CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
メニュー
最新記事
最新コメント
くらしきパートナーシップ推進ひろば
倉敷市からの回答をいただきました♪ (04/03) 片山美可
市長とワイワイまち育て市民会議は8月30日です! (09/06)
世話人会のご報告(1/15)  [2018年01月15日(Mon)]
1月倉敷まちづくりネットワーク
世話人会のご報告

日 時:2018年1月15日(月) 19時〜21時
場 所:市民活動センター
出席者:山浦 藤澤 渡辺 丸口 片山

報告事項
議会運営委員長の三村さんと、
副議長の時尾さんにも来ていただき
意見交換しました。


○市民意見を反映させるための手段として、議会報告会の実施は難しいけれど、それに代わるものとして議会の各常任委員会が市民団体とのざっくばらんな懇談・意見交換を適宜、実施しているということでした。こうした活動について、市民へはあまり浸透していないと思うので、こうした機会があることをさらに積極的にアピールし、市民団体から、こうした懇談の申し込みが委員会にできるような仕組みがあれば市政や議会がより市民に開かれたものになるのではないか。
   → それぞれの委員会ごとの判断になるので、積極的に提案されては・・・ということでした

○18歳に選挙年齢が引き下げられて2年、若い世代への投票率低下や政治への関心の低さを改善する継続した取り組みが必要だと思うので、選挙管理委員会が実施している出前講座の内容を、議会が中心になって、中高生を対象にしたものに見直すようなワークショップを、中高生を交えて実施し、より効果的な手法を模索しては?

→ 議会の方でも中高生への働きかけについて、考えていかなければと思っているので、先進事例や、具体的な良い提案があればお願いします

○夏休みに、親子で本会議場や委員会室を見学し、議会の仕組みについて学んだりするプログラムを実施している自治体がいくつもある。小中学生への社会教育の場の提供として、倉敷市議会でもそうした機会を設けてはほしい。
  →具体的に現在実施している自治体の事例を参考に、倉敷市議会でも研究していきます。

○9月24日に倉敷市議会基本条例が採択されてちょうど5年(来年4月1日で施行5年)が経過します。こうした機会に、市民を交えた、倉敷市議会基本条例施行の成果の検証の場を設けてはどうか。

 → 節目の年でもあるので、議会でも何かしなければと考えています。

○ 市民から、議会に対する意見や、市政全般に関する提言のための制度(篠山市では、議会市民相談コーナーを設置して議員が相談に応じるといった制度があったり、川崎市では市議会ご意見箱といった制度があります。また、四日市市議会では、議会の議案をHPに掲載して、市民意見を募集するといった取り組みがされています。)
→ いろいろな取り組みがあると思います。倉敷のやり方を考えています。

このほか、議員としての日常活動について等、ざっくばらんな意見交換に時間を割き、参加者からは有意義な意見交換ができたとの感想が出ていました。

お忙しい中出席いただいたお二方、ありがとうございました。
ごく簡単にまとめています。


出席者の皆様、補足・修正個所などあればご指摘いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

2月の世話人会は2月5日(月)19:00〜
市民活動センターでの開催になります。
世話人の皆様、出席お願いします。
片山
Posted by うすいあきお at 11:11
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

倉敷まちづくりネットワークさんの画像
Google

Web全体
このブログの中
リンク集
https://blog.canpan.info/kmn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kmn/index2_0.xml
月別アーカイブ