CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«居場所をなくした子どもたちのシェルター | Main | 子どもの社会的責任?»
プロフィール

(認定NPO法人)神奈川子ども未来ファンドさんの画像
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
ブログからツイッターフォローへ

カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kodomofund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kodomofund/index2_0.xml
学習支援の居場所〜2009助成団体訪問 [2009年07月16日(Thu)]

 7月9日、2009年助成対象団体

 (特)シャーロックホームズを訪問しました。

 助成事業は、

 “勉強がしたいが学校には行けない”悩みを持つ子どもたちの

 学習支援の居場所「おっちー塾」です。

 塾長の落合さんは、昨年まで県立高校に勤めていました。

在職中、落合さんは

忙しい毎日に追われ、

学校に来れない子どもたちがいながら、

生徒と向かい合う時間をもつことが出来ない現実を痛感し、

退職後に、塾を開く決意をしました。



落合さんの昔の教え子や学生が、スタッフとして、

子どもたちに勉強を教えたり、広報や宣伝に協力しています。



窓には、塾生やスタッフのアイデアを盛り込み

協力して作成した看板があります。




「おっちー塾」のチラシも

塾生やスタッフのアイデアで出来上がりました。





「おっちー塾」を通して、

子どもたちに、学ぶこと、分かち合うことを実感し

自信や喜び、更に自己肯定感をつかんで欲しい。

また、勉強だけでなく

心安まる「居場所」として利用して欲しい。

そう落合さんは、話してくれました。

                            スタッフ大澤

Posted by 子ども未来ファンド at 11:12 | 子どもファンド助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント