CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
www.flickr.com
最新記事
最新コメント
よーこ。
排雪作業 (02/02) ちびすけ
排雪作業 (01/24) ちびすけ
冬本番 (01/11) よーこ。
暖かい心をいただきました (03/20) awa
暖かい心をいただきました (03/20) たんぽぽ
名取市の被害状況 (03/12) 栗駒・すがわら
東福島駅付近 (03/11) ちびすけ
毎日が白一色 (02/01) スコット
ビッグちゃん (12/20) めーぼくや
青空 (12/10)
180_100.jpg 「助けあいジャパン いまできること」
大塚小千谷市長と風組 [2020年03月05日(Thu)]
令和元年東日本台風でも長野に行くとつたえたところすぐに消防署に連絡していただき土嚢袋を持たせてもらいました。
Untitled
それは中越地震以後の被災地にはいつでも持たせてもらえてました。
東日本大震災では町内の防災倉庫にあるものまでお預かりして現地に届けることができました。
静岡小山町、北陸地方豪雨水害、北秋田水害、常総水害など水害現場から地震の現場まで中越沖地震以降の現場では必ず土嚢袋をあずかることができました。行く前に一言お伝えしてからなんですが、電話1本で段取りを整えてもらえました。
現場だけではなく楽集館駐車場にある記念碑設置の話もダァさんがうまく話を伝えてくれて実現したことでです。
災害はないほうがいけれど、頼もしい市長さんです!

(よ)
長野の様子 [2020年02月29日(Sat)]
DRT長野の会場そばにあった、長沼地域交流ハウス
Untitled
とてもかわいい建物でしたが、決壊現場が近くてなかなかこれないという方もいるとか最近ようやく使用する人が増えたそうです。新型コロナ肺炎でまた使用する方が減るかもしれませんが決壊現場が見えるところではなかなか落ち着かないですよね。

Untitled
あの日のままのような状況の小布施町
樹の幹のまわりに藁をまいて凍結防止し畑の泥を撤去できないので耕うんかく拌し呼吸できるように応急処置をしていましたが30センチの泥はとりようがなく今後がどうなるか。
Untitled
手つかずの場所も多くありました。春になれば先に進めるのだろうか

(よ)
DRT長野へ [2020年02月29日(Sat)]
DRT当該県内の消防士を優先に行わせていただきます。長野市:2020年2月27日

07年07月におこなわれたDRT2007
あれから13年「やっとここまでこれた」のヒトコトに感慨深く日々の努力が必要だと思いながら参加してきました。
雪が降る中体育館の中で
Untitled
熱心に学ぶ消防士さんたち
Untitled
今年1番の冷え込みの中でしたが
Untitled
午後からは晴れて外での重機練習もできました
Untitled

今後も続いていくといいなぁ (よ)
防災ワークショップに出席しましたin楽集館 [2020年02月11日(Tue)]
中越大震災15周年事業令和元年度防災ワークショップに出席してきました。
Untitled
日本防災士会新潟県支部の方の講話、講習で進められていく内容でした、休日と平日の2日間で平日の参加者方が多いと聞き、企業向けの内容だったのかなと気づき、あー手元にある資料をもっていくべきだったと海より深く反省しました。もう少し詳細を調べていくべきでした。

阪神淡路大震災がボランティア元年といわれ、東日本大震災がBCP元年といわれていくつも講習会に参加し講師側にもいたのになんてこと!
Disaster Relief Training 2014 in KOMAE 
大規模災害に備えるための災害ボランティア講習会【DRT2014東京狛江】
Untitled
この時に日本財団の方から災害時支援における外部との連携企業団体の災害支援の手引きにそって話も聞いていたのにいかすことができなかった。
Untitled
制度と風土、現場情報と経営情報、協同の前に共同作業などのキーワードにそってヒト、カネ、モノといった組織の資源を災害が起きた時に実行できるか効果的に引き出せるのか実際に地震を体験している地元の粗点でとらえることができたのに!残念でした。

最後のあいさつで危機管理課課長さんが楽集館ロビーに風組の活動写真が展示してあるのを紹介してくれたのですが、防災士の方は小千谷に災害ボランティア団体があるということをご存じなかったようでした・・・まだまだ活動が足りないようです
そして、(よ)も防災士を持っているのですがそれもご存じなかったようでした・・
クレープハウス果実の星野屋さん [2020年01月29日(Wed)]
クレープハウス果実の星野屋さんに置かせていただいた募金箱がいっぱいになったので頂戴して新しい募金箱を置かせていただきました。
星野屋物語を見ていただければわかりますが能登半島地震の門前町でたい焼きを
IMG_0354
中越沖地震でトライネットさんの前でクレープを炊き出ししています。
後方支援としては四川地震の募金箱や東北地震など様々な災害の時にボランティア活動募金箱を置かせていただいています。
無題
募金箱を交換したあとは
Untitled
抹茶セット、お子様ランチハンバーグ、たこ焼きスープを堪能しました、いつもおいしいんですよ!
Untitled
寒い冬にたこ焼きスープはオススメです。
小千谷市民学習センター楽集館の写真追加 [2020年01月18日(Sat)]
活動写真を展示させていただいている小千谷市民学習センター楽集館で来月9.10日に防災ワークショップが開催されるのでそれにあわせて活動写真も追加してきました。
Untitled
今後も宮城の写真なども追加させていく予定でいます。
お時間のある方はみてください
(よ)
宮城県へ [2020年01月05日(Sun)]
宮城県丸森の様子もきになっていたので雪のない今ならいけると、普門寺の仲間への届け物をもって行ってきました。

Untitled

Untitled

山元から丸森を通り国見から高速にのるルートです。

Untitled

Untitled

途中がけ崩れで片側通行でしたが道路をここまでなおすのも大変だったと思うような被害でした、これから何ができるか考えさせられました。
少しでも力になれたら。。皆様今年もよろしくお願いします。今年1年もご安全に!

(よ)
Facebookの風組 [2019年12月31日(Tue)]
Facebookで風組のところに一緒に活動している、活動したことのある方たちの記事をシェアしています。
ボランティア活動を全国各地でたくさんの方がしているんだよってことを伝えたいからです。
中越地震がきっかけで出会いいくつもの現場で汗を流し時には涙も?
そんな仲間たちの活動ですよかったら見てください

Facebook SVTS「風組」
今年も残念ながら・・・災害が多発した年でした [2019年12月31日(Tue)]
毎年毎年災害のない年になるといいなと願うのに今年も大きな災害が広範囲で多発してしまいした。年度前半は諸事情で後方支援などできることは限られてしまっていました。
その中でも3.11には再開されたJビレッジに行くことができました。帰宅困難区域のすぐそばは当時のままの姿がありました。
IMG_3477

山形沖地震で震度6強の被害もありました 村上市の調整会議に出席してきました

今年各地を襲った台風では市内も被害にあい、信濃川の上流千曲川で甚大な被害がおきてしまいました。
小千谷市の様子
Untitled

長野の様子はこちらからどぞ 
click1 click2 click3
DSC_1390

DSC_1392

市内では15年目の中越大震災の日検討実行委員になったので10.23当日を無事に迎えることができました。
Untitled
希望の灯りがある楽集館にドッグランもできました!

後半は割と自由に動くことができ、出会えた皆さんに感謝いたします。

被災された方が1日も早い復旧復興(できるなら住民の意にそった形で)を願います。亡くなられた方のご冥福を祈ります。そして行方不明の方がご家族のもとへ戻れることを祈ります。

来年こそ災害のない年になるといいですね。めずらしく雪のない小千谷でした。
長野の活動 [2019年12月09日(Mon)]
8日早朝に長野にむかいました。
Untitled
農ボラさんもたくさんいましたが、せっかくでききたりんごを土にうめる作業は切ないことですね
Untitled
DRT狛江以来久しぶりにおあいしたMさんと小千谷闘牛の話で盛り上がりました。

Untitled
少しずつですがきれいになっています。雪はあまりふらないようですがこれから寒くなります、年内は20日前後がボランティアの最終日になりそうですね。
まだまだボランティアを必要としています。(よ)