• もっと見る

«地域をつなぐなつまつり。 | Main | 親子招待スポンサー募集»
プロフィール

(認定NPO法人)神奈川子ども未来ファンドさんの画像
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
ブログからツイッターフォローへ

カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kodomofund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kodomofund/index2_0.xml
一緒に考える子育て [2010年08月24日(Tue)]

ファンドの2010年助成対象団体、

保土ヶ谷にあるNPO法人ピアわらべに訪問しました。

ピアわらべは現在親と子のつどいの広場事業

親子のフリースペース「ピア」

保土ケ谷区地域子育て支援拠点「こっころ」、

を開いており2箇所を訪問してきました。
「在宅の母親がリフレッシュできる一時保育」から活動が始まり、

フリースペースや子育て支援拠点が地域の中で子育てを支える人たち出会い、

繋がりあい、育ちあう場を目指して日々活動をしています。

「保土ヶ谷は坂や山で分断されている地域です。

拠点や広場から様々な親子に情報発信をしていき、

地域につながりながら子育てを一緒に考えて

いけたらと思っています。」

と代表の秋元さんは話をしてくれました。




一緒に訪問をしたインターンの小川くんは、「こっころ」で初めて赤ちゃんを抱きあげました。



「自分の周りに小さな子どもがいないので、赤ちゃんを抱いたときはとても緊張しました。

触れていると肌がモチモチしていて、とても温かい気持ちになりました。」

とうれしそうに赤ちゃんのお母さんと話をしていました。

今年度の子どもファンドの助成金は、

団体の事務局基盤強化のために活用されています。

事務局の中井さんは地域に出向いて活動の周知や協力者を募っているそうです。

「今年の10月の区民祭りでは、

地域の親子状況を把握するアンケート調査を実施し、

子ども子育ての状況を把握し日々の活動

につなげていきたいです。」

と中井さんは心強く話をしてくれました。



事務局 大澤
Posted by 子ども未来ファンド at 22:20 | 子どもファンド助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント