CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 日米NPO共同事務所施設運営組織ネットワーク事業 | Main | NGO相談員»
チャリティライブで生物多様性について考える [2009年11月02日(Mon)]

11月2日(月)に大阪城ホールで開催された標題のチャリティライブに主催の住友生命様からご招待いただき、スタッフ3名でうかがいました。当日の様子を簡単にご報告します。(11月6日(金)には東京の日本武道館でも開催されたとのこと)

ライブの趣旨はこちらでどうぞ。
http://www.sumitomolife.co.jp/news/091028.pdf
かいつまんで言えば、
同社の社会貢献活動「ゆたかな未来づくりプロジェクト」の一環として実施するもので、IUCN国際自然保護連合との協力により、多くの人に環境保護、生物多様性の重要性に気づいてもらえる場をライブという形で提供してくださったということでしょうか。

今回協力されている、IUCNとは国家、政府機関、非政府機関で構成された国際的な自然保護機関で1948年に設立されて以来、持続可能な社会を実現し、自然保護および生物多様性に関する国レベルの戦略を準備し、実行するための活動を展開しているそうです。当日も生物の多様性が刻一刻と失われている様子をわかりやすく、かつ、印象に残る映像で見せてくれました。

さて、ライブですが、登場順に K、 大黒摩季、 一青窈、 イルカ(IUCN国際自然保護連合親善大使)、 南こうせつの皆さんは出身国、世代など多様でイベントの趣旨にぴったりのラインナップ。「みんな、おなじ、生きているんだ〜」で始まる、CMでも耳馴染みのイルカさんの曲、「まあるいいのち」を会場みんなで歌って大団円となりました。大きな問題でも自分の言葉で身近なところから語るところなど、出演者から学べることもNPOとして多かったですね。



ライブ終了後、出口に向かう人の流れに逆らい向かったのは、当協議会の会員でもある(特活)日本ウミガメ協議会の活動紹介ブース。
IUCNに加盟する日本国内の団体は、連絡協議のために、IUCN日本委員会を自発的に組織していて、日本ウミガメ協議会もその構成員。ウミガメを取り巻く自然環境の保全をテーマに、調査や全国会議の開催等を通して各地の仲間の相互連絡を図って、その活動の育成・発展を図っています。NHKの朝の連続テレビ小説にも協力しており、その施設はドラマの舞台ともなっています。
会場ではジュゴンキャンペーンセンターと机を並べて活動紹介やグッズの販売を行っていました。せっかくなので(?)当協議会のスタッフも、ウミガメの着ぐるみで身を包んでみました。



NPOのスタッフ同士で論議を戦わせるのもいいですが、多くの人がリラックスして地球規模の問題に思いを馳せる機会もいいなと感じて、家路につきました。

住友生命様、どうもありがとうございました。
Posted by Kansai NPO Alliance at 23:23 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
がいこくじんのためのいちにちインフォメーションサービス [2008年05月13日(Tue)]


■相談[そうだん]は無料[むりょう]です
■申込[もうしこみ]は不要[ふよう]、当日会場[とうじつかいじょう]へ直接[ちょくせつ]お越[こ]しください

くわしくはこちら大阪国際交流センターホームページへ

音量2008年6月1日11:00〜17:00(受付 16:30まで)
音量会場[かいじょう]
大阪国際交流[おおさかこくさいこうりゅう] センター 大会議室[だいかいぎしつ]

音量こんな相談[そうだん]ができます
法律[ほうりつ]、人権[じんけん]、出入国・在留[しゅつにゅうこく ざいりゅう]、労働[ろうどう]、職業[しょくぎょう]、保険年金[ほけんねんきん]、生活[せいかつ]、市政[しせい]、税金[ぜいきん]、医療[いりょう]、歯科[しか]、薬剤[やくざい]、進学[しんがく]、子育[こそだ]て、その他[た]生活[せいかつ]一般[いっぱん]

音量9言語[げんご]で相談[そうだん]できます
英語[えいご]、中国語[ちゅうごくご]、韓国・朝鮮語[かんこく ちょうせんご]、スペイン語[ご]、ポルトガル語[ご]、インドネシア語[ご]、タイ語[ご]、
フィリピノ語[ご]、ベトナム語[ご]
Posted by Kansai NPO Alliance at 15:14 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
財団法人 太平洋人材交流センターが、「関西財界セミナー賞2008特別賞」受賞 [2008年04月20日(Sun)]

「関西財界セミナー賞」は、関西において優れた競争力や独自のビジネスモデルを実践している企業や地域活性化・関西の知名度向上に貢献している団体等の功績をたたえる制度。
08年2月8日に国立京都国際会館で開催された第46回関西財界セミナーにて表彰状と記念品を授与されました。
詳細は、
http://www.prex-hrd.or.jp/pdf/zaikai.pdf
Posted by Kansai NPO Alliance at 13:01 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
(特活)トッカビ子ども会 [2008年02月29日(Fri)]

「KNA・会員紹介」では、(特活)関西国際交流団体協議会の会員団体を紹介しています。
今回は、2007年度に入会された(特活)トッカビ子ども会です。2008年2月9日(土)にルーツ語教室の見学と代表理事の朴洋幸(パク ヤンヘン)さんへのインタビューを行いました。

(特活)トッカビ子ども会

-----------------------------------------------------------------------
■目的
「日本で生活する異文化ルーツの人たちに対する支援、交流等の活動を推進することにより、異文化ルーツの人々と日本人との相互認識と理解を深め、各々が持つ多様な文化や社会的背景が尊敬される、人権を基調とした多文化共生社会の創造に寄与する」(トッカビ子ども会定款より)
■トッカビ子ども会は、1974年に地域の在日コリアンが抱える問題を解決していくために設立された会です。当初は、在日コリアンの子どもが民族としての誇りを持って生活していけるよう、勉強会、スポーツ、朝鮮語、歴史の学習、サマースクールなどの活動を行っていました。
-----------------------------------------------------------------------

最近はコリアンの子どもへのサポートに加え、ベトナムや中国にルーツを持つ子どものサポートにも取り組んでおられますが、活動を広げていかれた経緯についてお話ください。

トッカビ子ども会発足当時の1970年代は、当時の言葉でいえば、コリアンの子どもが自分のことを否定せず、民族に誇りを持って生きていけることをテーマに活動に取り組んできました。
1980年代半ば、八尾に中国やベトナムの子どもが増加した時、彼らとコリアンの子どもたちが置かれていた状況に類似する点をみつけました。
例えば、子どもが親を否定するという状況。私は在日コリアンですが、子どもの頃、親の職業が好きではありませんでした。中国、ベトナムの子どもたちは、日本語が不十分な親を否定してしまう。本来、否定しなくてよいことまで否定するという状況は、時代が変化しても変わっていない。子どもたちは、本来嫌わなくてよいことを嫌わなくてはならない状況に置かれているのです。
このような問題を解決していくために、コリアンの子どもと中国、ベトナムの子どもが抱える課題に共通項をみいだし、結果、多文化をルーツに持つ子どもを対象とした活動へと広げてきました。

ベトナム語、中国語のルーツ語教室、中学生を対象とした勉強会についてお話ください。

トッカビ子ども会の核となる事業に相談業務がありますが、母語を話せなくなる子どもに母語を学んでほしいという保護者の相談からルーツ語教室は始まりました。現在、ベトナム語は5クラス25名、中国語は1クラス8名の子どもが参加しています。また、家庭の事情から塾に行けない子どもが学校の授業についていけるよう手助けするために、中学生を対象とした勉強会も行っています。ベトナム、中国、タイなどにルーツを持つ6名の子どもが参加しており、大阪教育大学の在日コリアンの問題に取り組むサークルの学生が講師として勉強を教えています。


会発足当初は、コリアンの子どもへの母語教室も開いていたようですが、現在はどうですか。

コリアンの子どもにとって、韓国・朝鮮語は日常的に使用する言語ではなくなっています。家庭でも韓国・朝鮮語を話す機会はほとんどなく、言葉を学習する動機が家庭生活につながっていきません。一方で、ベトナム、中国の子どもの場合、ルーツ語教室で学習したことが日常生活に結びつきます。保護者も自分の母語に対する思いが強く、子どもの母語学習に積極的です。
このような理由から、韓国・朝鮮語教室に子どもが集まらないという状態で、こちらの教室は休業中です。

ルーツ語教室の目的についてお話ください。

きちんと母語を話せるようになってほしいという親の思いがあるのですが、週1回の教室だけでバイリンガルになるのは難しく、そのため家庭と教室の連携も必要です。ですから、教室は母語学習だけでなく、同じルーツを持った子どもが集まり、勉強したり、遊んだりと一緒に時間を共有できる場を提供していければと思っています。このような場は、子どもの成長において重要なことだと考えています。
さらに、ルーツ語教室の活動から、子どもたちの関心、ニーズを知り、新しい活動へとつなげていきたいと考えています。


トッカビ子ども会が取り組んでいる多文化共生について、今後の展望をお聞かせください。

いろいろなルーツを持つ子どもが、それぞれのルーツについてしっかり理解し、自覚できる「場」の提供が私たちができることではないかと考えています。そのような「場」は、文化背景の異なる子どもが混ざり合うことで生まれてきます。
たとえば、コリアンの子どもの場合、中国、ベトナムの子どもが入ってきたとき、面白い現象が生まれました。これまで日本人かコリアンかという視点しかなかった子どもたちの中に、異なる文化の視点が入ることで、彼らの考え方に変化がありました。今まで自分のルーツに関心を持っていなかった子どもが、親に韓国のことや韓国料理のことを聞いて、みんなに披露するというようなことができるようになったのです。このように、ルーツを異にする子どもが混ざり合うことで、自分のルーツに対する自覚を与え、それが子どもの成長につながっていくのです。

協議会の会員となって良かったこと、また今後一緒に活動していきたいことなどについてお聞かせください。

私たちは、普段、地域という限られた範囲で活動しているため、協議会からの情報提供などは、より広い視点から日常の活動を捉えるきっかけとなっています。
「帰国・渡日児童生徒学校生活サポート事業」などでは協議会と連携できる部分はあると思います。この事業では、多言語で情報提供、進路ガイダンスをされていますが、依然、トッカビ子ども会に親が問い合わせをしてくるケースがあります。地域に密着した活動の特性を活かしながら、点在地域の親へのフォローなど地域と学校を結ぶシステムづくりなどの視点から、協議会と連携することもできるのではないかと思います。

(長野、写真=WEBチームボランティア・北川聡)
Posted by Kansai NPO Alliance at 13:36 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)
寝屋川市国際交流協会創立25周年記念式典 PART2 [2008年01月26日(Sat)]

2007年11月23日に開催された、寝屋川市国際交流協会創立25周年記念式典と記念シンポジウムのつづきです。レポートはWEBチームボランティアの北川さんです。

パート1を読む
------------------------------------

 コーディネーターの有田から、日本で生活する外国人が増えており、その原因は「呼び寄せ」や「国際結婚」であり、国際結婚で日本に長く滞在したり永住する人たちの生活を支えられないためにいろいろな問題が起こっていることが報告されました。寝屋川市でも様々な取り組みがなされていますが、もっともっとできるのではないか。また、多文化共生社会を実現してほしい、と話を始めました。



 それを受けてジェフさんは、国という切り口ではなくて、もっとちがう文化の切り口から考えることができるのではないか。違った価値観を持った人間が助け合って生きていくことが共生社会の実現につながるのではないかと意見を述べられました。違った価値観を持つ人には3段階で接すればいいのではともおっしゃいました。頭ごなしに否定するのではなくて、まず、観察する。そして理解しようと考える。そして受け入れる。この国際交流のノウハウを国内に活用することも大切だとも教えてくださいました。「ひっかかる心」は全部勉強になる。違った人と知り合うきっかけそこらにあるし、国際交流のきっかけと考えてもいいのでは、示唆されました。


 村上公彦さんは、知ることと関心を持つことは違う。共に生きることの大事さを訴えました。具体的には、体験を言う機会を増やすことなどを地道にやることがだそうです。人間力作りが重要。世界に貢献できる人間になるんだという夢を持つ子を育てることが大切。
 また、会場から「海外赴任の経験があるが、子どもに外国語を教えるにはどのような環境が良いか?」という質問があり、ジェフさんは「私は自分の子供に10歳まで英語を教えなかった。しっかり日本の文化である受信力を身につけて欲しかったからです。いろんな文化を知ることは大変素晴らしいが、その基本となる自分の文化をしっかり身につけることが大切だと思う」と答えました。笑いながら巧みに受容するところが、関西人のいいところだとおっしゃい、会場のみなさんもうなずかれていました。


 最後に、ポンフェイさんは、「国際交流は古くて新しいこと。市民ができることを発信することが大事」。村上さんは、「若い人の心と言葉を鍛えることが大切。年をとっている人はいろんなところに出て行って、若者たちをサポートすればいい」。ジェフさんは、「アンテナを大切にすることが大切。いろんなところでちょっとひっかかったものに積極的に参加していく。国際交流の目的である、新しい自分つくりにもつながる」とおっしゃいました。
 まとめとして、有田から「国際交流は目的ではなく、活動の一つの手段です。じゃあ、どんな意義があるのか? と考えると、社会変革の触媒ではないでしょうか。国際交流には、世界平和であったり、人権尊重であったり、環境の保全に貢献するという目的があると思いますが、人類共通の目的を達成するための社会変革の触媒であると考えています。市民一人ひとりに気づきと行動へ移してもらうためのきっかけづくりだと思います。ですから国際交流協会は、市民の意識を啓発するような学習の場づくりやコーディネート、市民の声を市政に反映するつなぎの役割や、地域の人のネットワークづくりなどに取り組んでいただきたいと思います。また、みなさん一人一人が自分の生きている世界の外に関心を持ち、活動の輪が広がっていってほしいと思います。寝屋川国際交流これからの発展と役割に期待したいと思います」と思いを述べてシンポジウムは終了しました。

 シンポジウムが終わった後は、 楳若一門、高嶺流、友扇会による新舞踊、ジャミラ・ウライムさんによるウイグル民族舞踊、ロータスランドによるベリーダンス、ピンクチャイルドによる、よさこい鳴子おどりが披露されました。最後にお楽しみ抽選会も開催され、非常に盛りだくさんの内容で、素晴らしい記念式典となりました。

パート1を読む


レポートと写真:WEBチーム 北川 聡
Posted by Kansai NPO Alliance at 17:43 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
寝屋川市国際交流協会創立25周年記念式典 PART1 [2008年01月26日(Sat)]

 2007年11月23日に、寝屋川市国際交流協会創立25周年記念式典と記念シンポジウムが、寝屋川市民会館大ホールで開催されました。
WEBチームボランティアの北川さんによる取材レポートをお伝えします!
---------------------------------------------------------


 記念式典は、寝屋川市民管弦楽団の演奏で始まりました。指揮に朝倉洋さん、ソリストに武原直子さんを迎え、メンデルスゾーン作曲・ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64が演奏され、会場は格調高く華やかに盛り上がりました。
 25年間の歩みが映像で紹介された後、創立25周年記念事業実行委員会 実行委員長の東孝司さんの挨拶をはじめ馬場好弘寝屋川市長らによる祝辞が送られました。
 


 続いて行われたシンポジウムは、「今、なぜ国際交流か?」をテーマに、パネラーにジェフ・バーグランドさん、村上公彦さん、ポンフェイさんを迎え、コーディネーターを(特活)関西国際交流団体協議会事務局長の有田典代が務め行われました。

 世界と地域社会がより密接になってきたグローバル時代だからこそ、地域レベルでの国際化が大事ではないか、という考えのもとに、協会は、市民レベル、地域レベルの交流の必要性についてそれぞれのパネラーの方々が意見を述べました。




 留学生として20年前に日本にやってこられたポンフェイさんに、留学生の役割についてお聞きしました。
 ポンフェイさんは、まず、大阪で去年1年で結婚した18組に1組は国際結婚であるというほど、国際結婚が増えている現状を踏まえ、バックアップするために地域の役割が大きいことをおっしゃいました。しかし、地域でボランティア活動をする人は、10年前と比べて減っているような気がします。若い世代の中から次のリーダーを育てることが課題だと示唆されました。
 また、2万社もの日本の企業がビジネスで中国へ行っている今日、言葉による摩擦も多いそうですが、留学生が言葉や習慣の壁を破るために役立っているそうです。留学生は日本と世界をつなぐネットワークのチャンスであり、日本が孤立しないためにとても重要な存在ですと意見を述べられました。



 青少年による異文化体験や国際交流の大切さについて、自身が留学生として日本に来て、現在教育者として日本の若い世代とかかわりあっているジェフ・バーグランドさんに意見を伺いました。
 異文化交流からいろんなものをえることができます。それだけでなく、「鏡現象」といって異文化を鏡にして自分たちの文化を再確認できる機会になることを教えていただきました。また、最初に日本に来た時に、日本が受信型の文化でアメリカが発信型の文化であることをいきなり知らされたことを楽しく話してくれました(たばこ屋さんで同じたばこを同じ時に買った若者に親近感を持って「Can you speak englishu?」と話しかけた時に、若者は英語が不十分なことを謙遜して「No.」と答えたそうです)。



 寝屋川市民であり、日本を代表する国際協力のNPOに30年近く携わってきた村上公彦さんに、世界を意識した地域活動の重要性を伺いました。
 村上さんは、地球そのものが一つの運命共同体となってきている今日であるのに、日本にはまだまだ世界の人たちと運命をともにしている意識が少ないのではないかと危惧されました。国際交流をすることによって、自分たちが世界的に見れば食の問題一つをとってみても、ずいぶんと無駄をしていることに気づかされ、生活を見直すことに通じるのではないか。もう一つは、いろんな考え方があることがわかってくるとおっしゃいました。また、人間は助け合って生きていくものだが、そういう人間知を高めていくことができる。少しずつ視野を広げていくことが、社会を変えていく力になるのではないかとおっしゃいました。
 これから何をしてけばいいのか、皆さんに伺いました。


レポートと写真:WEBチーム 北川 聡
続きを読む
Posted by Kansai NPO Alliance at 17:25 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
研究フォーラム 「2004年インド洋地震津波災害被災地復興の現状と課題」のご案内 [2008年01月26日(Sat)]

国立民族学博物館
研究フォーラム「2004年インド洋地震津波災害被災地復興の現状と課題」
が開催されます。

http://www.minpaku.ac.jp/research/fr/080127.html

■日   時: 2008年1月27日(日)午前10時から午後7時30分
■会   場: 国立民族学博物館2階 第4セミナー室
■定   員: 80名 (定員になり次第締め切らせていただきます。事前にお申し込みください)
■参加受付: 1月24日(木)17時まで
■お申し込み・お問い合わせ先
国立民族学博物館・林研究室
TEL:06-6878-8352 FAX:06-6878-7503
email:catfish@idc.minpaku.ac.jp
お申し込みに際しては、氏名、所属、連絡先(電話番号、メールアドレス等)をお伝えください。
詳細は、
http://www.minpaku.ac.jp/research/fr/080127.html
Posted by Kansai NPO Alliance at 14:26 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
おすすめサイト! [2008年01月19日(Sat)]

(特活)関西国際交流団体協議会の新春交流会に参加いただいた、
高槻市都市交流協会さんのサイトを紹介します。
http://www.takatsuki-intl-assn.or.jp/

高槻市都市交流協会では、姉妹都市との交流や、地域に居住する外国人との交流活動などを行っています。

ギャラリーサイトからは、活動の様子が写真とともに見ることができて、見ているだけで楽しさが伝わってきますよ。
http://www.takatsuki-intl-assn.or.jp/garelly_top01.html

サイトだけでなく、ブログもチェックしてみてください!スタッフのみなさんの楽しい写真と
記事が満載です!
http://tiablog.exblog.jp/ 

高槻のみなさんだけで楽しむのはもったいないので、紹介させていただきました!
これからもどんどん情報発信してくださいね!
(浅野)

Posted by Kansai NPO Alliance at 11:12 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
関西アメリカンセンター・レファレンス資料室からのおしらせ [2007年12月09日(Sun)]

関西アメリカンセンター・レファレンス資料室では、インターネット上で発信された大統領、政府高官のスピーチ、政府報告書、各種研究機関レポートなどの電子出版情報の中からなるべく新しいトピックを選び、そのサイトのアドレスやフルテキストをメールでお知らせする ”U.S. Information Alert” を提供しています。

質問、コメントなどは下記まで。
関西アメリカンセンター・レファレンス資料室
西部・西尾
e-mail: kacrs@state.gov
tel: 06-6315-5971
fax: 06-6315-5980
Posted by Kansai NPO Alliance at 16:13 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本国際飢餓対策機構 サイクロン被災者の緊急支援を開始 [2007年11月25日(Sun)]

日本国際飢餓対策機構は、15日深夜にバングラデシュ沿岸部を襲った大型サイクロン(熱帯低気圧)・シドルによって被災された方々への緊急支援を開始しました。


kigatai.doc

同機構によるプレスリリース


また、サイクロン被災者を救援するための募金も開始しています。
【募金の送り先】
郵便振替で00170-9-68590日本国際飢餓対策機構
記入欄に「バングラデシュ・サイクロン」と必ず明記とのこと。

【問い合わせ】
 日本国際飢餓対策機構・本部事務所:大阪府八尾市弓削町3-74-1 072-920-2225
 または緊急援助担当 清家090-3969-6605 又は広報 鶴浦 090-8524-8911
Posted by Kansai NPO Alliance at 17:58 | 会員の活動紹介 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ