CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
銀河の6等星
自立支援協議会サブ協終了。 (02/19) 涼風
柚の木30周年記念 (02/14) 柚の木福祉会30周年委員会
柚の木30周年記念 (02/13) 涼風
抽選!行ってきました。 (08/08) 三浦春馬
抽選!行ってきました。 (08/08) 天天素
おでかけ (07/27) Windows プロダクトキー
おでかけ (07/27) 天天素
愛うこん (07/27) Windows プロダクトキー
愛うこん (07/27) 涼風
日本財団からの監査終了 (04/18)
今年の大傑作! [2021年02月26日(Fri)]
DSC_0210 (3).JPG
【(カテゴリなし)の最新記事】
Posted by サポートランド at 15:00
たまねぎ [2021年02月26日(Fri)]
DSC_0230.JPG

10月に植えた、「早生の玉ねぎ」が育ってきた。
もうちょっとすると、玉ねぎが成長して膨らんでくる。
楽しみだなあ・・・

2月初旬にはジャガイモを植えた。
黒マルチを張って、芽が出てくるのを待つ。
一雨ごとに春になってきた。
Posted by サポートランド at 14:46
工賃ゼロ [2020年06月12日(Fri)]
DSC_1662 (3).JPG
工賃ゼロ

新型コロナの影響で
各種のイベントやバザーが中止。
それも、夏も秋も冬も…今年いっぱい見通しが立たない。
」「毎月の「工賃」の支払いは
あくまでも事業費の余剰金から支払うように」と
福岡市からの返答だった。
「余剰金どころか売上がないのだから」・・・
工賃は支払えない。
でも、毎日の活動の中で、いつもと変わらずに
頑張って作業をしておられる方にとって
そういうことで納得できるはずもない。

「物販をしましょう」「寄付をお願いしましょう」
とりあえず、提案を話し合う。
今後の見通しのない中、何をどうすべきか
考えながら、走るしかないなあ。
生産活動ですら、この状況である。
就労系の事業所は大変だろうなあ。


Posted by サポートランド at 15:06
畑の様子 [2020年06月02日(Tue)]
DSC_1674 (1).JPG

わくわくランドが借りている畑に夏野菜が育っています。
ミニトマトや里芋、
なす・きゅうり・すいか・かぼちゃが育っています。

広く植えたのは さつまいも
紅はるかと 安納芋。

もう少し多めに植えてもいいなあ。

秋になったら 「芋ほり」ができますね。






DSC_1675 (1).JPG
Posted by サポートランド at 10:57
連休が明けた [2020年05月07日(Thu)]
DSC_1658.JPG
小麦色の風が渡る・・・
連休が明けて、元気な声が帰ってきた。

「退屈やった・・・」「暇だった・・・」
「みんなに会えてうれしい・・・」

自粛の続く日々は、確かにみんなにストレスを与えていた。
しかないもんね〜
コロナ怖いもんね〜

自粛の意味も要請もわかるし、そうすべきだということも分かる。
でも、外の風の気持ちよさや、人と関わる楽しさは理屈だけでは
片づけられない。
今日の朝イチの活動は、散歩・・・。
うんうん、わかるよ。外に行きたいって気持ち。
帰ったら、きちんと手洗いで感染予防。

今日は15時から、コロナ対策の管理者検討会議。
今後の感染予防策や、体制の維持・強化について
そして、時期を見据えた規制解除について
それぞれの事業所の管理者の意見を出し、法人として
どうしていくか、決めていく会議。
利用者の皆さん、ご家族の皆さんの不安を解消し、
安心を紡ぐために、私たちが行うことを考えよう。
Posted by サポートランド at 10:48
風薫る五月 [2020年05月01日(Fri)]
DSC_1647 (1).JPG

可憐なネモフィラがきれいに咲いています。
ハートのネモフィラが三つ、並んでいます。
LOVE LOVE LOVE という意味かな?

福岡市西区にある「今津運動公園」の広い広い芝生に咲いています。
五月の蒼い風が渡っていきます。

新型コロナ対策で、駐車場は閉じられ、アスレチックや子どもの遊具には
立ち入り禁止の黄色いテープが巻かれています。
そのテープを揺らすのも、五月の風なんだなあ。

福岡市では昨日現在で361例目の感染者が確認されている。
医療従事者が感染し、その家族が会社で拡大させたり…ということも
あるようだ。見えないからね…怖いですね。
頑張っているはずの医療従事者を差別するようなことがないように。
こんな状況でも社会のために働く人がいるんですよね。

介護の現場もマンパワー。テレワークも有休も非現実的。
利用者の皆様にお困りのないよう、細々と継続している状況です。
金曜日の12時からの「拍手」の取り組みもいいと思うが、
それよりも何よりも、マスクや防護服、フェイスシールド、消毒液などの
なくては困るものがきちんと医療現場に供給されてほしい。
今朝、近くのお店でマスクを売っていた。山積みでひと箱3980円。
こんなに高かったっけ?
買っていいものか、これこそ医療現場に行くべきものなのか?
そう考えながら買えずに戻りました。
Posted by サポートランド at 12:45
新型コロナ [2020年04月24日(Fri)]
DSC_1651 (1).JPG

【利用自粛】
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、福岡市より
規模を縮小しての運営が各事業所に求められました。
わくわくランドでは、一日の利用人数の縮小にご協力をお願いしながら
利用時間を短縮して、土曜日を閉所にして細々と事業を継続しています。
スタッフにも、行動に十分気を付けてプライベートな時間を過ごすよう
重ねて重ねて注意を行っているところです。

感染の拡大を防ぐためには、人と人との接触を8割削減するように
推奨されています。
利用者の皆様には、ご家庭での支援が大変なので生活介護等を
利用されています。一日に20人を超える感染が連日続いているため
身近に感染の危機が近付いてくるようにも感じます。
買いだめはしない、でも3日おきくらいの買い物で…
牛乳を一人にコップ一杯多めに消費してほしい…
観光には行けないけれど、観光地のダメージをお取り寄せで
救ってほしい…等々。安全面と経済面のしのぎあい。
先きの見えない不安が続き、本当に死活問題になってきています。

今は我慢の時です。
ゴールデンウイークまでに大きな変化はないかもしれませんが
今、我慢をすることが、収束を早めていく結果につながるのでは
ないかと信じながら、ご利用者様、ご家族の皆様にご理解ご協力を
お願いしているところです。

福岡の空はいつもと同じ美しい空です。
海もキラキラと輝いています。
きっといつもと同じ日常が帰ってきますよね。
Posted by サポートランド at 09:44
2020 春 [2020年04月10日(Fri)]
viewer.htmviewer.htmviewer.htm4a9c1a0bdb6714d45ec5a0873d8da51c_l.jpg

新型コロナ対策として法人の検討会議を行いました。
各事業所ごとにいろいろな課題を出して、感染拡大防止をし、どこまで、いつもと同じ支援を継続していくことができるだろうかと、各管理者は悩んでいました。
国の非常事態宣言発令・・・こんな事は初めてなので、どこも混乱しています。
サービスを全部ストップさせてしまえば安心なのかもしれませんが、障害のある方、高齢の方、児童生徒の皆さんには、やはり、生活の支援が必要です。これが止まってしまえば、生活が成り立たなくなります。

最新の注意をし、事業を継続。コロナの感染者が出た時点で、行政、保健所の指示に従い閉所。
それしかないのではないか…しかし不安。
体の弱い方々の命を守るために、不特定多数の方を受け入れる「日中一時支援」は受け入れを考えよう。外出支援については3密を避ける外出を提案。もしくは居宅での支援に振り替えさせていただく。

いろいろな意見が出て、法人としてのまとめができ、ご利用者の皆様へお知らせすることができました。本当に今は我慢の時です。

桜が咲き、自然はこんなに美しくあるのに…
Posted by サポートランド at 10:23
糸島の海光る [2018年11月01日(Thu)]
1540072713092.jpg

ほのぼのルームは特別支援学校の放課後等の支援事業を行っています。
先週の土曜日、糸島の二見が浦までドライブに行きました。
糸島の海はとてもきれいで、銀色に光っていました。
芋掘りをして、今日はちょっと詰め込みすぎた感が・・・(笑)
にこにこ…みんな元気だあ(*^_^*)
Posted by サポートランド at 15:14
しいのみ学園40周年記念式典 [2017年12月21日(Thu)]
平成29年12月16日9:30〜福岡市のしいのみ学園の40周年記念式典に行ってきました。

創立からの長い年月、昇地三郎先生と奥様が、私財を投げ出して作られた障害児のための専門の学校は、24年後には児童施設に形を変え、それから40年・・・。すごい実践の成果だと感動しました。昇地先生の「しいのみ学園」「小さきは小さきままに」「親心・子心」は私が何度も繰り返し読んだ本です。
人間の深いところに流れる「慈愛の精神」が、今も、若い先生お一人お一人に受け継がれ、愛のある教育・支援がなされている事に安心と希望を感じました。
まだまだ、成長していく子どもたち、自分らしく自分のよさを、強味を、個性を発揮して元気に過ごしてほしいなあと、帰り道の空を見上げました。

改めて考える機会をいただき、心から感謝します。「しいのみ学園」の皆さん、ありがとうございました。
Posted by サポートランド at 11:01
| 次へ
プロフィール

サポートランドさんの画像
サポートランド
プロフィール
ブログ
リンク集
https://blog.canpan.info/kmkoyanagi/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kmkoyanagi/index2_0.xml