CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

平成森鮮組 大見じねんファーム 大ボラ会

 「貴僧坊」・・・「きそうぼう」と読みます。伊豆のど真ん中、100人に満たない小さな寒村です。 40数年ぶりに帰村した貴僧坊は多くの社会的困難な課題を抱えています。
 NPO伊東里山クラブに入会、さらに平成森鮮組を結成して里山・里地の整備を進めています。「貴僧坊ECOファーム」「大見じねんファーム」を立ち上げ自然農法に挑戦していきます。里山・里地の整備で派生する資材を農業に利用し、竹尽くし農法(竹取物語)や炭素循環農法を実践しています。
         
           NPO伊東里山クラブ 貴僧坊ECOファーム長 
             一般社団法人平成森鮮組平成森鮮組 代表理事 
               大ボラ会事務局長         山下 隆(洋平太)

         連絡先 伊豆市貴僧坊67   メールアドレス yoheita0609@yahoo.co.jp


森鮮組出撃録5;丸山竹林除伐 [2021年07月21日(Wed)]
丸山竹林の二回目です。スマイルポートの散水と並行して作業します。
DSC00912+1.jpg
急斜面で刈り払い機が使えるのはごくわずか、手作業でやらざるを得ません。

DSC00914+1.jpg
before

DSC00921+1.jpg
after 淡竹の若竹でしょうか? まだ柔らかいので鋸や鉈で簡単に切れますが少し遅すぎたようです。もう少し早ければ楽だったでしょう。

DSC00917+1.jpg
before

DSC00919+1.jpg
after 切った若竹は可能な限り横摘みで納めますが、ドモならない勾配のところは片付けができませんでした。少し残っていますが、ハチの巣があって近づけないので断念しました。これで終わりにしたいと思います。来期からは地区の方に任せましょう。

DSC00927+1.jpg
ヤギさんたちは暑さが苦手、長屋のサクラハウスの方が涼しいのでしょう。全員集合してました。毎日小屋の掃除をしてはいますが、この時期は臭いが強烈で弱りました。なにか上手く消臭する策はないでしょうか?
森鮮組出撃録6;六仙の里整備事業 [2021年07月26日(Mon)]
昨年に続き中大見地域づくり協議会から六仙の里整備事業を受注しました。
DSC00931+1.jpg
朝方少し雨が降り、少しは涼しいですが暑くなりそう、一日は無理か?

DSC00944+1.jpg
まずは刈り払い、刈った雑草は軽トラに積んでヤギさんに届けます。

DSC00932+1.jpg
東端、before

DSC00946+1.jpg
after 沢近くですがここから上に散策路を開設するそうです。

DSC00939+1.jpg
西端、before

DSC00949+1.jpg
after
やはり暑くなってきました。無理せず午前中で引き揚げです。本番は杉檜や雑木の除伐、枝葉を片づける粉砕機の搬入路がありません。どうしたものか? 8月一杯の工期をもらっていますが8月中旬までには仕上げたい。
森鮮組出撃録7〜9;蔓に悩まされる粉砕と伐採 [2021年07月30日(Fri)]
スマイルポートの芝生散水の当番を掛け持ちで六仙の整備を進めています。芝生を気遣いながらの作業で集中できません。
7/28・・・
DSC00951+1.jpg

DSC00952+1.jpg

DSC00955+1.jpg
粉砕機を持ってきました。刈り払いした雑草や姫竹を粉砕して散布します。湿っているのと葛などの蔓が邪魔して詰まってしまいます。雑木を伐採しても蔓が絡んで落ちてきません。時間ばかり取られます。

7/29・・・
DSC00957+1.jpg

DSC00959+1.jpg

DSC00962+1.jpg
東端堰堤付近を集中的に処理していきました。倒木やらを片づけながら、堰堤下の平坦地をきれいにしていきます。

7/30・・・
DSC00969+1.jpg

DSC00970+1.jpg

DSC00972+1.jpg
沢の左岸も2m幅で通路を確保します。とげのあるカラスザンショウが厄介です。

DSC00973+1.jpg
堰堤下が両岸とも何とかきれいになりました。整備はこれからが本番、伐採・刈り払い・丸太の片付け等々。酷暑と闘いながら中旬までできるかな?