CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 助成・支援・イベント情報 | Main | 日米NPO共同事務所施設運営組織ネットワーク事業»
半年が過ぎ・・・ [2007年07月09日(Mon)]

 「新入職員」になりはや半年が過ぎました。走る
 この間、ジェットコースターのような日々走るを送りながらも、日々少しずつですが、仕事にも慣れてきています。

 さて、少し前のことになりますが、担当している帰国・渡日児童生徒学校生活サポート事業の関係で、6月23日(土)に松原市で開催された「大阪府在日外国人教育研究協議会第15回研究集会」に参加してきました。

 特に印象に残ったのが、特別分科会「多文化な高校生たちのワイワイトーク −自分のこと、学校のこと、社会のことを語り合おう−」でした。
 学生の頃は、長期休暇を利用し海外を旅したり、留学も経験し、色々な外国の人に出会う機会ありましたが、この分科会では、これまで出会った誰とも異なる「日本で生活する外国にルーツを持つ高校生たち」の本音を聞くことができ、非常に心動かされ、事務所に戻った次第です。

 この分科会で、ある高校生の発言に対し、「それはきっとまだ若いから・・・、もう少し時間がたつと分かるはず」というようなアドバイスがありました。これを聞きながら、成長し、時間がたつにつれて忘れていってしまうことの中に大切なことがあるのかもしれないな、フト気づき、それを自分の姿に重ね合わせました。

 「新入職員」になりはや半年が経ちましたが、「初心忘れるべからず」で頑張らねばと思ったとともに、現場に出て色んな人に出会い、学ぶことの重要性を再認識した日でした。

                                                 
クローバー長野友希
Posted by Kansai NPO Alliance at 20:23 | staff voice | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
気合いの研修 [2007年07月07日(Sat)]

こんにちは。研修続きの徳山です。

2007年7月6日ひと・まち・京都交流館にて
「基礎から、しっかりボランティアコーディネーション」に参加してきました。

こんなにも続けて、内容の濃い研修に行かせてもらえるなんて、
とっても幸せだなぁ、スタッフと団体にしっかり還元せねばっ!と強く思っております。

今回は5000円・一日中・京都ということで、かなり気合を入れて参加しました。

初めてのひと・まち交流館京都は開放的ですてきな建物でした。
フリースペースが受験生の溜まり場になっている落ち込み落ち込み落ち込みと施設担当者は嘆いておられましたが、
受験生も一市民。
場に来るだけでもれっきとした社会参加だ!
とpia NPOにもいっぱい人が来てほしい私はうらやましく思っていました。

すいかさて、午前中は日本ボランティアコーディネーター協会理事の妻鹿ふみ子氏の「ボランティアとコーディネーションの基本的枠組み・考え方を学ぶ」
という全体会でした。
・いろんな形態のボランティア例を一人一人分類していき、隣の人と見比べて見ることで、「ボランティア」の認識がそれぞれに違うことを知りました。
そして、妻鹿さんに教えられたのは、「ボランティア」の定義は受入れる団体個々で決めていい、それぞれに違う、ということでした。

・ボランティアは「お金ではない報酬を求めて活動している」ことを理解し、それぞれの人にあった報酬をいかに提供できるかがボランティアコーディネートであるということを学びました。

大学でも授業をされている妻鹿さんのお話は、大学で授業を聞いているような雰囲気で、ながらくそんな授業を受けていない私にはとても新鮮でした。
社会に出たからこそ、振り返って「概論」や定義について学ぶとぐんぐん身にしみ込んでいくのがわかります。

すいか午後はとっても楽しみにしていた西川正さんの分科会「管理・維持」する職員から「コーディネート」する職員へ」です。

会議室に入ってすぐ目に飛び込んできた西川さんのゆるいTシャツ、
耳に飛び込むbankbandの「TO U」。

入ってすぐ「あ、来てよかった」と思いました。
事前にスタッフから諭すように勧められた『私のだいじな場所?公共施設の市民運営を考える』を読んで挑んだ分科会。

西川さんのお話は一貫しておられました。

「公共施設」やる人と決める人の乖離。

苦情がでる

禁止する

つまらない困った困った困った困った困った困った困った困った困った

私の短い人生の中ですでに中の公共施設とはまさにこの状態のことを指していました。

でも公共・も施設も本来はそれを指してはいません。
「公共」は作るもの。それは関わる人次第、運営の過程次第であるということ。
だから、ハコはどこだっていいんだ!

要は管理者だけでなく、住民や周りの人間が「このハコをどうしたいか」を一緒に考えることなんですね。

pia NPOの運営を担当している私がpia NPOをどうしたいかというと
「じもとにヨシテもらいたい」んです。それだけなんです悲しい

そうやってみんなの素朴な気持ちを聞いていけばいいんですね。

じゃぁ、気持ちを聞く場が必要です。
ということで
西川さんのところの「おとうさんのヤキイモタイム」狙っています。

すいか西川さんのお話についてはこのレポートよりもぜひ本を読んでみて下さい。
とってもおもしろいですよ。

すいか「おもろい」にシビアな大阪人の私が言うんだから間違いありません!?


すいかこの研修会では京都をはじめ様々な場所で活動する方々に出会いました。
屋上のゲルのお話に興味を持ってくださった人、町家について教えてくださった人、人、ペンを貸してくださった人、お声をかけてくださった人・・・。みなさん本当にありがとうございました。おかげで大変充実した一日を過ごすことができました。
Posted by Kansai NPO Alliance at 13:56 | staff voice | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
【ほぐす】学会 [2007年06月24日(Sun)]

スタッフの徳山です。

先日6月23日に日本ボランティア学会に参加してきました。

キーワードは【ほぐす】。
鍛えほぐす、学びほぐす・・・???。
何のことかと話を聞いておりました。


スピーカーのみなさんは「人とのつながり・ネットワーク」で解決できることがたくさんあるということを口を揃えて言っておられました。

これが【鍛えほぐす】にあたるのかなと思いました。

個々が、個々の団体が確立してきた自立した活動を、振り返って、いろんなところと手をつないでみようと、ちょっとゆったりした気持ちになってみようとすることが大切だ、と。

「マイノリティを支援する団体同士が仲が悪いのはどうしてだ」という質問が会場からあった時に
「それはマイノリティの原点だからです。
均質化するのはマジョリティの性質です」という答えがとても印象的でした。

また、【学びほぐし】に関しては、大学などで得た知識がいかに現場で活用されるか、いかに乖離があるかを知ることで、現場も、大学側も歩み寄っていくことを指していると思いました。

「自分は専門家である必要はないんだ、専門家につなげる役割が大切なんだ」と気づいたと言っておられたスピーカーも、学びほぐされた感覚に近いものがあったんでしょうか。


今回は、釜ヶ崎の現場の方のお話をたくさん聞くことができて、個人的な興味関心もあることから、とても充実した時間をすごすことができました。

この学会に参加できなかった皆さんにもぜひ聞いてもらいたい言葉を以下に記します。

●『カマやん』の著者であるありむら潜さんの言葉
「住む、とはなにか。他者とのつながりがあって初めて【住まい】と呼ぶことができるのではないか」
「課題解決のためにあなたはどうした?アナタはどうする?

私は漫画を書き始めた。」

●町会復活させ、まちづくりを試みる西口さんの言葉
「釜ヶ崎は行政・政治が見捨ててきたまち。日本経済はこの労働者のおかげで成り立ってきた。この前提を抜きにして、まちづくりはできない。」
「子どもがいれば地域はおだやかになる。子どもが安心して暮らせるまちを作りたい」
Posted by Kansai NPO Alliance at 14:17 | staff voice | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NPOのPC・ネット活用状況の報告会に参加しました。 [2007年06月17日(Sun)]

6月16日(土)に、兵庫県のNPO情報通信技術支援ネットワーク「ひょうごんテック」主催による報告会とシンポジウム「何をしている?これからどうする?NPOとパソコン〜活用の現状とこれからの情報発信〜」に参加しました。

前半は、ひょうごんテックが神戸周辺のNPO約30団体を対象に実施したパソコンの活用状況の調査結果について、大橋和美さんから報告があり、後半は各団体からの関心が高い「情報発信」をテーマとしたシンポジウムでした。

調査結果からは、ハード・ソフト両面でITの使用度は高いものの、時間がない、スキルが足りないことから、ホームページなど情報発信においては効果的な活用ができていないといった共通の課題が見え、「情報発信をもっとしたいが実質的に困難である」状況があることがわかりました。ITの使用度の高さについては、調査の対象となっている団体が比較的IT活用の意識が高く、回答者がこうした業務の担当者であることから、NPO全体を考えた場合、現状はもう少し消極的なのではないかと感じました。

後半のシンポジウムではパネリストの小嶋新さん(しゃらく)、緒方和也さん(ひょうごんテック)らによる情報発信についての意見が出され、世代間による使用ツールの違いや、届けるべき情報によってツールを使い分ける必要性があること、ブログやSNSでの情報発信のメリットといった身近な話題から、オープンソース活用の可能性など将来的な話題まで充実した内容でした。

技術の進化にともなって、活動の形も変わらざるを得ない状況になっていることも指摘されていましたが、ポイントは、技術に振り回されて本来の活動の目的を見失わないためにも、常に最新のIT活用を知り、それをうまく利用していくこと、そして、こうしたIT活用の有効性と重要性の認識を団体内でより深めることではないかと思いました。

私は団体のWEBサイト運営、PC周りの環境整備を担当していますが、一人では解決できない問題が起きることがよくあります。独自に調べて問題を解決することも大事ですが、ひょうごんテックのメーリングリストによる支援や、今回の報告会で他の団体の状況を知る機会を得ることで問題解決につながることもあり、NPOの活動にはIT支援は欠かせないものだと思います。あらためてひょうごんテックのみなさんには感謝したいです。

<WEBサイト・広報担当:浅野>

Posted by Kansai NPO Alliance at 14:11 | staff voice | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)
観察日記 [2007年04月20日(Fri)]

はじめまして。
新入社員ではなく、「新入職員」の長野です。
3月に大学院を修了した新米職員です。

大学院で学んでいたことと実際の業務にはギャップも
あり、日々戸惑うことも多々あります・・・
そんな戸惑いをたのしみつつ、また、そんな戸惑いに
困惑しつつ・・・・・・

ただ思うことは、これからNGOという場で様々な人が
活躍できれば面白いなということです。
ということで、「新入職員」が過ごす予想不可能な
日々、その中で感じることをお伝えできればと思います。


                        長野




Posted by Kansai NPO Alliance at 19:04 | staff voice | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)