CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

北上市市民活動情報センター

まちづくりの情報スペース、市民活動情報センターへようこそ!
困ったことや欲しい情報がありましたらお気軽にご相談ください。
スタッフ一同、みなさまのアクセスを心よりお待ちしています!


夏油高原スノーシューハイキングに参加してきました [2022年03月01日(Tue)]
2月27日日曜日 夏油高原スキー場から横岳経由兎森山への夏油高原インタープリンターの会主催「夏油高原スノーシューハイキング」に参加してきました。

スノーシューハイキング.JPG



 毎年3回開催されていましたが、今年、第1回目の2月13日(日)はコロナウィルス感染拡大の為、残念ながら中止になりました。
 今回は、手指消毒や健康チェック等、感染拡大予防策を用いての開催。

 募集定員20名に対して参加者20名と人気の高さが伺えます。インタープリンターの会、会員10名が同行してトレッキングの安全をサポートしてくれますので、初心者でも安心して参加できると説明があり、雪山ハイキングツアーに挑戦してきました。


setumei-G.jpg


 受付は、夏油高原スキー場内の食堂スペース奥でおこなわれました。
 参加料金はゴンドラ代、保険料、ガイド代を含め1人3,000円 別途スノーシューのレンタル代金500円を支払いました。


 雪山に上る前にガイドの方々を紹介され、ハイキングの注意点やスノーシューの取り扱い、ハイキングコースの説明を受けます。初心者の方でも分かりやすい様にやさしく教えてくれるので大変たすかりました。


 いよいよ出発!最初は夏油高原スキー場の第一ゴンドラに乗ってスキー場展望台付近まで登ります。スキーやスノボードの利用者に交じってゴンドラに乗り込みました。ゴンドラ内ではマスク着用やゴンドラ内の換気がおこなわれるなど感染予防策がされていました。

 ゴンドラから降りるとこの日はあいにくのコンディション。時折吹雪く天候でしたが、ガイドのインタープリンターの会のみなさんが安全をサポートしてくださっていたので心強く進むことができました。

 
 先ずは、横岳を目指して進みます。初心者の方でも安心な割と平坦な雪原を歩きます。

yokodake-2.jpg


 慣れないうちは、前の人が歩いた後に歩を合わせて進みましたが、数分も歩くとだんだん慣れてきて誰も歩いていない深雪を歩きだしていました。踏み固まっていない雪の上に歩を進めるとゆっくりゆっくりと重力に足が沈み、なかなか体験したことのない低重力感覚に楽しさがあふれてきます。

 ガイドを務めてくださった方々の軽快でユーモアたっぷりのお話も寒さを忘れさせてくれました。夏山シーズンの時(地表)よりも約5mちかく高い雪上を歩いているんですよ!という説明に冬期ハイキングの特権を感じ取りました。
 晴れた日であれば、遠くの山々がたくさん見えたのですが、この日は残念ながら…


 天候がだんだん荒れてきましたが、ツアー一行は、兎森山を目指します。途中吹雪きになりますが、参加者の方々同志で励まし合いながら雪原を前進していきます。

yokodake-1.jpg  スノーシューハイキング-2.jpg


 片道約4kmスノーシューハイキングの目的地「兎森山」に無事到着!眼下に夏油高原スキー場は勿論、下畑ダムや和賀、岩崎地区の雪原風景が眺望できました。

usagimori-1.JPG


 一人ではなかなか経験できないスノーシューハイキングを体験し、その楽しさを満喫できました。参加者には「前にも参加してとても楽しかったので」「前回は天気が良く絶景でした」とリピータの方も多く、この企画の醍醐味が感じられました。

 新雪を踏み出す感覚は、普段では味わえない楽しみがあり、是非また参加してみたいと思いました。草木が邪魔をしない白い絶景!次回は晴天のもとで楽しみたいと期待が高ぶります。
 「雪山」という少しの不安はありましたが、ガイドの方々がとてもやさしく丁寧にサポートしてくださいますので、3時間のハイキングはあっという間に過ぎ去りました。

 最後にアンケートを提出するとスキー場内の温泉入浴券をいただけました。疲れた身体をお湯で温め帰路につきました。


 令和4年3月21日(月・祝)までの期間中、北上観光コンベンション協会では、スノーシューセット(スノーシュー、トレッキングポール、キャリーバッグ)のレンタルを行っています。詳しくは☞レンタルスノーシュー(LINK)


 次回「夏油高原スノーシューハイキング」は、3月6日(日)を予定しています。
 詳細は☞夏油高原スノーシューハイキング2022(LINK)

 お問い合わせは北上市商業観光課までお願いします。


Snow shoes hiking-1.JPG







ポリテクセンター岩手 生産性向上支援訓練 受講者募集 [2022年01月12日(Wed)]
企業・事業主団体の労働生産性を向上させるための講義・演習を取り入れて実施する職業訓練です。

対象は雇用されている事業主からの指示を受けた在職者(国家公務員及び地方公務員を除く)です。


seisanseikoujousienkunrenngoannai202202-03-01.jpg

seisanseikoujousienkunrenngoannai202202-03-02.jpg
選手強化事業「スポーツ講演会」 [2021年12月21日(Tue)]
 北上市体育協会の選手強化事業「スポーツ講演会」は12月17日(金)北上市相去町北上総合体育館で、講師にJ3いわてグルージャ盛岡監督秋田豊監督とJ3ガイナーレ鳥取岡野雅行代表取締役GMを招いて開かれました。

 両氏は、共にサッカー日本代表に選ばれた輝かしい経歴を持っています。W杯出場に向けて切磋琢磨した当時の様子をユニークなトークで語り合いました。また、秋田監督には、現在の日本代表についての希望や勝利・昇格についての要因を分かりやすくお話していただきました。

DSC_5369_R.JPG  DSC_5487_R.JPG

 講演会には市内でスポーツに取り組んでいる中高生や一般市民の方々約200名が来場し、技術面のアドバイスや体育精神論に耳を傾けていました。
炭づくり講習会 [2021年12月10日(Fri)]



和賀ウェブTV#10では、北上市和賀町岩崎の炭窯元『楽炭』千田淳さんの活動をレポートしています。

令和3年11月13日(土)におこなわれた「炭づくり講習会の様子」では、窯の中で赤々と燃える映像や炭が鳴り響く音などが綺麗に記録されています。
炭づくりを通して北上周辺の里山環境の保全を訴える千田さんのコメントは特に関心を引き付けられました。

#和賀ウェブTVで検索お願いします。


二子鬼剣舞少年団公演の様子をお知らせします [2021年12月01日(Wed)]
FB8UzlqWUAErF74.jpg


二子鬼剣舞少年団は、二子町に伝わる伝統芸能 二子鬼剣舞 の心技体の鬼剣舞道を受け継ぎ、地域の伝統を重んじ伝える「鬼っこ」の集まりです。平成14年創立




YouTube北上会鬼祭公式チャンネルより
おうちの中で、手軽にできる!ながらでできる!?スポーツメニュー [2021年08月26日(Thu)]
スポーツ庁ホームページ
新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について

88943af0dc7c9d21935383cc6837316c.jpg


MYスポーツメニュー 〜みんなもいっしょに動こうよ〜 をご紹介します。
※PDF:1MBが別ウィンドウで開きます
20201210-spt_sseisaku01-000006777_1.pdf

qrcode_www.mext.go.jp.png
立花地区交流センター「陶芸教室」 [2021年06月25日(Fri)]
IMG_2875.jpg

 立花地区交流センター主催、三上勝道さん講師「陶芸教室」は、立花地区ににある『香花窯』を会場に受講生12名でおこなわれました。

 香花窯には、薪で焼き上げる”穴窯”が有り、釉薬をかけなくても熱と灰で土の表面をとかすことでとても捨てがだい自然な良さの陶器が出来上がるそうです。

 受講者さんは、自分のスキルに応じて各々が粘土を捏ね作品を形成します。悩みや疑問が出た時は、受講者のみなさんで意見を出し合い協力して作業を進めていました。


IMG_2855.jpg  IMG_2865.jpg  IMG_2867.jpg  IMG_2832.jpg  

 形成してから1週間以上作品を自然乾燥させ、いよいよ「焼き」が始まります。最高温度1200℃を目安に薪を焚いていきます。当番制で窯の火を調整しました。

IMG_3011.JPG  IMG_3043.JPG  IMG_3025.JPG  IMG_3044.JPG

 窯出しの作業は、ドキドキとワクワクが湧き上がる時です。みなさんの作品が順番に窯から出てきました。作品に被った灰を丁寧に払い机の上に並べられます。

IMG_3226.jpg  IMG_3222.jpg  IMG_3220.jpg  IMG_3189.jpg
 
 窯から出された作品を前にみなさんで、陶器教室を振り返り「陶器談義」が盛り上がりました。協力して出来た作品は、薪の天然灰をかぶり、人手で操った本物の炎で長時間しっかりと焼かれ、自然だけがもつゆらぎの味わいを感じました。

IMG_3239.jpg  IMG_3260.jpg

 IMG_3256.jpg

展勝地景観フォーラム2021 [2021年03月15日(Mon)]
展勝地景観フォーラムは、3月13日 日本現代詩歌文学館で行われました。

最初に「北上景観資産」認定式が行われ、
北上市二子町の夕刻に響き渡る『心を癒す永明寺の晩鐘』が認定番号116番となり、認定証が、二子町振興協議会に授与されました。
景観フォーラム-01.jpg


続いて「展勝地100周年実行委員会」と「北上コンピューターアカデミー」高橋幸貴さんから展勝地100周年に向けた活動報告がありました。
景観フォーラム-02.jpg

来場者とオンラインで約80名の広聴する中、高橋北上市長は、「展勝地は開園から100年で、桜の名所となりました。国見山廃寺のから約1000年の歳月が北上の品格を育てた」その歴史を紐解きながら北上市の景観づくりを紹介し「まちは子や孫からの預かりもの それぞれの立場で北上スタイルの景観まちづくりをして、今より良くして子孫に返したい」と呼びかけました。
景観フォーラム-03.jpg

早稲田大学理工学術院の後藤晴彦教授は、「風景のみならずそこの暮らす人々の生活やを含めて密接に関わる姿を景観と表し、その魅力を貴重な資産として活動する景観まちづくり」を説き「景観自治の表現」等のオンライン講義をしていただきました。
弘前大大学院地域社会研究科長で北上景観審議会の北原啓司会長は、「北上スタイルのまち育てについて10年先の景観を思う景観人こそが、100年先の風景をつくる『関係人口』になる。みなさんで100年後の風景の関係人口になっていきませんか」と思いを伝えていただきました。

ケガを予防するためのトレーニング [2021年02月01日(Mon)]
IMG_0312.JPG

北上体育協会主催の令和2年度 選手強化事業

第2回スポーツ指導者講習会を体験してきました。

IMG_0314.JPG

1月30日土曜日 北上総合体育館を会場に
ケガ防止のためのトレーニングを学んで
パフォーマンス向上に繋げる目的で講習が行われました。

講師に 三田 副起子さんを向かえて20名の受講者と
体の基本的動作を正しく行われているのか?について
学び、機能的なトレーニングを実践を交え行いました。

講師の「三田 副起子」さんは、
柔道整復師 
JATI-PES(日本トレーニング指導者協会) 
NASM-PES(全米スポーツ医学協会トレーナーカリキュラム)
多くの資格を持つ北上在住の指導者です。

IMG_0318.JPG

安定性を求める「スタビリティー」と
可動性を求められる「モビリティー」を
身体の機能に基づきファンクションに
段階的にキネティックチェーン(運動連鎖)させ
ケガから身を守りながらパフォーマンスアップを目指す
指導方法を紹介していただきました。

IMG_0321.JPG

北上市体育協会の冬期スポーツ教室をご紹介します
20210201113031.jpg

その他のイベント情報はこちら

東北4県 東日本大震災復興フォーラム in東京 [2016年01月27日(Wed)]
被災地の「現場の声」を伝え、明日を皆さんで考えませんか?

日時 平成28年2月10日(水)
時間 14:00〜16:30(開場13:00)
会場 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11・12階)
入場無料
講演 フリーアナウンサー 生島ヒロシ氏
他 事例発表、復興ライブ、写真・パネル展
主催 東北4県・東日本大震災復興フォーラム実行委員会

詳しくはこちら
| 次へ