• もっと見る

«毎日新聞で紹介されました | Main | これからダンボふれあいバザーの反省会»
プロフィール

(認定NPO法人)神奈川子ども未来ファンドさんの画像
<< 2016年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
最新記事
ブログからツイッターフォローへ

カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/kodomofund/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kodomofund/index2_0.xml
朗読劇「ハッピーバースデー」2011横浜 たくさんのご入場ありがとうございました [2011年11月30日(Wed)]


会場1時間前、正面玄関前には観客の列
晴天に恵まれた11月26日
多くの人たちの想いの詰まった公演が始まる

60数名のボランティアスタッフが持ち場の最後の点検

いよいよ入場開始
それほど広くない入場口に人が溢れる
いらっしゃいませ
ありがとうございます
チケットをお持ちの方はこちらです
声が響き渡る

2回の公演の入場者 約1,500名
声優さんファンの若者たち、お年寄りのグループ
しっかり手を握りあって入場する親子連れ
本当に多様、多層の人々が会場へ足を運んでくれた


2階ロビーの「こぶしの花」ボードにはたくさんのメッセージ
「そのままでいい。生きていてくれてありがとう」
「ひとりじゃないよ。一緒に生きていこう」
一つひとつの言葉が愛に溢れている


3階ロビーではNPO法人ジェントルハートプロジェクトの写真展
いじめが原因で自死した子どもたちの笑顔の写真が胸につきささる

舞台では、あすかが、じいちゃん、ばあちゃんの愛に包まれ
悲しみと苦しさから立ち上がり始めていた。



開始のベルから2時間
ハッピーバースデーの合唱が会場に充ち満ちる

扉が開いた
涙の後か目が赤い人
気持ちを抑えられず友人に語り続ける人
どの人も感動と興奮が押さえられないよう・・・


「ウマレテキテクレテ、アリガトウ」
きっとこの言葉がこの会場に集まった多くの人の
胸の中で何度もこだまし、
一人ひとりを暖かさで包んでくれたことだろう

来年は11月10日(土)横須賀市市民会館での
開催が決まっている。
また来年、1歳年を重ねた私たちが、
もう一度自分を振り返るためにも
声優さんたちの想いのこもった言葉を
受け取りに出かけよう。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント