• もっと見る

«学童保育スキップ鷺沼の子どもたち | Main | 2012年度助成団体活動訪問「ピアわらべ」»
プロフィール

(認定NPO法人)神奈川子ども未来ファンドさんの画像
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
ブログからツイッターフォローへ

カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kodomofund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kodomofund/index2_0.xml
「トガニ 幼き瞳の告発」を観てきました [2012年09月10日(Mon)]

もう、首都圏のどの映画館でも終わりに近い今日
「トガニ 幼き瞳の告発」という韓国映画を観た。
聴覚障碍児の学校での、少年少女に対する性的虐待を扱った映画

togani.JPG

主人公の教師は、「僕は、今この子たちの手を放したら、
自分の子どもの良い父親にもなれないような気がする」
そういって、迷いながらも強力な力に立ち向かっていく

障害、貧困という弱い立場にいる被害者の少年少女は裁判に負ける
でも、手をつないでいてくれる、信じられる大人がそばにいる
だから少女たちは自分なりに生きていける
なんだか神奈川の子どもを支える居場所の人たちと主人公が重なって見えた

神奈川県の児童虐待相談件数、年間7,466件(1日20.5件)
けっして他人ごとではない

実話をもとにしたこの映画、
公開後、法律ができたり、再捜査が行われたという
小さな試みが社会を変えるということを、目の当たりにしたような気がする
ちなみに「トガニ」は「るつぼ」という意味 (Sei)
Posted by 子ども未来ファンド at 23:51 | 事務局日常 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント