CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
メニュー
最新記事
最新コメント
くらしきパートナーシップ推進ひろば
倉敷市からの回答をいただきました♪ (04/03) 片山美可
市長とワイワイまち育て市民会議は8月30日です! (09/06)
出前講座:「指定管理者制度について」 [2005年03月10日(Thu)]
日時:3月10日(木)19:00〜
場所:くらしき保健福祉プラザ 301号室

出前講座
「指定管理者制度について」
行財政改革推進室より職員3名が講師で指定管理者制度について学習します



倉敷市の行革推進室の指定管理者関連HP

各地の新聞のニュースから(指定管理者制度関連)

指定管理者制度の問題点:視点はいくつもあっていい

たとえば基幹公民館などは人件費だけでも年間に1億円近くはかかっているだろうし、維持費となれば数千万円かかっているわけで、これを市民が管理委託すれば、かなり安い費用で管理運営できるはずで、今まで以上に活性化できるだろうし公民館の利活用の範囲が広がるはずだ。地域の安心安全などを本気で考えるなら、市民が夜中も出入りできるような施設が開いているということになれば地域の防犯にも役立つかもしれない。
志のある市民が施設を管理し利活用すれば、今までとは違う地域の活動も生まれる可能性は大いにある。

ただし、まだまだ市民が管理運営をするには組織や人材の蓄積やネットワークなどが未成熟だ。そのための行政の支援が今求められる。指定管理者の事務的なしくみだけが動いていくことに歯がゆい思いを持っている市民も多いはず。
この指定管理者制度を生きた制度にするために行政サイドの創造力が問われている事も忘れてはいけない。
Posted by うすいあきお at 16:06
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kmn/archive/125
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

倉敷まちづくりネットワークさんの画像
Google

Web全体
このブログの中
リンク集
https://blog.canpan.info/kmn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kmn/index2_0.xml
月別アーカイブ