CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年08月07日

【神社検定】まつりについて【まめ知識】


山口県山口市では、日本三大火祭りといわれている「山口七夕ちょうちんまつり」が2015年8月6日(木)・7日(金)に開催されました。
ちょうちんまつり.jpg
ちょうちんまつりの様子

今回の神社検定まめ知識は、「まつり」についてです。

まつり」の語源は、神様の力に従い奉仕する「まつらう」という言葉に由来するといわれています。
「まつり」という言葉には、「待つ」という言葉を含んでいて、大昔は、神様は遠いところから来られて、山や岩、木などに宿ると考えられていました。
つまり、神様を「待ち」、神威に服することが「まつり」であると言われています。

地元に根付いた「まつり」には神様が関わっておられます。
楽しい雰囲気を楽しみながら、あらためて地元の神様について知る機会にするのもいいかもしれません。

担当:オカムラ


この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック