人のインターン生は早大生が3人、聖心女子大、国士館大、東洋大、慶応大生各1人。全員がボランティア活動にリーダー的存在で関わってきており、授業の合間を縫ってセンターに詰める。既に「GAKUVO」の愛称の公式サイトも立ち上げ、問い合わせも入り始めている。

4月13日にセンターを訪問すると、西尾センター長以下3人のインターン生と支援の日本財団職員が執務中。「地域がもっと力を出し、元気になるようなことをしたい」「ボランティア活動は時間のある人、好きな人がやる奉仕活動といったイメージがある。まずこうした考えを変えていきたい」などと抱負を語り、横から西尾センター長が「20年後に皆が出世してくれれば企業の活動も大きく変わる」と冗談を交えて激励した。(宮崎正)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Posted by 日本財団 広報チーム at 09:08 | 文化・教育・社会問題 | この記事のURL | コメント(2)
コメントする
コメント
NPO法人コドモ・ワカモノまちing
四季の感育学校担当の若月です。
私どもは東京の子ども達を新潟に呼んでキャンプ活動を行っています。学生達にもボランティアを募っていたのですが、ぜひともここでもボランティアのご協力いただきたいと思ってます。
団体の登録方法等を教えて頂けたらと思います。
よろしくお願いします。
新潟県妙高市上町9−3
0255-73-7808
fax0255-73-7230
Posted by: 若月 一馬  at 2010年05月26日(Wed) 10:56

高齢者や障害を持った人と
気軽に話ができるようにして下さい。

災害などが在ってボランティアに学生さんが行っても、実際には話ができない学生が多い事があり、とても残念な時が多くあります。

その為にも周りとコミュニケーションが取れるようにすることと

当たり前のマナーは学生のうちに身に付けて欲しいと思います。
Posted by: 冬たぬき  at 2010年04月19日(Mon) 12:56