CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
メニュー
最新記事
最新コメント
くらしきパートナーシップ推進ひろば
倉敷市からの回答をいただきました♪ (04/03) 片山美可
市長とワイワイまち育て市民会議は8月30日です! (09/06)
世話人会の報告(3/17) [2003年03月17日(Mon)]
3月17日(月) 平成14年度
世話人例会が開催されました。

場所:スタジオ ウノ
日時:3月17日(月)19:00〜
出席者:13名参加

●収支報告書・事業報告書(平成14年度)について・・・
3月31日締めで4月19日(土)の総会にかけます



世話人会で使用させていただいているスタジオウノの使用料を来年度から支払うことになりました。

総務委員会傍聴報告(中村氏)東大橋家について、運営主体がまだ決まっていない上、内容もこれで人が呼べるのか?との議員からの指摘があり資料を回収しようとする場面もあったそうです。委員会で意見を聞いたら反発があったので考え直す余地ができた、ということでしょうか。

この決定の流れの中に市民が不在ということ にはかわりがなく、みんなで話し合う場をつくってくれと市に提案し市民を盛り上げていくのがネットの役割かなということになりました。

最後までつめて話をすすめていけば理屈ではなくお互いわかっていって決めることができるし、何度もやっていくとコンセンサスはできていくものだというところで要望書を出そうという話になりました。

1.市に対して市民公開で説明をして市民の声を聞く場をもうけてほしいこと (なぜ急ぐのか、だれが急げといっているのか、市民が早く決めて欲しいとは言って いない)

2.ネットワークに講師として担当の方に来ていただいて話をしてもらいたい

3.東大橋家検討委員会などを設置し市民公募200名とかで条例作りをやっていくこと

以上3点を盛り込んで市へネットとして要望をしていこうという方向を打ち出しまし た。


白壁塾(倉敷まちづくり人財塾)について
大きな構想はありますが、まずできることからということで。
市のほうでもまちづくり関連のリーダー研修の案があるようなのでそれにのりながらワークショップのようなことをしたり、アンケートをとったりして、成果として今後グループ活動に結びついたり、各人が団体に持って帰って活かせるものになるようにしていきたい。

その中に東大橋家関連やまちづくり条例づくりの勉強も組み込みながらネットとしての成果も出せたらいいなということです。(月1ペースかな)

ネットに声がかかっています

観光協会から10月18.19日のびょうぶまつりに倉敷川沿いにキャンドルを灯すのですがそのキャンドルのお手伝いが欲しいということです。協力できる方手を挙げて!

GREEN DAY 2003実行委員会から、4月29日芸文館で行われる 「高梁川流域の森と水と暮らしを考える日 GREEN DAY」に人手が欲しいということ です。参加もしていただきたいのですがテントの設営等お手伝いいただけるとうれし いです。

こらからのまちづくりにとても必要なキーパーソン的な存在 協働コーディネーター・・市民・行政の間をとってまちづくりをやっていける人。

中立な立場でまとめてくれる人。

ファシリテーターやコンサルティング、コーディネーター・・

そういった役割を担える方がこれからは必要な気がします。また、そういう方をよんでお話をうかがったり、勉強できたらいいなと思います。
Posted by うすいあきお at 16:52
この記事のURL
https://blog.canpan.info/kmn/archive/105
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
プロフィール

倉敷まちづくりネットワークさんの画像
Google

Web全体
このブログの中
リンク集
https://blog.canpan.info/kmn/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kmn/index2_0.xml
月別アーカイブ