CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«子どもの社会的責任? | Main | NPOの次世代育成»
プロフィール

(認定NPO法人)神奈川子ども未来ファンドさんの画像
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
ブログからツイッターフォローへ

カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kodomofund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kodomofund/index2_0.xml
子どもの社会参画を保証するには [2009年07月18日(Sat)]

16日「子どもの社会的責任ってなんだ?」に参加しました。

第一回というこのイベント、NPO関係者、企業関係者等30名近くが参加していました。

子どもたちを問題解決の主体に、という趣旨で、

グループディスカッションに参加するうちに、いろいろ考えました。


多くの子どもが抱えている課題や

巻き込まれている問題などカードを並べての話し合い。

各参加者が、それぞれの視点で意見を出し合い、

このイベントでは、子どもの社会的責任について、

何か結論を出すものではありませんでした。




以下は、個人的に感じたことです。

問題解決に子どもが主体的に取り組むためには、

子ども自身に一方的に期待するのではなく、

大人に求められていることが大きいように思います。



「こうありたい」という

 人のつながりの原風景を、子どもが持てること

子どもが、ありのままを受け入れられていていること

子どものチャレンジに、逃げずにつきあおうとする大人がいること



「責任」とは、「〜すべき」と押し付けるものではなく

子どもの中から、にないたい

という気持ちが生まれてくるものであって欲しい。

その環境づくりが、大切なのではないでしょうか。



子どもの社会的責任を考えていく中で、

大人の責任を、曖昧にすることのないようにしたいものです。



このイベントは、今後第2回と続き、

議論の中から取り組むべきテーマを絞り込んで、

CANPANが社会資源を集めて支援し、

成果を具体的に挙げていくことを目指すそうです。
Posted by 子ども未来ファンド at 11:12 | 活動報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント