CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2017年08月 | Main | 2017年10月»
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HPと活動別ブログ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

静かな一日… (04/26) とだ
「この人にインタビュー」第1回 (04/06) はちくぼまりこ
きょうの0−3 (01/20) ファービー
きょうの0−3 (01/17) お茶会のあるじ
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/17) 村石太マン 愛知県発
げんきスポット0-3で、初春のお茶会 (01/16) はちくぼまりこ
カプラの日 (11/05) はちくぼまりこ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) さいとうまゆママ
ありがとうころころハウス☆第一弾★ (11/03) うめちゃん
のびのび@ら〜にんぐ「ニガテじゃないっ!」 (10/30)
放課後学習会ボランティア募集 [2017年09月18日(Mon)]

170608.jpgはじめまして。京都市立勧修中学校で毎週木曜日に行なっている「放課後学習会」の運営担当スタッフの上原です。

実はもう4年目となる活動なのですが、今年度から山科醍醐こどものひろばがコーディネーター役を務めています。毎回15人くらい、多いときで20人の中学生が参加しています。

中学校の図書室を「学習の場」としてお借りして、子どもたちは学生サポーターと一緒に、それぞれ自分のペースで勉強を進めています。

IMG_3109.JPG


IMG_3119.JPG

友達とわいわい勉強したい子、部活帰りに来て宿題を終わらせて帰りたい子、受験のために少しでも苦手を克服したい子など、参加している理由はさまざまです。

ただし、黙々と集中して勉強する場ではなく、学校のこと、友達のこと、進路のこと、趣味の話、そして時には恋の話なども交えながら、「放課後の居場所」感を大事にしています。
休憩時間には隣のランチルームを「休憩の場」として開放し、ここでは地域サポーターと呼ばれる大人たちが飲み物を用意して迎えます。

小学校の「放課後まなび教室」にも関わっている地域サポーターから、「アンタは中学行ったら学習会に来るんやで!」と何度も声をかけられたという1年生も、「おばちゃんに来いって言われたから」と、ちゃんと来ています。
中学校の先生方もふらっと覗きに来て、子どもたちを励ましたり、ランチルームで子どもたちと一緒にお茶したりしています。

DSC_0297.JPG

一番多感な時期、そして人生の最初の大きな分かれ道とも言える高校受験に向かう中学生たちにとって、地域目線で関わってくれるお節介な大人たちの存在は重要です。
「放課後学習会」は学習支援の場でありつつ、地域の中学生を地域で支える取り組みでもあります。
来年には、最初の卒業生が大学生になってサポーターとして帰ってくるかも?と期待しています。
ぜひ、みなさん応援をよろしくお願いします。

tirasi170608.jpg
| 次へ