CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年03月28日

子育て支援&担い手養成講座「子育ては地球育て」講座申込募集中!

こんにちは、緑児童館の二宮です。
今回は来年度開催講座「子育ては地球育て」についてご案内させていただきます!

ぜひお申込みくださいね。

***********************************************************
「子育ては地球育て〜託児付き講座〜」子どもと地球の担い手・わづくり隊スタート講座

今の子どもたち、まだ生まれていない新しい命たちには将来どんな暮らしが待っているでしょう。
「子育て」はこれからの地球を支えるとても大切な柱です。
「子育て」の経験をいかしてこそできる社会参画があります。
「今」を「これから」を生きるすべての人・自然が共生していくためにできることを、
身近なところから考えてみましょう♪

日時:6月5日〜7月17日毎週火曜日10時から12時
場所:緑生涯学習センター
費用:無料(託児別途250円)
定員:20名
対象:子育てに関心のある方 子育て中の保護者 一般
申込は以下
■緑児童館で申し込み
窓口 緑児童館窓口で申し込みできます。
電話 緑児童館(052)623−9656にお電話ください。
■緑生涯学習センターで申し込み
インターネット名古屋市電子申請サービスからお申し込みください。
https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/p_reg0_form.php?PHPSESSID=ehu95jse30eaq5d25kblrb1bq6&id=172901&m=3&c1=01&c2=&a=&b=06&b1=000097&k=&s=eventdate&s1=period
パソコンからでも携帯からでも申し込みできます。
窓口 生涯学習センター1階窓口で申し込みできます。
往復ハガキ 往信裏面に@講座名(子育ては地球育て)A〒住所 B氏名(ふりがな)C電話番号 返信表面にあなたの〒住所氏名を記入し、生涯学習センターまでお送りください。
■託児の申し込み
緑児童館 窓口または、お電話でお申し込みいただけます。052)623−9656
緑生涯学習センター 託児を希望される方は、上記手続き時にお子さんの名前(ふりがな)・生年月日もご記入ください。

その他
定員を超えた場合は抽選となります。「当選」「補欠」「落選」の結果を返信用ハガキかメールでお知らせいたします。窓口申し込みをされた方は4月26日(木)以降に電話にてご連絡いたします。「補欠」の方には当選者に辞退がありましたら電話にて連絡します。「当選」された方は5月10日(木)までに、申込された施設(緑生涯学習センターか緑児童館のどちらか)で受講手続きをしてください。
地球育て(カラー).jpeg
子育ては地球育て(チラシ裏面).jpg
posted by 河村 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館

2018年03月16日

【中川児童館】D☆P ダンスパーティー

fさ.jpg
子ども会議から企画した、『ダンスパーティー』を開催しました。
 この企画は、夏に行った『なかがわRPGまつり』のふりかえり会にて、企画の手伝いに来てくれた小学生からの「ダンスをやりたい!」という意見からスタートしました。10月から月に1回こども会議を開催し、企画を作っていきました。自由にみんなで踊ろう!というコンセプトのもと、児童館の各部屋をダンスホールにしました!準備万端でスタートしましたが、午前中は館内が閑散としており、しばしの充電タイム。
 午後からは、企画に関わったみんなでホールに集合し、みんなの好きな曲を流して踊りあかしました。そして最後は、なぜか曲を流しながらの大おにごっこを開催し小学生から高校生まで、なんと30分間鬼ごっこをしっぱなしで楽しみました。
             gばdv.jpg

posted by 河村 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中川児童館

【中川児童館】こども交流カフェ 元気に開催しています☆

はgf.jpg
 毎週土曜日に開催している福祉会館との交流事業『こども交流カフェ』。毎回多くのお年寄りの方が楽しみに来てくれます。子どもたちが店員になって、コーヒーや紅茶を出しています。この『こども交流カフェ』も最初は誰がどんな役割をするかでもめる事が多く、コーヒーを作るところに人気が集中してしまって、トラブルになることもありました。
 そんな中、「どんな風にカフェをすればいいか」を話し合い、「お店ってどんな雰囲気で、店員さんはどんなことをしているか」みんなで考えました。それぞれの役割が大事だと共有し、それぞれの役割をしたらポイントが溜まり、全部の役割でポイントが満タンになると【カフェマイスター】の称号がもらえる制度を作ると、「今日は受付をやる」「お運びする」という今までやらなかった役割にも挑戦するようになりました。
 カフェマイスター制度ができてから5年間で、13人の子どもカフェマイスターが誕生しました。中学生のころにカフェに参加していた高校生から「喫茶店でアルバイトをする時に、こども交流カフェの経験が役に立った。」という嬉しい話を聞かせてもらうこともあり、世代交流の体験が子どもたちの力になっていることを実感しています。
楽しいけれど本格派なこども交流カフェ、毎週元気に開催しています♪
               あ.jpg
posted by 河村 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中川児童館

2018年03月01日

【緑児童館】こどものまち説明会

2月18日(日)こどものまちの説明会を行いました。

小学4年生〜高校2年生までの企画委員15名、この日参加できなかった3名を加えて、18名でまちを創ります。

はじめに簡単な自己紹介ゲームをし、メンバーの顔がちょっとわかったところで、さて「まち」って何?と問いかけてみました。
昨年のこどものまちに参加した子どもからは、「はたらいて、かせいで、あそぶところ」という声。
うん、こどものまちの基本はわかってるのね。
でもね、もう少し原点に戻って「まち」を考えてみようと模造紙に児童館を中心にその周りにどんな場所があるか描いてみました。児童館の横に公園があるよね。
南に行くと川があって、コンビニがあって、小学校はこの辺かな・・・。
自分たちが住んでるまちを改めて見てみると町の成り立ちがみえてくる。
そして、「まち」に一番必要なもの、それは“人”。人の生活に必要なもの、楽しく暮らすためにあったらいいもの、そんなもので「まち」ってできてるんじゃないかな。

kodomonomachi.jpg

こどものまちでもみんなが楽しくなるためにどんな「まち」にするか、どんな店や仕事を作るか、これからこども会議で考えていこうと話しました。
早速出てきた子どもたちの「あったらいな」は焼きそばや綿菓子などの定番の他に「本格的なラーメンかと思ったらインスタントラーメン屋」とか「ゲームのキャラクターに変装してファッションショーを開く店」などユニークなアイディアもたくさん出ました。

次回は「まち」のル―ルなどを考えます。(報告:小島)
posted by 河村 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館