CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年06月18日

【レポート】明治神宮 参拝【研修】


2015年6月10日(水)より6月12日(金)の3日間、文化財の虫菌害保存対策研修会へ参加するため東京へ行ってきました。
研修会と併せて、大規模神社社寺視察と社寺清掃視察の為、明治神宮を参拝してきました。

明治神宮 2015.6.10-1.JPG
本殿への西入り口

本殿をはじめすべての社殿が銅板で葺かれており、訪れた当日には、絵馬の奉納する絵馬掛けの屋根の銅板の葺き替えや、西門近くの屋根を点検している様子を見ることができました。

明治神宮 2013.6.10-3.JPG
絵馬かけ屋根の葺き替え

社殿へ向かう参道で清掃されている方がおられ、どのように清掃をしているのかお話を伺いました。
参道は細かい砂利が敷き詰められており、参道脇の木々からの落ち葉を集めるのが主な作業のようでした。

道端から、自作の竹ぼうきを使って円弧を描くように中心へ向かって落ち葉を集め(竹ぼうきにより参道へ模様が出来ていた)、塵取りで回収したのち参道脇の林の中へ……という手順で作業をされていました。

IMG_1532.jpg
自作の竹ぼうき
明治神宮 2015.6.10-2.JPG

この手製の竹ぼうきは、前に作業をされていた方も自作されていたらしく、明治神宮での参道清掃は長い間行われていくうちに工夫として、自作の竹ぼうきが使われるようになったようです。

きよらでの清掃作業にも、自作も含め適材適所の清掃道具で工夫して作業にのぞみたいとおもいました。


担当:オカムラ

この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
トラックバックの受付は終了しました
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック