CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«あっちこっちdeアート2015 パントマイムにいさんが山口にやってくる!  | Main | パントマイムにいさんからのたくさんの笑いのおくりもの»
ネット中毒の予防と防止〜大丈夫?スマホで子育て〜 事業 [2015年06月25日(Thu)]

講座「子どもの五感をどう育てる?
〜小児科医からみたスマホ時代の子育て〜」


助成:NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド /企業×NPO寄附つき商品プロジェクト「支え人。」

日時:2015年6月21日(日) @10:00〜 A13:30〜
会場:山口市男女共同参画センター/視聴覚室 
講師:中島匡博先生(中島子どもクリニック)

中島先生はメディアへの長時間接触による子どもの心身への影響、そして危険性をいろんな角度からお話されました。

sumahokoza2.jpg sumahokoza1.jpg

日本は、世界一、子どもがメディアと接触する時間が長い。そして子ども達は睡眠不足。
睡眠不足により朝食を欠食するなど、生活リズムが乱れてくる。
月曜日、体調不良を訴える子が増えてきている。
土日に深夜遅くまでゲームをしていた、とのこと。

また、体格は昔より向上しているが、体力は低下している。
長時間メディアに接触するということは、屋外で遊ぶ、体を動かすという時間を奪っていることになる。
乳幼児期に、五感を使った体験を積むということがとても大切。
電子音に慣れてしまうと、鈴虫などの自然の虫の音がわずらわしいと思うようになるとか。
sumahokoza3.jpg medexiamama.jpg

ゲームをしている時の脳はほとんど動かず、文章を書いている時の脳は、活発に動いています。
長時間できるものは、脳は動いていないそうです。 
電子メディアにのめりこむと、人とのコミュニケーションが希薄になり、依存やトラブルにつながります。
子どもには危険性を前提として対応することがとても大切、家庭でできることから始めよう、と言われました。

参加者からは早速、自分のメールの時間を減らして、子どもと顔と目を合わせて会話しようとか、
今日から夕食の時はテレビを消します!という感想がありました。

子ども達がさまざまな体験ができて、生の人間の息づかいが聞こえる舞台をまじかで見ることができ、
いろんな人とのコミュニケーションが生まれる、このこどもステーション山口の活動はまさに五感を育てている活動だな!と思いました。

Posted by こどもST.スタッフ at 11:15 | イベント・鑑賞例会レポート | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント