CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2020年05月04日

こども特急便〜「食と知恵と生きる力を届けるプロジェクト」 はじめます

[緊急期ヒアリング結果を受けて、始動します]
子ども・大人のみなさんからいただいた声、ヒアリング内容を受けて、以下のことに重点事項をおいて行動に移します。
@子どもの気持ちに寄り添い、Q&Aのやりとりをしていく。
A閉鎖的な環境において困難な状況にある子どもの現状を地域と連携して見つけ課題解決に向けて動き、虐待防止につなげる。
B生きることの生命線である食事面をサポートする。
★★★
[こども特急便〜「食と知恵と生きる力を届けるプロジェクト」 はじめます]
緊急事態宣言、長引く自粛・休園・休校措置など。いまだかつてないことが、子どもたちを取り巻く環境に起こっています。
その最中の気持ちを聴きたい、一緒に考えたい、SOSを拾いたい。
そんな思いで、届けて、直接みんなの声をもらいます。

中川地区の活動者のみなさんへ(活動初動モデル地区)
 地域のつながりのなかで情報収集し、活動につなげています。子どもたちの情報などがありましたらお寄せください。

<こども特急便 今週のスケジュール>(モデル地区 名古屋市中川区)

■5月 7日(木)11:00〜 荒越住宅・荒越公園付近(八幡学区)
■5月 8日(金)11:00〜 千音寺荘 南側公園付近(はとり学区)
■5月11日(月)11:00〜 荒子公園 遊具広場近辺(荒子学区)
<届けもの>
■おたより<きもちノート/こまりごと相談Q&A/あそびのレシピ/まなびのレシピ>
■食<※希望者へ おかず、おやつ、食材 など >
■その他<※希望者へ あそび用具(シャボン玉)、まなびの種(ひまわりの苗)(本・絵本)など>
<もらうもの>
みなさんの声。

※「密」が生まれない対策、除菌対策などに留意して行います。

右向き三角1特定非営利活動法人こどもNPO
メール :event@kodomo-npo.or.jp (特定非営利活動法人こどもNPO事務局)
FAX  :052−848−7390(特定非営利活動法人こどもNPO事務局)
TEL   :052−352−3564(中川地区PJ事業連携先 中川児童館/根岸)

連携:中川児童館、地域つながりネットワーク「ぐるり」、子育て支援拠点ゆるぽか、あらこキッズ、さっちゃんち、おもちゃのひろば、
なかがわ子ども食堂、中川区社会福祉協議会、はるたのまち保育園、中川区民生委員・主任児童委員(2020/5.4現在)

★★★
これまでのヒアリング結果の概要と傾向
乳幼児
・「もっと遊びたい」「外にもっと行きたい」
・緊急期早期は互助関係ができている保護者の家庭の乳幼児が過ごす環境は比較的良かった。
 しかし、時間が経つにつれて、保護者の疲れや不安が増しピークに達しつつある。
・地域近隣の住民から出歩くなと言われるケースなどもあり、子どもが過ごす環境への理解がない地域もある。
小学生
・「友達と会えなくてヒマでしかたない。早く学校が始まってほしい」「突然休みになって悲しい」
・「新学期からもう学校には行きたくない。もとの生活に戻ることが面倒に感じる。」
・「学校に行かなくて良くなってうれしい」「ゲームができてうれしい」「でも宿題が多くて困る」
・「ゲームをやりすぎて飽きるほどだ。」
・児童館に来館する小学3〜6年の約7割は家に誰もいない。その中の約5割は食事は用意されていない。
中学生
・「遊ぶ場所がない」
・「ごはんが食べられる場所を緊急につくってほしい」
・「相談する場所がない」「相談事業所に行っても追い返された。」
・児童館に来館する中学生の約半数が、主食が菓子類。
高校生
・「バイトの収入が減って困っている」
ヒアリングから見える課題 
困難な状況の子どもたちの実情にリーチする手立てを模索する必要がある。
★家庭内労働を負うヤングケアラー(主に中高生)にとっては、学校休校の措置は、逃げ場がないという非常に困難な状況。
★家に食事やお金など生きるために必要なものを置いてもらえず放置されている中高生がふらりと立ち寄るケースが児童館では増
えたが、その気配を感じるまでに留まった。
しかし、そういった幼児・低学年層の気配は感じることはできない=そういった子どもたちの声が拾えていない。
★子どもの声を聞くことが必要だという意識がある大人との関わりがない子どもの声は拾えない状況。
★保護者の意向で、まったく家から出してもらえない子どももいた。友人経由でしか情報を得ることができない。
★学校や相談機関の代替機能として、学習支援事業のスタッフが子どもの困りごと(進学について等)に対して緊急的に動く場面もあった。多機関をつなぎ、家族会議を開くに至った場面もあった。
★家に居続け、考えすぎて不安が高まってくる子どもから「家にいるのが限界」と連絡も来る。支援者(学習支援)が話を聴き、状況確認しながら対応する場面もあった。

posted by 河村 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 緊急期事業

2020年04月03日

(報告)緊急期の公園の様子〜あそびや in中川〜

新型コロナウイルス感染拡大予防のために、休校や外出自粛など、子どもたちの過ごす環境が大きく変わりました。こどもNPOでは、このような緊急期の「子どもの声」と「社会の現状」を調査して、課題解決につながる行動をしたいと思っています。
調査をしていくうちに見えた課題のひとつに「子どもがあそぶ環境」がありました。行き場を失ったの子どもたちの生活や気持ち。疲れや不安が増しピークに達しつつある各世帯の大人たち。公園には人があふれかえっている状況でした。
そこで、私たちは、緊急期の遊び場づくりに取り組みました。場づくりは「感染リスクを減らしてお互いのいのちを守りあう」ことを意識して注意喚起をしながら行いました。そして子どもたちの現状を直接聴きました。

※3月下旬時点では、ウィルス感染状況と課題解決のバランスを考慮して、遊び場づくりを行いましたが、状況は日々と変化しています。今後の活動についても、状況を踏まえて、その都度活動を検討していきます。

ブログ用.jpg
☆公園での遊び場づくり 「あそびやinなかがわ」 
@富田公園(名古屋市中川区)
2020.3.26(木)10:30〜16:00 天気:晴れ  公園内には100人ほどいました
お天気も良く、富田公園には幼児・小学生親子が来ていました。
ボールなげ、こま、縄跳び、大繩などで体を動かしたり、砂場あそびも人気でした。

遊んでいる子どもたちに最近は何して過ごしてる?と聞くと、「家でずっとゲーム」「毎日公園で遊んでる!」「でも勉強はしない」と子どもたちなりに発散方法を模索しながら過ごしているようでした。

帰り際には、「次いつくるの?」「また来てね〜」と声をかけてくれ、思いきり遊べる場、誰かが話を聞いてくれる場の必要性を感じました。

@荒子公園(名古屋市中川区)
2020.3.30(月)10:30〜13:30 天気:雨(午後から本降りになり中止)
2020.3.31(火)10:30〜16:00 天気:雨  公園内には2日間で25人ほどいました。
小雨が降り続ける2日間でしたが、遊べる場をもとめて、親子や小学生がちらほら遊びに来ました。「こんなのやってるならもっと早く公園にこればよかった〜」と言い残していく小学生がいたりと、元気なら外には出れるものの、生活リズムの崩れからストレスを抱えているようでした。
posted by 河村 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 緊急期事業

2018年10月18日

★森の実始まりました★

こんにちは♪
森の実の坪井です^ ^

今月1日に地下鉄徳重駅から徒歩8分、県道36号線沿いの【ほけんの窓口名古屋徳重店】さんの2階にて新しく主に0〜3歳の親子の広場としてオープンしました。

オープンして半月、たくさんの方が遊びに来てくれています^ ^

21FBD2CA-46BD-4E52-AB18-6CE4E7AAD206.jpeg
この看板が目印です♪

1AF10AFD-448F-4257-8C8B-D091DB21C27F.jpeg
お昼にはお弁当を食べることも出来るのでみんなでわいわいランチタイムも楽しめますよ☆

定期イベントや月替わりで講座の開催もしています。

詳しいイベント情報などはブログをご覧下さい。

ぜひ一度遊びに来てくださいね(^o^)★

○○○○○○○○○○○○○○○○
名古屋市地域子育て支援拠点 森の実

名古屋市緑区徳重5-111近藤ビル2階
電話    052-846-3327
メール morinomi@kodomo-npo.or.jp

○○○○○○○○○○○○○○○○
posted by 河村 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 森の実

2018年06月19日

【中川】バスハイク 苗植えと土手遊び

田植.jpg
今年のバスハイクは畑プロジェクト!畑を通していのちのつながりを体験します。
第1弾は苗植え。みんなで草取りをして環境を整えた後、落花生とさつまいもの苗を植えました。
土を掘ると、イモムシやミミズなどが出てくると現地のスタッフにすかさず「これ何〜?」と聞きながら畑の生態系も学びました。畑そっちのけで、カエルやトカゲなど探し回る子も。なんとカニまで見つけました。
畑作業が終わると、長良川を背に土手遊びをしました。草花が生い茂る中斜面を利用して土手滑りや、草花あそび。知らないと草生えてるな〜と通り過ぎてしまう雑草でも、一つひとつに名前があり、小判の形をしているコバン草、大きな花を咲かせるノアザミ、クズ湯になるクズ粉がとれるクズなど教えてもらうと探すのも楽しくなります。
秋には収穫に行きます。今回植えたものがどんなふうに育つのか楽しみです。
7月号.jpg
posted by 河村 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 中川児童館

2018年05月24日

緑児童館・楽器体験クラブ

こんにちは。緑児童館の柘植です。
4月から緑児童館のプレーワーカーになりました!
よろしくお願いします。

緑児童館では、第2・4日曜に
楽器体験クラブを開催しています。

参加者のスコット2世くん(小6)から、
楽器体験クラブの様子について、報告が届きました。

ーーーーーーーーー

楽器体験クラブ

五月十七日クラブ室奥にて

1. ベースでドレミをやる
ピアノやリコーダと違って指の動きが違って難しいよ。たとえばドレミからファソラに指を変えるのが難しいよ

2. 優しい先生が教えてくれるよ
弾きたい曲を選んでその曲を練習できるよ僕は千本桜を弾いたよ。順番に練習するからわかりやすかったよ。

3. やれる楽器
ベース、ギター、ドラム、キーボード(電子ピアノ)の4つがあるよ


楽器体験1.jpg

楽器体験2.jpg

楽器体験3.jpg

ーーーーーーーー

5月、6月の楽器体験クラブは、
5月27日、
6月10日、24日
です。

対象は小学4年生から高校生です。
楽器に興味のある子はぜひ来てみてね。
posted by 河村 at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館

緑児童館一体がこどもたちだけの“まち”になる!

こんにちは。緑児童館です。

3月24(土)・26(月)に「こどものまち」を開催しました。

こどものまちとは、ドイツ・ミュンヘンではじまった子どもたちだけで町一体を場として使用し、仮想の町を運営していくプロジェクトです。現在、緑児童館では年に1回こどものまちを行っています。町の仕組みやお金の使い方を有志の企画委員が集まり会議を重ね、緑児童館一体を2日間、こどものまちの場として使っています。企画会議から参加をする子、出店する子、こどものまち当日のみ参加をする子・・・。子どもの参加の仕方も様々です。
今回のこどものまち会議で子どもたちから声があがり特に印象的だったのは、“こどものまちにリーダーはいるのかどうか”です。意見の対立があったため、今年度は緑区区役所地域力推進室まちづくり課の方にご協力いただき子どもたちへの講話を行っていただきました。講話を聴いた後また対話をくりかえし、一人の代表者を据えることで意見が偏らないよう、市長ではなく3人の市長希望者が議会を組んで課題を検討していく仕組みを子どもたち自身で決定しました。この時の様子を下記に記載いたします。
こどものまち当日には、来館した子どもが自らの企画を実現したり、その場で起こった問題を自らの力で解決策を考え、“失敗”からよりよい仕組みを生み出していったりする姿がみられました。子どもたちは「働くのって大変だ」と口々に言いますが、その目はとても活き活きとしていました。


◆こどものまち企画委員会議「こどものまち」に市長はいる?いらない?
 市長いる側:市長が困ったことを解決するために必要。副市長だっていた方が良い。
       最終決定権を持つ存在(=市長)が必要だ。
 いらない側:困ったことを解決するためだったら警察がいればいいんじゃない。
 市長いる側:市長は警察だけでは決めることのできないことを決めるんだ。
       警察はきっと当日まちに来て働く子もいるだろうし…。
       警察がもし勝手に暴れだした場合にとめる人が必要だ。
 いらない側:市長だったら暴れないの?市長だから信じられるわけじゃない。
 市長いる側:だから市長は立候補制で投票して決めるんだ。ちゃんと暴れない人をえらべばいい。
 いらない側:なんで両方が必要なんだろう??
 市長いる側:(もう一度同様の説明をする。)じゃあどんな市長だったら、いいの?
 いらない側:公平で、男女差別しない人なら。
 市長いる側:じゃあそういう人をえらべばいいんじゃないかな。
 いらない側:でも本当に誰にでも公平な人なんているのかなぁ。
 市長いる側:では公平じゃない、って思ったときにはかえることができるよう、任期をつけよう。
 →いる側の意見もいらない側の意見も大切です。
子どもたちはより賛成人数の多い意見ではなく対話を通して新たな仕組みを考えます。
この後、市長選挙を行いさらに対話を繰り返し、市長ではなく議会を組むことになりました。

こどものまち2018.jpg

(報告:二宮)
posted by 河村 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館

2018年05月22日

【中川】ボール引っかけ遊び

たま.jpg
小学生たちがボールやフリスビーを投げて遊んでいたところ、フリスビーが、ホールのでっぱりに乗ってしまいました。最初はボールを投げてフリスビーを取ろうと躍起になっていましたが、フリスビーを取るために投げたボールまでもが引っかかってしまい…。
どうするかなと思い、そのまま見ていたら、やがてボールを乗せる遊びへと発展していきました。
ボールが更に引っかかったら、私たち大人は失敗だと思いがちですが、今回はその失敗もうまく遊びに変えていました。これからも失敗の中から新しいものを見つけ出してほしいです。
posted by 河村 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 中川児童館

2018年04月18日

【中川児童館】春フェス


3月26日(月)に行った『春フェス!』
例年は夏に行っていたパフォーマンスのおまつりですが、今回は他のイベントとの関係もあって、春休みに行うことになりました。
ああ.jpg
出演者の募集にあたり、中学校や高校にもチラシを配りましたが、軽音部などの部活のシーズンは終わっていて、実行委員会に集まったのはいつもの常連の子どもたちのみ…。

2時間半のイベントの予定がこのままでは40分で終わってしまう!という事態になりましたが、そこはさすがは常連チーム、「だったら、いっぱい色んなことをやろう」と元々バンドで出演するために練習をしていた子が、バンドだけでなく、ダンスも企画。「せっかくだから劇もやってみたい」という言葉に、職員たちもイベントを盛り上げようと火が付きました。
う.jpg
子どもたちと職員の劇の企画が生まれ、当日の朝に必死に練習していざ本番へ!
ダンスあり劇ありの中、飛び入り参加の呼びかけをしたら3組の飛び込み参加があり、ボリュームも充実♪最後はバンドの演奏にみんなで盛り上がり、イベントに向けて一気に団結していくみんなの底力を感じました。
posted by 河村 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中川児童館

2018年03月28日

子育て支援&担い手養成講座「子育ては地球育て」講座申込募集中!

こんにちは、緑児童館の二宮です。
今回は来年度開催講座「子育ては地球育て」についてご案内させていただきます!

ぜひお申込みくださいね。

***********************************************************
「子育ては地球育て〜託児付き講座〜」子どもと地球の担い手・わづくり隊スタート講座

今の子どもたち、まだ生まれていない新しい命たちには将来どんな暮らしが待っているでしょう。
「子育て」はこれからの地球を支えるとても大切な柱です。
「子育て」の経験をいかしてこそできる社会参画があります。
「今」を「これから」を生きるすべての人・自然が共生していくためにできることを、
身近なところから考えてみましょう♪

日時:6月5日〜7月17日毎週火曜日10時から12時
場所:緑生涯学習センター
費用:無料(託児別途250円)
定員:20名
対象:子育てに関心のある方 子育て中の保護者 一般
申込は以下
■緑児童館で申し込み
窓口 緑児童館窓口で申し込みできます。
電話 緑児童館(052)623−9656にお電話ください。
■緑生涯学習センターで申し込み
インターネット名古屋市電子申請サービスからお申し込みください。
https://www.e-shinsei.city.nagoya.jp/p_reg0_form.php?PHPSESSID=ehu95jse30eaq5d25kblrb1bq6&id=172901&m=3&c1=01&c2=&a=&b=06&b1=000097&k=&s=eventdate&s1=period
パソコンからでも携帯からでも申し込みできます。
窓口 生涯学習センター1階窓口で申し込みできます。
往復ハガキ 往信裏面に@講座名(子育ては地球育て)A〒住所 B氏名(ふりがな)C電話番号 返信表面にあなたの〒住所氏名を記入し、生涯学習センターまでお送りください。
■託児の申し込み
緑児童館 窓口または、お電話でお申し込みいただけます。052)623−9656
緑生涯学習センター 託児を希望される方は、上記手続き時にお子さんの名前(ふりがな)・生年月日もご記入ください。

その他
定員を超えた場合は抽選となります。「当選」「補欠」「落選」の結果を返信用ハガキかメールでお知らせいたします。窓口申し込みをされた方は4月26日(木)以降に電話にてご連絡いたします。「補欠」の方には当選者に辞退がありましたら電話にて連絡します。「当選」された方は5月10日(木)までに、申込された施設(緑生涯学習センターか緑児童館のどちらか)で受講手続きをしてください。
地球育て(カラー).jpeg
子育ては地球育て(チラシ裏面).jpg
posted by 河村 at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 緑児童館

2018年03月16日

【中川児童館】D☆P ダンスパーティー

fさ.jpg
子ども会議から企画した、『ダンスパーティー』を開催しました。
 この企画は、夏に行った『なかがわRPGまつり』のふりかえり会にて、企画の手伝いに来てくれた小学生からの「ダンスをやりたい!」という意見からスタートしました。10月から月に1回こども会議を開催し、企画を作っていきました。自由にみんなで踊ろう!というコンセプトのもと、児童館の各部屋をダンスホールにしました!準備万端でスタートしましたが、午前中は館内が閑散としており、しばしの充電タイム。
 午後からは、企画に関わったみんなでホールに集合し、みんなの好きな曲を流して踊りあかしました。そして最後は、なぜか曲を流しながらの大おにごっこを開催し小学生から高校生まで、なんと30分間鬼ごっこをしっぱなしで楽しみました。
             gばdv.jpg

posted by 河村 at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中川児童館