CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
メニュー
最新記事
最新コメント
くらしきパートナーシップ推進ひろば
倉敷市からの回答をいただきました♪ (04/03) 片山美可
市長とワイワイまち育て市民会議は8月30日です! (09/06)
マニフェスト育て 市民意見交換会 [2011年04月19日(Tue)]
マニフェスト育て 市民意見交換会

4月19日(火) 倉敷市民会館 1階展示室 19時〜

先日、「市長マニフェスト育て」無事終了しました。
皆様、ご協力ありがとうございました。
20名ほどの方に集まって頂きました。
感謝感謝です。

マニフェスト育て 市民意見交換会の様子

マニフェストについての基調講演

当日は、林先生の「マニフェストの必要性」についてのお話、改めて
勉強になりました。やはり、こういった運動を地道に行っていかない
といけないなと思いましたが、48万人いる倉敷市民で、こういった
運動をやろうとする人が他にいないのは寂しい限りです。


詳しくは、



私にも会社とプライベートと他の市民活動もありますので、
今回が限界かと思います。かと言って、他の人に勧めるには
大変な労力のいる運動なので、バトンタッチも難しいですね。
同じ労力を他の人にさせるのは、気が引けます。
特に小さい市民団体では。あとは、組織のしっかりした
JCの後輩たちに期待するしかありません。

振り返ってみると、私の市民活動も、
2000年7月に倉敷JCに入会してからですから、
もう11年目に突入しています。
今までの私の市民活動の歴史を順にみていくと、

1.JCでまちづくり運動を初体験し、
  興味を持ち、まさにハマりました。

2.JCの単年度制に限界を感じ、継続した運動の
  必要性から、各npoとの協働や、npoのサポート、
  また、npoの設立、つまり、まちネットの設立に
  かかわりました。
  (npoとは市民活動団体やnpo法人のこと)

3.岡山npoセンターやまちネット、倉敷市民防災ネットワーク
  など、各npoでの活動に力を入れ、またJCでも継続して
  運動を行ってきましたが、市民活動の限界を感じました。
  つまり、仕事をしながらの両立の厳しさです。
  仕事を朝から晩までやり、その後、市民活動。
  その合間にプライベート。そんな感じです。
  そんな生活はそのうち限界がきます。

4.地道な市民活動の重要性は変わりませんが、
  それには限界があり、やはり、本来やるべき人が
  きちんとやらないといけないと感じました。
  その本来やるべき人とは、政治家であり、行政です。
  そして、特に重要なのは、
  行政をリードする市長であり、行政を監視する議会です。
  つまり、政治家です。
  両者とも市民に選ばれた政治家なんです。
  彼らがしっかりしてないから、市民活動などを
  私たち市民が行って、その不足を補わなければ
  ならなくなっているのです。

5.政治家が本来やるべき役割を担わないので、
  それを補うため多くの市民活動が行われてきました。
  それを是正するため、政治家のレベルを上げるための運動、
  政治家の襟を正すための運動、
  つまり「公開討論会」や「マニフェスト推進運動」を
  近年は行ってきました。
  既存の政治家が変わること、変われることを信じて・・・。

6.しかし、既存の政治家は変わりませんね。
  今の市長や多くの市会議員を見て思います。
  でも、そんな政治家が当選してしまう世の中です。
  そして、政治家を変える運動「公開討論会」や
  「マニフェスト推進運動」も、多くの市民が政治に
  興味がなければ効果は生まれず、
  政治家への影響力も少なくなってしまいます。
  しかし、市民も生活で精一杯です。
  政治に興味を持てといっても、
  そんな余裕はないかもしれません。

7.で、出てきたのが、名古屋や大阪の地域政党です。
  既存の政治家・政党に嫌気がさした政治家が
  立ち上がった訳です。
  彼らにもまだまだ不備はあります。
  しかし、彼らが立ち上がった気持ちはよくわかります。
  それは既存の政治家に期待ができないという現実を目の
  当たりにしたから、肌で感じたから、彼らは動いたんです。
  これからは、既存の政治家を変える運動ではなく、
  新しい政治家を作り出すしか道はないと最近思います。
  残念ながら・・・。変わってほしいけども、彼らは変わらない。

  ありきたりの改革ではなく、革命でないと、
  今の政治の闇は拭い去れそうにありません。
  忘れ去られているかもしれませんが、
  中東のジャスミン革命は終わっていません。
  現在も活発に動いています。
  
  日本も変わらなければならない時期に
  きているのではないでしょうか?
  日本の政治も、今、目覚めなければ、
  いつ目覚めるのでしょうか?
  誰かがやらなければならない。
  誰かがこの倉敷でも立ち上がらなければならない。
  倉敷にも新しい地域政党を立ち上げる運動をこれからは
  しなければならないのかもしれません。
  そう感じさせる、今回の「マニフェスト育て」でした。

丸口
Posted by うすいあきお at 15:37
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kmn/archive/164
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

倉敷まちづくりネットワークさんの画像
Google

Web全体
このブログの中
リンク集
https://blog.canpan.info/kmn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kmn/index2_0.xml
月別アーカイブ