CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«行政計画づくりを多様な層で議論するには? | Main | 学習支援の居場所〜2009助成団体訪問»
プロフィール

(認定NPO法人)神奈川子ども未来ファンドさんの画像
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
ブログからツイッターフォローへ

カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kodomofund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kodomofund/index2_0.xml
居場所をなくした子どもたちのシェルター [2009年07月15日(Wed)]

2009年助成対象団体の訪問をはじめています。

2009年7月2日、子どもセンターてんぽの事務所である弁護士事務所を訪ね、

てんぽ事務局長の高橋さんからお話を聞きました。




子どもセンターてんぽは、

法律や制度の狭間におかれた

10代後半の子どもたちのシェルターを運営しています。



団体名の「てんぽ」には、1つの決まった意味はないそうですが、

さまざまな事情を抱えた子どもたちが、

安心して自分らしさを見つけ、将来に向かって進む、

自分自身のテンポを整える場所になればと、

高橋さんは話してくれました。




居場所をなくした子どもたちに

「信用できる大人がいるよ」と思ってもらえるよう、

今年度から、神奈川子ども未来ファンド助成で

電話相談の専従相談員の育成を行います。


                          スタッフ大澤


Posted by 子ども未来ファンド at 16:20 | 子どもファンド助成 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント