CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

北上市市民活動情報センター

まちづくりの情報スペース、市民活動情報センターへようこそ!
困ったことや欲しい情報がありましたらお気軽にご相談ください。
スタッフ一同、みなさまのアクセスを心よりお待ちしています!


公益財団法人 ニッポンハム食の未来財団 2021年度 団体活動支援助成 [2021年04月05日(Mon)]
食物アレルギーに関わる社会環境の改善に寄与することを目的に、団体(民間企業を含む)及びグループによって行われる食物アレルギーに関する問題解決を目指した活動や啓発活動に対して活動支援助成を実施いたします。

国内の法人及び団体を対象とします。法人格や公的機関か民間かは問いませんが、科学に基づいた正確な知識を元にした応募を促すため、推薦人(医師、管理栄養士、小児アレルギーエデュケーター、食物アレルギー管理栄養士等)を必須とします。

ULR https://www.miraizaidan.or.jp/general_public/grants/2021/01.html

締切:4月22日
2021年 そらべあスマイルプロジェクト公募 [2021年04月05日(Mon)]
 この活動は、再生可能エネルギーの普及・啓発を通じた地球温暖化防止を目的とし、全国の幼稚園・保育園・こども園等を対象に、太陽光発電設備「そらべあ発電所」の寄贈、及び、園の環境教育活動を促進するものです。

ULR https://www.solarbear.jp/applications/2009/

締切:5月7日
 高木仁三郎市民科学基金 第20期(2021年)国内枠助成 [2021年04月05日(Mon)]
市民科学の視点に立った調査研究活動を助成します。調査研究の分野は特に限定しません。

調査研究のテーマは、どのような問題について、どのような手法で、何を明らかにしようとするのかがはっきりわかるように設定してください。

正式の応募前に、希望に応じて事務局が「事前相談」を受け付けます。高木基金に初めて応募をする方は、事前相談を利用することを強くお勧めします

ULR http://www.takagifund.org/apply/

締切:5月7日
野村財団 2021年度下期 芸術文化助成 [2021年04月05日(Mon)]
若手芸術家の育成活動および公演会、展覧会、シンポジウムの開催など芸術文化の国際交流活動に対する助成を行っています。

2021年度下期芸術文化助成の募集受付を開始しました。締切は4月30日(金)17時(日本時間)です。
「募集要項」「よくあるご質問」をご確認の上、申請手続きを行ってください。

ULR https://www.nomurafoundation.or.jp/category/culture#bosyu

締切:4月30日
 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 6次 [2021年04月05日(Mon)]
 中小企業・小規模事業者等が今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)等に対応するため、中小企業・小規模事業者等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行い生産性を向上させるための設備投資等を支援するものです。

ULR https://portal.monodukuri-hojo.jp/about.html

締切:5月13日
ヨネックススポーツ振興財団 [2021年03月03日(Wed)]
青少年スポーツの振興に関する事業を積極的に行い、奨励し、または自ら行い、かつ3年以上継続して活動している、次の要件を満たした団体とします。

【団体の要件】

(1)スポーツ振興を主たる目的とする公益社団法人、公益財団法人、一般社団法人又は一般財団法人
(2)上記以外の団体で、次の要件を備える団体(特定非営利活動法人等)
1.定款、寄附行為またはそれらと同等の規約があること。
2.団体の意志を決定し、執行する組織が確立していること。
3.経理処理能力があり、監査する等の会計組織をもっていること。
4.団体活動の本拠としての事務所をもっていること。

申請期限と交付決定
後期対象期間:2021年10月〜2022年3月の事業
申請期限:2021年6月21日(当日消印有効)
交付決定:2021年8月31日(予定)

詳しくは☞《こちら
令和3年度子どもゆめ基金助成金募集 二次募集 [2021年03月03日(Wed)]
子どものゆめ基金は、子どもの健やかな育成を願って活動されている皆様をバックアップします。

jyosei_pict04.jpg
活動例
・ キャンプや自然観察などの自然体験活動
・ 科学実験教室などの科学体験活動
・ 高齢者介護体験などの社会奉仕体験活動
・ 農業・漁業などの地場産業の体験や商業体験
・ 異世代・異文化・地域間等の交流を目的とした、スポーツ・文化・芸術活動 など

jyosei_pict05.jpg
活動例
・ 読み聞かせ会、読書会活動 など

jyosei_pict06.jpg
活動例
・ インターネット等で使用可能なデジタル教材を開発し普及する活動

【申請期間】
5月1日〜
      郵送申請:6月15日迄
      電子申請:6月29日迄

詳しくは☞《こちら
海外派遣助成(文化事業部 舞台芸術チーム) [2021年03月03日(Wed)]
日本の芸術や文化の海外への紹介や文化芸術分野における国際的な貢献を目的として、海外において公演、講演、デモンストレーション、ワークショップ等の文化芸術事業を実施するため、海外に渡航する芸術家や日本文化諸分野の専門家等に対し、経費の一部を助成します。

※本助成は令和3年度募集より、オンラインのみにて応募を受け付けます。

詳しくは☞《こちら
自然体験活動支援事業 「第20回 トム・ソーヤースクール企画コンテスト」 [2021年03月03日(Wed)]
toplogo.jpg


 当財団では、「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」を主催し、自然体験活動にとって大切な「企画力」の向上を図るために、全国からユニークで創造性に富んだ自然体験活動の企画案を公募しています。選考の上、50団体に例年実施支援金10万円を贈呈していましたが、今年は第20回記念として、実施支援金を20万円に増額し贈呈します。さらに、支援50団体から提出された実施報告書を審査し、学校部門には文部科学大臣賞と優秀賞を、一般部門には安藤百福賞と優秀賞を授与し表彰しています。
tom_becky.gif

詳しくは☞《こちら》
公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団 [2021年03月03日(Wed)]
日本には先人が残したすばらしい文化遺産が数多くあります。日本人の英知と感性から生れた世界に誇る伝統文化は、一度失ったら再び取り戻すことが困難なもので、 大切に受け継がれていかなければなりません。
本事業は、助成を通じて、日本の伝統文化の維持・向上にささやかながら貢献しようとするものです。


募集する事業
@無形の伝統文化に関する保存・記録作成事業
A無形の伝統文化の後継者育成・普及事業
B無形の伝統文化に関する調査・研究
C無形の伝統文化の復元・伝承事業
D無形の伝統文化の保存のために欠くことのできない技術や原材料・道具等に関する伝承事業

応募期間
申請書受付期間 2021年2月1日から2021年3月31日まで。

お問合せは 電話(03-3494-7653) ポーラ伝統文化振興財団 事務局まで
またはメール(info@polaculture.or.jp)まで
お問合せ対応時間(10:00〜17:00 ※土・日・祝祭日除く)

詳しくは☞《こちら
| 次へ