CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«技を知る〜ワンポイントレッスン 10 | Main | ワンポイントレッスン 11»
プロフィール

きたかみ観光推進室さんの画像
きたかみ観光推進室
プロフィール
ブログ
Google

www を検索 サイト内
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
最新コメント
戸田久一
(有)黄金製麺所 (05/10) okuderazeki
6.村崎野大乗神楽保存会 (07/28) okuderazeki
6.村崎野大乗神楽保存会 (07/28) 相互リンクサイト「スタンダードリンク」
技を知る〜ワンポイントレッスンC (05/28) かな
みちのくの民謡 (05/13) noname
今日の桜です(4月21日) (05/13)

https://blog.canpan.info/kitakami-style/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/kitakami-style/index2_0.xml

北上観光協会 きたかみ観光推進室 プロジェクトリーダー 菊池広人 都道府県 岩手県 詳細住所 〒024-0092 岩手県北上市新穀町一丁目3番地31号 E-mail info@kitakami-style.com
会社紹介 ≪コボラリンチェ≫ [2010年11月24日(Wed)]
来る 2010年12月8日(水)、工場萌えツアー 第3弾 で工場見学を致します、株式会社 コボラリンチェ 様について紹介致します。

コボラリンチェ全景

【会社紹介】

先ずは皆さん、社名が面白いと思いませんか?
印象的な社名なので、どんな会社なのか興味を持ってしまいました。

この社名の由来は岩手県で唯一のニットメーカーであることから、岩手県出身の童話作家である宮澤賢治の『注文の多い料理店』という物語に登場する料理店の名前『山猫軒』からインスピレーションを得てイタリア語で“山猫の棲家”という意味の『Covo la Lince/コボラリンチェ』と命名したそうです。

あえてイタリア語で命名したのは「世界に通用する技術で作り上げる岩手発のニットを」という夢を託しニット技術の最高峰のイタリアに敬意を表しているからです。

前身は丸三ニット。こちらの社名がお馴染みの方もいらっしゃるかと思います。経営が愛知県の近藤株式会社に変わり、平成14年4月設立。平成17年3月に株式会社コボラリンチェに改称しました。


【発見ポイント】

●猫好きは思わず微笑んでしまうパンフレットを頂きました。

トレードマークのキャラクターはセーターとマフラーを身に付け、手に編み棒を持った山猫です。
この山猫は社名のコボラリンチェが“山猫の棲家”なので、そこに棲んでいるお洒落な山猫をイメージしてデザインされたそうです。

そして宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』から『山猫軒』の文字と、ニットなどのメリヤスを意味する当て字の“莫大小”という文字を入れられています。"

●山猫の称される従業員は35名余。
ほとんどが女性で、パターン作成や編み機で編む作業、パーツを縫い合わて仕上げる作業をしておりました。男性は7名で、染め加工などをしておりました。ここ2〜3年の新卒者採用は2〜4人で、一人前(仕上げ加工ができるまで)に育てるのに、3年はかかるそうです。勤続年数は、長い方で30年勤めているそうです。

グランデーションの間隔を決める作業をしています。
 
●デザインは専属の有名デザイナーがおり、ちょうど訪問した際は、横でサンプル品の打合せをしておりました。世界に向けて発信している現場と同じ空間にいることができ、こちらも少しだけキャリアウーマンになったような気分が味わえました。

●熟練の職人が行う後加工染色やカシミアなどの高級素材の加工技術を得意としております。手触りが≪ふんわり、やわらか≫の白いカシミヤをグランデーションに染め加工した品を見せて頂く事ができました。

染色機

キレイなグランデーションですね!

●随時、即売会も行っております。高級品のカシミヤのストールなども、定価の半額以下で購入することもできます。是非、ご覧になって下さい。


≪コボラリンチェのここがすごい!≫

毛皮のように長い毛足を持たせる特殊なカシミアのファー加工などは、以前は特殊な編機でしか作ることが出来ませんでしたが、それを職人の熟練技術によって従来の編機で製品化することを実現しました。

毛足の長短はもちろん、染色する過程においても技術職人の経験と勘によって、微妙な風合いや色具合などについての細かな要求に応えることも可能です。

≪ニットができるまで≫

1.設計、型紙作成 → 2.編立 → 3. 縮絨(しゅくじゅう)、染色 → 4. 縫製、リンキング → 5. 仕上げ、検品  の5段階を経て、ニットが出来上がります。

また、ニットの製法には、「成型」と「カット」があります。

「成型」は身ごろや袖を寸法どおりに編み立てし、リンキング縫製によって縫い合わせる方法です。

「カット」は、編地を四角い布状に編み立てし、型紙をあててカットし、ミシンで縫製していく方法です。

初めて見ました!丸いミシン機!

●カシミヤの「ファー加工」 の製品は、イタリアにある最高級ニットブランドの老舗 「トレンド・レ・コパン」 の2005年秋冬ミラノコレクションにも採用され、世界的にも高い評価を受けています。「鳥居ユキ」(ユキトリヰ)ブランドにも採用されています。

興味がある方は、工場萌えツアー 第3弾に参加してみてはいかがですか? お待ちしております!

文中の専門用語については、ワンポイントレッスンを見て下さいね。


●お問い合わせはこちらまで

株式会社 コボラリンチェ

(024-0332) 岩手県北上市和賀町竪川目1-200
TEL:0197-72-3111
FAX:0197-72-3939
http://www.covo-la-lince.co.jp/


技を知るマップはこちら!
コメントする
コメント