CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«インターンシップを終えて | Main | 事業責任者会議、報告。»
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
【冒険遊び場たごっこパーク】 [2011年04月10日(Sun)]

先月、子どもたちの生き生きと遊ぶ環境づくり、
大人も子どもも居場所づくりの活動をされている
『NPO法人ゆめ・まち・ねっと』のたっちゃんと相棒のみっきーにお会いしました。

元県庁の星=渡部達也さんの全身から溢れるパワー、
それを優しく包むようにマザーテレサを敬愛する美樹さん。

「子どもは遊びを通して成長していく」
「子どもたちの遊び場を作ることは、まちづくりそのもの」

思いのあふれる言葉とダイナミックな創意工夫。
行政マンだっただけに、行政との付き合い方や資金の生み出し方まで、
様々なお話を聞かせていただき、2時間があっという間に過ぎていきました。

お二人との出会いの中で、
私の中に確信した思いがあります。。。

子どもと付き合うって、本気の本気。
大人を装っていたらアカンのよ。
それこそ、人間性で勝負。
子どもの目は節穴じゃない。
大人たちに自分自身の生き方を見られてるんだよって言いたい。

私の言葉では語りつくせないので
『NPO 法人ゆめ・まち・ねっとさん』のHPをご紹介します。

http://www.h6.dion.ne.jp/~playpark/

是非、ご覧になってください。

私はたっちゃんとみっきーに出逢えたことで、元気をもらえました。
もう少し頑張れそうです。
ところで、『ゆめ・まち・ねっと』さんの所在地である富士市は私の故郷でもあります。
自慢できるものがまた一つ増えてうれしい!!

日本では、現在190を超える団体が冒険遊び場(プレーパーク)活動に取り組んでいます。
特定非営利活動法人日本冒険遊び場づくり協会のHPはこちら

http://www.ipa-japan.org/asobiba/


東日本大震災で被災した子どもたちの心を癒すため、遊び場づくりに動き出しています。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント