CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« staff voice | Main | 会員の活動紹介»
【報告】パイク氏に会ってきました! [2009年05月26日(Tue)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

5月25日(月)に龍谷大学で開催予定であったタイズ財団会長パイク氏の講演会は
中止になったとお知らせしましたが、パイク氏を囲んだ懇親会だけは開催されました。

龍谷大学の関係者、それに大学の提携団体しか参加できなかったのですが、
法学部教授白石先生に無理を言って、参加をすることができましたびっくり
白石先生、ほんとうにありがとうございました笑顔バラ

パイクさんの資料には私が作ったNPO共同事務所施設のgoogle mapも挿入されていて、
びっくり。私たちが一緒にプロジェクトを進めているタイズのスタッフがパイク氏に「日本関連の資料」ということで渡してくれていたみたいです。

自分の手がける仕事でつながっていることが実感できたひとときでした。


【お知らせ】パイク氏講演会の中止 [2009年05月22日(Fri)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

残念なお知らせです困った

先日お知らせしました、タイズ財団会長パイク氏の講演会ですが、京都市での新型インフルエンザ発生に伴い、龍谷大学が休校になったため、講演会が中止になりました。

ちなみに、関西では他に5/26(火)に関西学院大学で開催される予定ですクローバー
詳しくは、関西学院大学のウェブサイトでご確認ください。

【お知らせ】タイズ財団 パイク会長講演会 [2009年05月16日(Sat)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

タイズ財団 会長・パイク氏の講演会が龍谷大学で開催されるそうですので
お知らせします笑顔


タイズ財団といえば、私たちのプロジェクトでは、タイズ財団のNPO共同事務所施設のネットワーク組織であるノンプロフィットセンターズ・ネットワークの全国大会に出席したり、タイズ財団チャイナ・ブロツキーさんなどを招聘してシンポジウムを開催したり、タイズ財団とのネットワークを築いてきています。

実は、先日お知らせしました「NPO共同事務所施設マップ」には、タイズ財団のNPO共同事務所施設である、ソーロー・センターも載せてあるんですよびっくり


(右の写真は、私たちのプロジェクトメンバーが、ノンプロフィットセンターズ・ネットワークの全国大会に出席した時の様子ですカメラ

なお、ブロツキーさんには、近日発行予定の報告書にも寄稿していただいていますので、こちらもお楽しみにびっくり

今回龍谷大学で開催される講演会には私も参加するつもりですが、ソーロー・センターのお話も聞けるかもしれないのでとっても楽しみですバニー

社会変革の先進的な団体であるタイズ財団の会長さんのお話を直接聞ける絶好の機会ですので、皆さんも是非ご参加くださいクローバー

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+-+-+-+

龍谷大学大学院 NPO・地方行政研究コース 特別公開シンポジウム
「NPOとともに社会変革に挑戦する米国タイズ財団」

日  時:2009年5月25日(月)18:00〜20:00
場  所:龍谷大学 深草キャンパス 3号館102教室
講  師:ドラモンド・パイク 氏 (タイズ財団 会長)

・コメンテーター並びに通訳:岡部一明 氏(愛知東邦大学教授)
・コーディネーター:白石克孝(龍谷大学教授)

*連携協定団体ならびに一般の方の参加をお待ちしています

主催:龍谷大学大学院 NPO・地方行政研究コース
後援:
財団法人淡海文化振興財団 淡海ネットワークセンター(依頼中)
一般財団法人 京都地域創造基金
特定非営利活動法人 大阪NPOセンター
特定非営利活動法人 大阪ボランティア協会
特定非営利活動法人 きょうとNPOセンター
特定非営利活動法人 コミュニティ・サポートセンター神戸
特定非営利活動法人 奈良NPOセンター
(以上50音順)

■ゲストプロフィール
ドラモント・パイク(Drummond Pike)氏
 アメリカのNPOインフラづくりの代表事例となっているタイズ財団及び
 タイズセンターの創設者であり、現在はタイズ財団の会長をつとめています。

タイズ財団
 タイズ財団は小口寄付者の資金を集めて大きな助成活動を行う代表的な
 コミュニティ財団です。先駆的、社会変革的な市民活動団体に絞って助成を
 行うことから社会変革財団、NPOベンチャーキャピタリストなどともいわれています。
 2008年には2500NPOに対し3700件、総額1億0800万ドル(約100億円)の
 助成を行いました。
 姉妹組織のタイズセンターは立ち上げ期の小さな市民団体のマネジメントを
 支援するNPOインキュベーターであり、小さな200ほどの小規模NPOを支援
 しています。
 タイズ財団はNPOのためのシェアスペース「ソーロー・センター」を独自に
 サンフランシスコに設け、社会変革と持続可能な社会実現のための拠点として
 活用しており、現在はNYにもソーロー・センターを設立しています。
 また、米市民運動の代表的なコンピューターネットワークとも長期的な連携関係を
 築き、コンピューターネットワークワークを使った様々な活動を全米的に展開してきました。
 オンライン寄付もそのひとつです。NPOインフラづくりに必要「カネ・マネジメント・
 場所・情報」を併せ持ったモデル的な助成財団(NPO)それがタイズ財団
 (タイズセンター)であり、その牽引者がドラモンド・パイク氏です。
 参照URL http://www.tides.org/index.php

<アクセス方法>
・地下鉄「京都」駅から竹田方面へ「くいな橋」駅下車、東へ徒歩約7分
・JR「京都」駅から奈良方面へ「稲荷」駅下車、南西へ徒歩8分
・京阪「四条」駅から淀屋橋方面へ「深草」駅下車西へ徒歩3分

<お問い合わせ先>             
龍谷大学大学院 NPO・地方行政研究コース事務局 藍澤
〒612−8577 京都市伏見区深草塚本町67
TEL:075−645−7891
aizawa@ad.ryukoku.ac.jp
【施設の紹介@】よこはま市民共同オフィス [2009年05月12日(Tue)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

”NPO共同事務所施設って何をやっているのはてな
”他の施設では、どんな取り組みをしているのはてな
”NPO共同事務所施設に入居したら、どんなメリットがあるのはてな

など、皆さんいろんな疑問を持っているのではないでしょうかはてな笑顔

そこで、調査を通して出会ったNPO共同事務所施設をこのブログで紹介していきたいと思います

その第一弾は、横浜市で誕生した民設民営のNPO共同事務所施設ですびっくり

■------------------------------------------------------------------

2009年4月に、「よこはま市民共同オフィス」が誕生しましたびっくり笑顔
おめでとうございま〜す拍手


横浜市市民活動共同オフィス*1の卒業団体が中心になって、2月末に共同事務所を設立する話が持ち上がり、3月末には不動産契約、電話工事、ネット接続をし、新事務所にお引越しをしたんだそうですロケット

よこはま市民活動共同オフィスは入居団体による「町内会」によって運営されていますが、町内会の代表の(特活)横浜移動サービス協議会の山野上さんは、

横浜市市民活動共同オフィスでの最後の1、2年に特に力を入れて取り組んだことが、新事務所設立への下地になった

とおっしゃっています

それは、
◆同じ屋根の下で過ごし、はなそう会*2やランチ交流で、非常によい関係ができていたこと

◆入居団体間でのコラボ企画などいくつかが実現され、異業種交流の成果を実感できたこと

◆それぞれの団体が活動が着実に活動を広げていて、自分たちの活動だけでなく、民営の共同オフィスを立ち上げることに意義を感じ、新しい事にチャレンジする力がついてきたこと

だそうです

横浜市役所、神奈川県庁、横浜地方法務局、ハローワーク、社会保険事務所に近くなったことで、人の来訪が増えたそうです。
立地って事務所選びの重要な条件ですよねカギ



ちなみに、新事務所設立後初めての懇親会には、横浜市市民活力推進局の担当者も出席されたとのことです。

自治体とNPOとの協働事業から、NPOの自立したプロジェクトが派生していくというモデルが施設事業でも可能だということを示す画期的な事例ではないでしょうか。
すべての協働事業がNPO単独の事業に移行すべきものでも、移行できるものでもないですが、いろいろな示唆を与えてくれるNPO共同事務所施設の誕生でした。



*1横浜市市民活動共同オフィスはいったん閉鎖され、2009年11月に新たな形で再開されます。詳細は、横浜市のウェブサイトをご覧下さい。

*2 入居団体同士や企業、行政との連携、交流、情報共有を目的に、毎回30-50名が集まる場。月に1回開催。
【関連ウェブサイト】 [2009年05月12日(Tue)]


「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

前回の「文献・資料紹介」に続いて、関連ウェブサイトをご紹介します。
どうぞご活用ください

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
家 NPO共同事務所施設強化プロジェクト
   事務局:(特活)関西国際交流団体協議会

家 横浜市市民活動共同オフィス

家 The NonprofitCenters Network

家 Tides Enterprise

家 Tides Shared Space

家 Nonprofit Center/Third Sector New England

家 The Under One Roof Project


【文献・資料】英語編 [2009年05月11日(Mon)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

コチラは、文献・資料紹介の英語編です。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+


本Nonprofits At Risk: The Space and Occupancy Crisis Facing San Francisco's Nonprofit Community
CompassPoint(2000/10)

本The Market for a San Francisco Nonprofit Multi-Tenant Project
CompassPoint(2001/8)

本New York Nonprofit Space Survey
TIDES/Shared Spaces(2007/9)

本Foundations Build Comminities with Shared Nonprofit Work Space
The NonprofitCenters Network(2008)

本The NonprofitCenters Network のパンフレット
The NonprofitCenters Network

本Concept Paper:A Multi-Tenant Center for Boston-area Nonprofits and Community Organizations(2002/5)
Third Sector New England

本Nonprofit Collaboration & Mergers: Finding the Right FitA Resource Guide for Nonprofits
United Way’s Collaboration Learning Project
Nonprofit Collaboration and Mergers Forum

本Collaboration: What Makes It Work. A Review of Research Literature on Factors Influencing Successful Collaboration
(2004/6)

本Collaborative Management and Co-Location of Fairfax County Nonprofits(2008)
Alan Abramson,Misty Hensley-McGaffey,C. Levina Kim,Jan-Michael Sacharko,Karen Wilson


【文献・資料】日本語編 [2009年05月11日(Mon)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

NPO共同事務所施設についてより詳しく知りたい方々のために、関連文献・資料を紹介していきたいと思います本

文献・資料の掲載を希望する方は、コチラまでご連絡下さいメールメールメール
 ⇒ mtnc●interpeople.or.jp (●を@に変えて下さい)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

本 『Share & Link 横浜市市民活動共同オフィス報告書
 協働実験ノート 2002-2004』

横浜市市民活動協働オフィス(2005)

本 NPO のオフィス実態調査集計
「NPO共同事務所整備によるコミュニティ活性化拠点づくり」

(特活)神戸まちづくり研究所(2005/2)

本 『私の大事な場所〜公共施設の市民運営を考える〜』
協働→まちづくり市民研究会 編(2006/3,(特活)市民活動情報センター・ハンズオン埼玉)

本  『はばたけ、NPO〜みなとNPOハウス活動報告書〜』
みなとNPOハウス入居者協議会(2007)

本 『NPO共同事務所施設の挑戦(仮題)』
NPO共同事務所施設強化プロジェクト
事務局:(特活)関西国際交流団体協議会(近日刊行)

【予告】報告書を出版します [2009年05月07日(Thu)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子

これまでの調査研究の成果を報告書にまとめました力こぶ笑顔

ただいま編集作業中です走る走る走る

国内外の著名な方々に、行政との協働、指定管理者制度、民設民営の施設の
運営に関する創意工夫などについて、それぞれの観点からご執筆いただきました

この報告書には各NPO共同事務所施設の紹介コーナー
(ダイレクトリー)も設けていますクローバー

市民カフェを併設している施設、民間の会社が設置運営している施設、歴史的
建造物を利用している施設など、いろんな施設があって、ほんとに興味深いです家

NPO共同事務所施設運営者の皆さまには、ダイレクトリー作成用に、施設を紹介する
文章を書いていただいたり家、施設の写真カメラをご提供いただいたりしました

お忙しい中、ご協力いただきほんとうにありがとうございました笑顔バラ

近日発行予定ですので、是非ご一読ください

◆報告書 「NPO共同事務所施設の挑戦(仮題)」 (近日発行予定)★

【執筆者】
<NPO共同事務所施設強化プロジェクト・メンバー>

(特活)せんだい・みやぎNPOセンター/仙台市市民活動サポートセンター
加藤哲夫

(特活)市民活動センター神戸/神戸元町NPOポート
実吉威

(特活)関西国際交流団体協議会/pia NPO
高羽淳一

(特活)市民フォーラム21・NPOセンター/NPOプラザなごや
藤岡喜美子

(社福)大阪ボランティア協会/大阪NPOプラザ
水谷綾

(特活)市民セクターよこはま
石井大一朗

(特活)宮崎文化本舗
石田達也

(特活)市民フォーラム21・NPOセンター
後房雄

富士市産業支援センター f-Biz センター長兼プロジェクトマネージャー 
小出宗昭

サード・セクター・ニュー・イングランド 事務局長、
ノンプロフィットセンターズ・ネットワーク 理事
スパック,ジョナサン

(特活)NPO事業サポートセンター 常務理事
田中尚輝

ノンプロフィットセンターズ・ネットワーク 事務局長、
タイズ・ネットワーク副代表理事
ブロツキー,チャイナ

(特活)せんだい・みやぎNPOセンター/仙台市市民活動サポートセンター
紅邑晶子

大阪大学大学院国際公共政策研究科、piaNPO選定委員
山内直人

(50音順)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
企業(CSR)、協働(コラボレーション・パートナーシップ)、NPO支援、
市民活動推進、中間支援組織、サポートセンター、インキュベーション、
遊休施設の有効利用、NPOの力量形成、ネットワーク、指定管理者、
公共サービス、地域振興(まちづくり)、社会起業家、コミュニティビジネス
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【公開しました】全国初☆NPO共同事務所施設マップ [2009年05月06日(Wed)]

「NPO共同事務所施設強化プロジェクト」事務局のやすかわです女の子
(関西国際交流団体協議会が事務局です)

「NPO共同事務所施設マップ」を作成し、インターネット上で公開しましたので
お知らせします桃太郎

なお、このマップはWEBボランティアのBLANCさんにご協力いただき制作しましたキラキラ

NPO共同事務所施設は全国で約90ヶ所もあるってご存知でしたかはてな

施設運営者など関係者の皆様にご協力いただいたり、インターネットで調べたり
47都道府県の関係部署に問合せたり・・・
で、これだけの施設があることがわかりました。

ご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございますクローバー

NPO共同事務所施設の基本情報と位置情報を結びつけ、施設運営者や市民への
情報提供やNPO支援の必要性の啓発に役立てていきたいと思っています力こぶ笑顔

現在「NPO共同事務所施設の一覧(ダイレクトリー)も作成中で、近日発行予定の
報告書に収録する予定です。

皆さまのご近所の施設を検索してみてくださいキラキラ

◆「NPO共同事務所施設」マップはコチラ



まだマップに載っていない施設をご存知でしたら、是非情報提供をお願いします笑顔

@施設名
A連絡先(住所、tel、eメールアドレス)
Bご担当者名
C情報提供者のお名前、御所属、連絡先

をご記入の上、下記までメールでお知らせください☆

◆受付アドレスはコチラ★
手紙 mtnc●interpeople.or.jp (●を@に変更してください)

ウサギNPO共同事務所施設とはウサギ
@複数のNPOに事務所として入居できる占有スペース(部屋、机、ブース)を
提供している施設

A単なる場所貸しではなく、共有サービスの提供や経営支援機能、入居団体間、
自治体などとの協働を促す機能が備わった施設
シンポジウム終了報告 [2007年12月13日(Thu)]

NPO共同事務所施設の可能性
-日米の実践事例から
-」を開催しました拍手拍手拍手

 ◆日時:2007年12月3日(月)14:00時〜17:00pm
 ◆場所:piaNPO 6階 大会議室
 
 
 NPOの活動拠点となるNPO共同事務所施設について、日本とアメリカ
 の実践者をお招きしてシンポジウムを開催しました。

 冒頭にアメリカのNPO共同事務所施設を紹介したDVDを上映しま
 した。さまざまなNPO共同事務所施設が紹介され、NPO共同事務所
 施設の必要性や役割が説明されました。



 スパック氏は自ら事務局長を務めるサード・セクター・ニュー・
 イングランド
の紹介を行い、事業内容の説明やマネジメントに関して
 お話していただきました。意思決定の過程を透明化することは
 説明責任を果たすために重要であること、日本にはないフィスカル・
 スポンサーシップ
という事業のお話など示唆に富む内容でした。

 ブロツキー氏には、ノンプロフィット・センターズ・ネットワークの経験
 に基づいて、NPO共同事務所施設の必要性、NPOとコミュニティ双方
 にとってのNPO共同事務所施設のメリット、設立にあたっての課題など
 をお話いただきました。不動産業者などの専門家の協力を得ている
 ことと、ミッション・ヴィジョンの重要性を強調していた点が印象的でした。



 加藤氏は、せんだい・みやぎNPOセンターが行なっているNPO活動
 基盤支援に関する取組みと仙台市市民活動サポートセンターでの
 経験を踏まえて、インキュベーション機能の可能性や戦略的な計画
 策定の重要性などをお話いただきました。

 藤岡氏は、民設民営の施設であるNPOプラザなごやの経験に即して
 自治体に依存していないからこそ可能である運営方法をお話いただき
 ました。また、同プラザは2008年3月に閉鎖予定ですが、民設民営
 であることの意義を社会に知ってもらえる機会だと捉えていると
 おっしゃり力強さを感じました。 
 
 ノンプロフィット・センターズ・ネットワークで施設運営者対象のワーク
 ショップを担当しているハンソン氏からは、ワークショップの内容に関し
 てご紹介をしていただきました。アメリカの施設ではインキュベーション
 の設置はまだ一般的ではないが、日本の施設では多く試みられている
 ことに驚いたとの感想をおっしゃっていました。
 


 多くの方々にご参加いただきありがとうございましたすいません
 
 日本とアメリカの先進的なアイディアを今後の活動に取り入れ、
 個々のNPOの活動基盤作り事業に役立てたいと思います電球
 
 
| 次へ