CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 京都子育てネットワーク   !!情報発信部!!

子育て中のみなさんも、そうでないみなさんも、一緒になって育ちあいましょう!



相談相手は誰? [2010年09月10日(Fri)]
 相談相手はやっぱり嫁さんです。なんでも聞きます。
その嫁さんはというと、子育てサークルや幼稚園での
つきあいなどから『うまいこと子育ての友人関係を
作ってるなぁ』と思って、感心しています。うまいこと
いっているのは多分、嫁さんの顔がまるいのが影響
していると思っています(笑)。

 周作ボンと優子リンを抱いて肩パンパンにはってる
けど頑張ってね!時々肩もむし!

 2年間日記をつけてきて、本当に楽しかった!
何を書こうか思い浮かばなくて、パソコンの前に座るのが
面倒に感じることもありましたが、毎回日記ができあがる
と達成感がありました。

 それと、自分の家族の成長を再発見できたこと
(たくさんの気づきがありました)は宝物です。

 子育て日記「相談相手は誰?」
 パナ男一家(パパの日記)

     通信No.76 より抜粋
うちの芸術家たち [2010年01月08日(Fri)]
なんと嬉しいことに、我が家には芸術家が2人もいる。
そう、私とたく以外の2人である。

だんなは小さい頃から手先が器用で、細かい作業をはじめ絵が得意だ。
絵は何度か賞を貰っている。
その結果高校卒業後、撮影所で建具として働いている。

そして期待の星、かず。
頭の中でイメージが浮かぶのかわからないが、ブロックや積み木で誰もが驚くような作品を造りあげる。(自閉症の特性?)
しかもかずの描く絵の色使いは学校の先生曰く「かず君の心の温かさが表れてる絵です」らしい♪
現にかずが使っている色鉛筆は暖色系が恐ろしく早く無くなるが、こんな嬉しい事はない。
これは大人になっても持ち続けて欲しいので、才能として決して壊さず時間をかけて開花させていきたい。

・・・たくよ、是非かず師匠に弟子入りして今から頑張れ!
色の好みが真逆なのをいかして、将来兄弟コンビで何か作品を作ってくれ。
きっと素晴らしい作品になるぞ!
と、勝手な想像をして楽しんでる私である。

          2007年9.10月号 No.62より
うれしかったよ!こんな親切 [2009年12月30日(Wed)]
地元の金沢で親友の結婚式があった。新生児の娘を連れ、大きな荷物を持っての移動にちょっと不安を感じつつも、まぁ何とかなるかと習いたてのスリング1本をかばんに入れ、ウキウキと出かけた。

駅について切符を買うために、娘をスリングに入れて〜って、首の据わらない子を抱っこしながらどうやって装着すんねん!・・・と、モタモタしている私の所へ一人のおばちゃんがやってきて、「かわいいな〜抱っこしててあげるわ。最近はなんや、この布1枚で・・・(略)」と電車を1本見送るくらい話をしながら手伝ってくれた。

次はベビー代のあるトイレに向かうが、女子トイレは大混雑。「はぁー」とため息の出た私に、これまたおばちゃんが3人!「こっちのトイレか?はい、通してやー。荷物持ったるわ。ほれ戸開けといたで。」と、最強の護衛をしてくれた。

電車に乗ると、通路を挟んで隣にいた観光中のご夫婦が「お一人で?大変ね。お手洗いなんか行く時、遠慮なく預けて行ってね。」と声をかけてくれた。おまけに、金沢駅ではご主人が荷物を運んでくれた。

「ありがとう」という言葉と笑顔を連発した素敵な一日だった。

上の双子を育てている時は、なんて社会は冷たいんだろうと感じていたが、必死すぎた私の形相が恐かっただけなのかも(笑)

今は助けられてばかりだが、いつか私もおせっかいおばちゃんになろうと思う。
この場を借りて、おばちゃんたち、ありがとう!!

      2007年1.2月号 NO,58より