CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2022年02月 | Main | 2022年04月»
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
180_100.jpg 「助けあいジャパン いまできること」
福島県沖地震について [2022年03月19日(Sat)]
16日夜におきた福島県沖地震で宮城・福島で震度6強の地震で亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます、被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

Untitled
昨年2月13日の福島県沖地震の被害に続いての地震です。言葉に出たことではないですがココロがおれてしまうような地震だったのではないかまた?地震?となってしまうのではないかと感じます。風組が毎年お邪魔している宮城県山元町普門寺さんのFacebookに被害の内容がのっています。他に山元町震災復興 土曜日の会みんなのとしょかん山元で確認できると思います。
Untitled

(よ)がなぜ山元町に通うのかひきつけられるのかメディアのとりあげかたが中越地震の小千谷に似ているように感じるからです。どうしてもインパクトがあるところにいくからです、ボランティアもそうです。中越地震の直後から取り上げられるのは山古志メイン。地震があった10.23には何年たっても山古志がメインになっています。地震以外でも豪雪など山続きでも小千谷東山地区(塩谷など)は取り上げられることはありません。取り残されるとまではいかないだろうけどもっと報道してもいいんじゃないかなって感じるからです。

今年の3.11では山元町震災復興 土曜日の会の方と震災を知らない世代にどう伝えるか伝えていくのかが難しいねと話したばかりでした。

1日も早い復旧を願います。
3.11を山元で2022 [2022年03月15日(Tue)]
今年3.11も宮城県山元町ですごすことができました。COVID-19に注意しながらの訪問でした。

Untitled

新しい道路ができてるって通ってみたらすり鉢状態で行き止まりだったり、以前より伝えていたかさ上げ道路の工事がこれから始まる山元町でも、18件の住宅が海側の堤防とかさ上げ道路の間に取り残された形になっているこの38号線かな?もできあがっていましたが問題解決にはほど遠いように感じました。がれきの片づけ工事もいまだ終わらず、旧常磐線も新道路になるようで工事中、住んでる人もわからないというくらい日々かわる通行止めやう回路の看板だらけでした。

Untitled

2:46分に黙とうしてからの法要に参加して

夕方にはみんなの図書館で法要と

Untitled

お祓いに参加させていただきました

Untitled

法要までのあいだにパン屋さんになるよていのとこに試食にうかがったり、ハーブ園などを見学にいってきました。これからも伺う楽しみが増えましたよ!

1日も早い復旧復興(できるなら住民の意にそった形で)を願います。亡くなられた方のご冥福を祈ります。そして行方不明の方がご家族のもとへ戻れることを祈ります。

今年も受け入れてくれた山元町の皆さんありがとうございました。